「Fury」ブランドの日本正規総代理店であるGARAGE 1ST

ジープ

ボディワーク

ホイール

アメマガ2023年10月号

ガレージ 1ST

FURY

ジープとなら人生はもっと愉しい

メカニカルデザインが男心をくすぐる

ジープとなら人生はもっと愉しい


見た目だけでなく実用性も兼ね備えた専用アイテム

GARAGE 1ST
https://garage1st.com/

FURY ENGRAVER for Jeep Wrangler / Jeep Gladiator

本国アメリカのみならず、日本、そして全世界で絶対的な存在であるジープ。世界ナンバー1オフローダーであるジープは世界的に流行しているSUVとは一線を画し、4WDの原点としての存在感は計り知れない。

 

そんなジープのラインナップの中でもとりわけてラングラーは本格派オフローダーとしての資質を備え、どんな悪路をも走破してしまうポテンシャルの高さが魅力。よって、そのためのアフターパーツの豊富さはアメ車の中でもズバ抜けていると言っていい。

 

だが、4ドアのアンリミテッドがラインナップされてからというもの、テイストを高めつつも街中で映えるストリートスタイルが人気を集めているとあって、スタイルアップさせるパーツが矢継ぎ早に打ち出されているのだが、今回注目したいブランドがFuryである。

 

Furyは2018年に誕生したばかりで歴史的には日が浅いものの、ラングラーとグラディエーター専用パーツのみを生み出すブランドであり、完全オリジナル設計でカッコいいジープをよりカッコよくするパーツを取り揃えているのが特徴。

 

その通りに、ラインナップするパーツはメカニカルデザインが取り入れられ、どれも男心をくすぐる要素が盛りだくさん。さらに素材には実用金属の中で最も軽量で比強度が最大の合成金属であるマグネシウム合金を用いているため長く愛用できることも同ブランドの売りである。


FURY BEADLOCK WHEELS
\486,500/4 本 \607,860/5 本
17×9J 5H/PCD127 ET-18 JWL・VIA 規格

オフロードタイプでは珍しく円盤状のディスクホイールを特徴としており、同ブランドらしくホイールもメカニカルデザインを採用して独創性を演出。カラーはマットブラックとチタングレーの2色を用意。


FURY DOOR HINGE STEP
JK,JL,JT / ¥26,800

ドアヒンジにセットするステップ。ルーフに載せた荷物の積み下ろし時に脚立を用意する必要がなく、洗車時にもルーフを洗う際に役立つ便利アイテムだ。


FURY CAR SIDE TARP
¥158,000

アウトドアシーンでは欠かすことのできないアイテムとなってきたカーサイドタープ。快適に過ごせるための加工が施された生地をしていることはもちろん、台形に展開することでカバー率を高めている、さらに両サイドの幕も付属しているため風や日差しを遮ることが可能。サイズは収納時1620×111×123mm、開幕時8209×2687×2647mm。重量は15kg。


FURY FORM CHANGE KEY
JL,JT / ¥48,500

Fury 完全オリジナル設計のフォルムチェンジキー。キーケース(カバー)ではなく、純正キーを付属の工具で分解して中身を入れ替えることでキー本体として使用できるアイテム。ボックスの表面はスケルトンになっており中身が見える構造で、メカニカル感を高めている。


FURY DOOR HANDLE COVER
JL(2ドア)/ ¥45,800
JL(4ドア)/ ¥60,800
JT / ¥58,000

プレーンな純正ドアハンドルに対して、前面にロゴを配したプレートタイプのデザインを施すことでメカニカル感を高めたドアハンドルカバー。全ドア分のカバーをセット。


FURY GLASS LID FUEL COVER
JL,4xe / ¥58,800

元々のラウンド形状を生かしながらメカニカルテイストを取り入れたフューエルカバー。前面には強化ガラスを配置してフューエルキャップが見える構造とすることでオリジナリティを高めている。


