固定概念にとらわれずスタイリッシュに決める【AGGRESSOR】

ジープ

ボディワーク

アメマガ2023年10月号

ラングラー

JLラングラー

グリッドオフロード

ジープとなら人生はもっと愉しい

AGGRESSOR

ジープとなら人生はもっと愉しい


AGGRESSOR kit

GRID OFF-ROAD JAPAN
URL:  https://www.grid-offroad.com/

ハイエンドカスタムホイールの第一線を行くサビーニの姉妹ブランドとして人気を博す「グリッドオフロード」。これまで様々なリフテッドカスタムにおいて主軸となるボトムスとして愛用されており、2015年のデビュー以来、斬新なデザインと高強度ハイスペックなオフロードホイールブランドとしての地位を確立。

 

そんなグリッドオフロードの新たな方向性として仕掛けたのが、リフテッドとは一線を画すオンロード志向へシフトしたワイドフォルムスタイルだ。ベースはJLラングラーとしつつもGクラスを始めとする欧州ブランドを彷彿とさせる造型の美しさに加え、ワイドフェンダー内側にLEDを仕込むなど、随所にこだわりが詰まっており、ボディアンダーへ向かうに連れて重厚感をもたらすシルエットはリフテッド主流の昨今、実に新鮮に映る。

2021 JEEP WRANGLER UNLIMITED SAHARA

また、GD15の20インチに合わせるタイヤがオフロードタイヤではなく、オンロードタイヤであることも特筆物。アーバンオフロードではなく、完全にアーバンオンロード!この潔い選択によってJLカスタムの新たな可能性を見出す。上げるでもなく下げるでもない。ワイドフォルムに徹することで生み出す独自のスタイリングは実に斬新かつ優雅。

 

これをベースにローダウンを施すも良し。あえてマッドテレーンで魅せるもよし。もちろんリフトアップしてもサマになる。定番のオフローダーとしてじゃなく、可能性を大幅に広げてくれるグリットオフロードの新たなボディパーツブランド「AGGRESSOR」が、ジープカスタムのマンネリを打破する新たな起爆剤となってくれることだろう。


AGGRESSOR FRONT UNDER SPOILER

AGGRESSOR FRONT UNDER SPOILER

純正バンパーのアンダー部分にいわゆるリップスポイラー的な取り付け方法で重厚感をもたらすアンダースポイラー。両サイドに流れるような3D デザインで存在感を高めつつ、センター部分は絶妙にシェイプすることでワイドシルエットを存分にアピール。

AGGRESSOR GRILLE WITH LED

AGGRESSOR GRILLE WITH LED

下へ向かうに連れて広がりを見せるグリルインサートの視覚効果も手伝ってワイドフォルムに拍車をかけるグリルはヘッドライト部分に眼力を強めるデザインをプラス。上部にはLEDライトが仕込まれており、アグレッシブなフェイス周りへと一新。

AGGRESSOR FRONT FOG LAMP

AGGRESSOR FRONT FOG LAMP

グリル上部のLEDフォグと同形状の5連フォグランプ。純正のコーナーセンサーを犠牲にすることなく純正バンパーを生かした独自デザインを採用。アンダースポイラー& グリルに合わせて、細部にまでこだわっている。

LED OVER FENDER EXTENSION

LED OVER FENDER EXTENSION

本国モデル純正形状のオーバーフェンダーに、ちょうどボディとフィットする黒い部分の幅分ワイドに仕立てるオーバーフェンダーエクステンション。昼間は見えにくいが、ここにLEDが仕込まれており、ナイトドライブでは存在感を高める。また、アンダースポイラーとの出面も計算し尽くされた逸品。

AGGRESSOR ROOF SPOILER

AGGRESSOR ROOF SPOILER

アンダー部分のボリューム感に合わせてトータルフォルムを整える上でかかせないルーフスポイラー。大柄過ぎず、小さすぎない絶妙なボリューム感でリアビューを刺激的に彩る。塗り分けで立体デザインがより際立つように工夫を凝らしている点も特筆物だ。

AGGRESSOR REAR UNDER SPOILER

AGGRESSOR REAR UNDER SPOILER

フロントアンダースポイラーからの立体的な流線形デザインと絶妙にリンクさせたリアアンダースポイラー。下方向へのフィン形状がちょうどマフラーエンドを避けるようにレイアウトしつつも左右絶妙なバランスでフィットさせる造型美にも注目。


GRID OFF-ROAD JAPAN

TEL:054-277-0551
URL:  https://www.grid-offroad.com/


アメ車マガジン 2023年10月号掲載

関連記事

RELATED


本国でしか販売されていないラングラーがズラリと並ぶ名古屋のWHAコーポ レーション

本国でしか販売されていないラングラーがズラリと並ぶ名古屋のWHAコーポレーション。老舗として培ってきたUSのリアル、そして日本人が好むアメリカンSUVの在り方を知り尽くすエキスパートから、ラングラーカスタムの現在地を探る。

デザイン性はもちろんだが、機能性や快適性も重視する【JEPPESEN】

世界に誇る、屈指オフロードカー「ジープ・ラングラー」。だがすべてのオーナーがオフロードを欲しているわけではない。本気のオフロードスタイルを採用しつつ、実用的な性能も兼ね備える。それがJEEPESENのスタンスだ。

JLラングラーカスタムの新たな刺客!オンロードこそワイドフォルム!

2021 JEEP WRANGLER UNLIMITED SAHARA

「Fury」ブランドの日本正規総代理店であるGARAGE 1ST

【ラングラースポーツ】クルマをファッションの一部として、捉えたらもっと自由になる

ドアは4枚、座席やラゲッジ容量も多いに越したことはない。いつからか、そんな物差しでクルマを選ぶ様になってきた昨今。モノ選びに長けた古着マニアから、クルマとの向き合い方を考察。

 

最新記事


2024/04/18

自然な流れのボディパーツにカナードを追加で進化を遂げる【エッジカスタムズ チャレンジャー F】

クーペ

ダッジ

日本はもちろん、世界中のチャレンジャーカスタムを牽引するLUXZ。2021年に登場した初のフルバンパー仕様となる「CHALLENGER F」。そのエボリューションモデルが完成したので、早速紹介しよう!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/16

アメ車マガジン2024年6月号 絶賛発売中!

雑誌

ランキング


2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。