'75モデルのシボレーC-20はクラシカルなスタイルと現代でも通用する性能を備える。

ピックアップトラック

ビンテージ

シボレー

スカイオート

C-20

埼玉県

1970-1980

アメリカンビンテージvol.04

インジェクション仕様も用意し現代的な構造に進化


AMERICAN DAILY VINTAGE CAR

気軽に、楽しく、毎日乗れるアメリカンビンテージカー

クラシカルでオシャレなルックスと往年のアメリカ車ならではの深い味わいを求めて、ビンテージカーに注目する人が増えてきている。憧れだったあのクルマも、現代の技術を駆使すれば、気軽に、毎日乗れるクルマとしての信頼性を持っている。世代によって異なる個性を解説しながら、カジュアルに乗れるビンテージカーを紹介していこう。

1970-1980年代

オイルショックやマスキー法の成立など、時代の流れに翻弄されたのが、この時代。クルマ作りにおいても大きな変革期を迎えることになる。

1975y シボレー・C-20

75モデルは古くて、しかし新しい!?

ここで紹介するのは、40年以上の前のシボレーのフルサイズ・ピックアップトラック。クラシカルなスタイルと現代でも通用する性能を備え、クルマ趣味としてだけではなく、普段使いにおける実用性も両立できるのが魅力だ。

デイリーユースにも対応する 取り回しのよさが魅力

1975y CHEVROLET C-20、1975y シボレー・C-20

シボレーのピックアップトラックとしては3代目となるこのモデル。'73~'87年まで続いたロングセラーであり、途中、'81年に丸目2灯のマスクから、馴染み深い角目4灯に変更されている。 また3代目モデルではホイールベースは2985㎜から4178mmまで3タイプを用意。

4178mmはオプションのクルーキャブ(4ドア・C-30)を実現したものだ。もちろん、積載能力も十分で、トルクフルな454ビッグブロックエンジンも設定された。この車両は350エンジン+3速AT、全長は約4.9mで、パワーステアリングなども標準装備。普段乗りの取り回しもラクで、快適に乗りこなすことができる。

1975y CHEVROLET C-20、1975y シボレー・C-20

スカイオートに下取りで入庫したという'75シェビートラック。サイドストライプやリヤゲートのデカールなどがオシャレ。リヤバンパーは後付け。

ホ イールはアルコア製を装着。

この車両はスカイオートが、下取りで入庫したそう。外装には前オーナーによるカスタムが。ホイールもアルコア製を装着。

 リヤベッドのフロアはスチールのほか、ウッド仕様も選択できる設定だった。

リヤベッドのフロアはスチールのほか、ウッド仕様も選択できる設定だった。  

インテリアはウッドを各所に配して、トラック然とした雰囲気がなくなった。  

標準的な排気量となる350エンジンを搭載。

取材車は、標準的な排気量となる350エンジンを搭載。エンジンバリエーションの多さもこの年代の特徴である。

インジェクション仕様も用意し 現代的な構造に進化

1960年にデビューしたGMシボレー&GMCのフルサイズ・ピックアップトラック。1960年代のコーナーで、デビューモデルを紹介しているが(スカイオートの在庫車両)、それから10年以上を経て登場したのが、この'75年式シボレー・C-20。

Cモデルは'67年に初めての、そして'73年に2度目のフルモデルチェンジを行っているが、つまりこのモデルは3代目、ということになる。 エクステリアを見て印象的なのは、スタイルがグッと現代的になっているということ。乗用性能を重視したクルーキャブをオプション設定、パワーユニットも7.4?の大排気量エンジンも用意するなど、パワフルさは現役で、今でも十分に通用する基本性能を備えている。

■取材協力:スカイオート

スカイオート、埼玉県越谷市
所在地:埼玉県越谷市南荻島708-1
TEL:0489-76-1235
http://www.skyauto.co.jp


■Text & Photos|アメリカンビンテージカーマガジン
アメリカンビンテージカーマガジン VOL.4


最新記事


2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2024/04/20

細さを追求したスポークが軽快さや躍動感を予感させる【WORK GNOSIS CVF】

ホイール

WORK GNOSIS CVF

2024/04/20

エントリー条件はただ1つ、WORKを装着していること【WORK WHEELS JACK 3rd】

ホイール

イベントレポート

WORK WHEELS User Event
WORK WHEELS JACK 3rd

2024/04/19

老若男女、誰からも愛される、お店のマスコットとして活躍【アーラキッチン】

バン

198号線(河内長野美原線)から一本離れたローカルロードに店舗を構えるアーラキッチン。田園風景に馴染む様に佇む黄色いスクールバス、そして大きなどんぐりの木は、メインストリートからでも一際目を引く!

ランキング


2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。

2016/11/04

超レアなマスタング、1969年モデルのBOSS429!

クーペ

ビンテージ

フォード

1969y FORD MUSTANG BOSS 429