FURY TAIL LAMP GUARD
JK / ¥50,800 JL / ¥60,800

テールランプにジャストフィットする、オフロードテイストに溢れたテールランプガード。視認性を損なうことなくしっかりとテールランプを守ってくれる頼もしさも表現されている。左右2個セット。


FURY ANTENNA
JK/JL/JT / ¥22,800

ライフルの銃弾をモチーフに設計されたアンテナ&アンテナカバー。純正アンテナは極めてシンプルなタイプで、かつアンテナの長さが邪魔だと感じていた問題もクリアする、見た目にも抜群にカッコいいデザインとなっている。ロングアンテナ、ショートアンテナにも対応しているため気分でアンテナを変えることが可能。


GARAGE 1ST

TEL:090-4002-8111
https://garage1st.com/


アメ車マガジン 2023年10月号掲載


最新記事


2024/02/28

カスタムショップをコンセプトに尖った個性で人気のお店【THE KOBY'S】

ショップ

18歳の頃から“いつか自分のお店を持ちたい!”という夢を掲げてきた高味さん。そんな思いを抱きつつもあっという間に10年が過ぎ、このまま30代へと突入してしまったら夢のまま終わらせてしまうと、一念発起!

2024/02/27

走りを追求するクルマからモーターホームまで対応!【WOT'S】

ショップ

アメ車専門店と言っても、マッスルカーやSUV、さらにはモーターホームなど、ジャンルで別れるのが殆ど。だが、それらすべてを扱うオールジャンルなアメ車専門店と言えるのが、熊本のワッツだ。

2024/02/26

アナタ好みのキャンピングカー造ります【VORTEX YOKOHAMA】

バン

キャンピング

シボレー

誰に気兼ねすることなく自由を追い求めてキャンプを楽しむのであれば、既成ではなくトコトンこだわり抜いた仕様へと仕上げられた内装のキャンピングカーで謳歌したくはないだろうか?それを具現化してくれるのがヴォルテックス横浜だ。

2024/02/23

マッスルカーライフを満喫!我が家の家訓、男なら“男らしいクルマ”に乗れ!

クーペ

ダッジ

高校生の頃に乗ると決めたチャレンジャー。父の援助もあって購入したから、父にも乗る権利はある。そんな息子のチャレンジャーに乗ると余りにも楽しすぎて、内緒で自分もチャレンジャーを購入。友人のような関係を築きながら、マッスルカーライフを満喫するオーナーさん親子を紹介しよう!

ランキング


2024/02/27

走りを追求するクルマからモーターホームまで対応!【WOT'S】

ショップ

アメ車専門店と言っても、マッスルカーやSUV、さらにはモーターホームなど、ジャンルで別れるのが殆ど。だが、それらすべてを扱うオールジャンルなアメ車専門店と言えるのが、熊本のワッツだ。

2024/02/26

アナタ好みのキャンピングカー造ります【VORTEX YOKOHAMA】

バン

キャンピング

シボレー

誰に気兼ねすることなく自由を追い求めてキャンプを楽しむのであれば、既成ではなくトコトンこだわり抜いた仕様へと仕上げられた内装のキャンピングカーで謳歌したくはないだろうか?それを具現化してくれるのがヴォルテックス横浜だ。

2021/03/15

【注目のアメリカン雑貨】大阪の老舗ブランド、アンダーウッドが同業者の買い付け地に!

ショップ

大阪府吹田市の閑静な住宅街にあるユニークなショップ「アンダーウッドブランド」。ヴィンテージカーやオートバイからアパレル、多肉植物など幅広いアメリカンアイテムが豊富。同店はヴィンテージ・アイテムの素晴らしいコレクションを展示するだけでなく、カスタムカーやオートバイのレストアなど様々なサービスも提供しており、一度は訪れるべきショップ!
UNDERWOOD BRAND【アンダーウッドブランド】

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】