デザイン性はもちろんだが、機能性や快適性も重視する【JEPPESEN】

SUV

ジープ

ボディワーク

ホイール

アメマガ2023年10月号

JEPPESEN

TUS JAPAN

ラングラー

ジープとなら人生はもっと愉しい

ラングラー 4ex

世界に誇る、屈指オフロードカー「ジープ・ラングラー」。だがすべてのオーナーがオフロードを欲しているわけではない。本気のオフロードスタイルを採用しつつ、実用的な性能も兼ね備える。それがJEEPESENのスタンスだ。

ジープとなら人生はもっと愉しい


強度だけでなく軽さも重視!そこにユーザーが魅了される

JEPPESEN
https://jeppesen.jp/

ジープを手に入れたら、ワイルドなスタイルにカスタムしたいと想い描く人は非常に多い。だがUSA製品のほとんどは本気でオフロードを走り、ヒットさせてもダメージを与えないほど頑丈。つまり非常に重たい。そんなスタイルを理想としても、いざ装着すると重量が影響して回頭性も悪化。もちろん燃費面でも良いことはないが、残念ながらそれが現実だ。

 

そんな現状を目の当たりにしたジェップセンの鈴木氏は「オフロードテイストを採用しつつ、デザイン性と軽さを重視した街乗りユースなバンパーを作ろう!」と思い立ったのが3年前。その狙いは今のラングラーオーナーにとってドストライクなアイテムで、大ヒットしていることはユーザー諸君が身をもって実感していることだろう。

そのジェップセンにまたまたニューアイテムが登場。4xeに装着しているサイドステップ「ENERF ELECTRICAL SIDE STEP」がそれで、これまでにない斬新な電動ステップを作りたいという思いからナーフタイプとして、実用性はもちろんのことビジュアル面でも申し分のないアイテムを生み出した。

 

さらにボトムスの「BARREL ZONE M017」ホイールも新作で、戦車のようなデザインやザラザラした仕上げを特徴とする。

 

ほかにもフロントバンパーの下には新たにスキッドバーや鋼鉄製の牽引フックも登場。ミリタリーテイストをファッショナブルにまとめ上げているので「この仕様のまま下さい!」と思う人が続出することは間違いなし。まさに、ユーザーのハートをガッチリ握ったブランドと断言したい。


e-nerf ElectricAL SIDE Step
396,000円

これまでにない電動サイドステップを求めて開発された「E-NERF ELECTORICAL SIDE STEP」。固定式しかなかったNERF STEPを電動化することで、実用性だけでなくビジュアルも高めることができる画期的アイテム。ステップから室内までの高さが約32cm、地面からステップまでの高さが約41cm(ちなみに4xeは2インチのリフトアップが施されての数値)。


FRONT SKID BAR
39,600円

純正のスキッドカバーを外すとサスペンションやフレームが丸見えになってしまう。そこでカバーと保護を兼ねたスチール製のスキッドバーを追加。カチオン電着塗装にマットブラックの粉体塗装を組み合わせており、落ち着いた雰囲気を演出する。


IRONY FRONT BUMPER
262,900円

TACTICAL REAR BUMPER
154,000円

強固なスチールバンパーの様に見えるが、実はFRP製で軽さも重視したIRONYバンパー。フロントのトップ
部分はアルミ製のパネルを追加し、リアルオフローダー的な雰囲気を醸し出す。なおリアのナンバー灯は純正を移植。4xeに装着されるリアの牽引フックはボディカラーに合わせてブルーに仕上げているが、こちらは残念ながら非売品で、基本は赤となる。


MOPAR HIGH TOP SWORD OVER FENDER
132,000円

MOPAR製のハイトップフェンダーに追加する、25mmワイドのオーバーフェンダー。素材はFRP で、取り付けに際し車体側の加工は一切不要。わずかでもタイヤがはみ出すと、濡れた路面を走行した時にボディが汚れてしまう。それが気になるというユーザーに特にオススメしたい。※ノーマルフェンダー用は構造変更が必要、ハイトップフェンダー用は車検非対応。


TACTICAL EXHAUST MUFFLER
178,200円(シングル/左右2本)
187,000円(デュアル/左右4本)
242,000円(デュアル/左右4本・オキツモ耐熱塗装ブラック)

マフラーと言えばクローム…という既成概念を打ち崩し、マットブラックのテールエンドを実現したタクティカルエキゾーストマフラー。オキツモ耐熱塗装ブラックが施されたこの仕様は、デュアルの左右4本出しのみを設定。車検にも対応しており、3.6ℓ/ 2.0ℓのどちらも装着が可能。※ 2.0ℓ(ルビコン)、4xe除く。


BONNET BEZEL GRIP
59,400円

SIDE GRIP
35,200円

ボンネットの上や、Aピラーの根本にはグリップを追加。素材はスチール製となっているので、実際に掴まることも可能。洗車時の拭き揚げや、ルーフラックにアクセスする時に便利。カラーはマットブラックの粉体塗装仕上げとなっているので、光の反射もしっかり抑えている。


2 INCH LIFT UP SUSPENSION
開発中

4xeの車両は、プロトタイプの2インチリフトアップサスペンションを装着。現在開発中のため、ショックのブランドや延長ブラケットなど、細かな仕様は変更される可能性がある。なお2インチリフトアップしたことで、37インチのジオランダーX-M/T(37×12.5R17)を装着。オフロードを走るならバンプストッパーなどを追加した方が良さそうだが、街乗りユースであればまったく問題はなさそうだ。


2 INCH LIFT UP SUSPENSION
開発中

ブラックのルビコンも実は4xeと同じく2インチリフト。どちらもDUB” LUSのサスペンションキットで、こちらも試作品を装着。よく見るとスプリングの色や、特にリアコイルの形状がまったく異なるので、様々なモデルを試していることがよくわかる。こちらも37インチのX-M/Tを装着。ホイールの違いで、スポーティーにもミリタリーにもアレンジできるところが、ラングラーの面白いところとも言えるだろう。


FOUR PIECE SIDE STEP
132,000円

純正の樹脂製のサイドステップを外し、ボルトオンで装着できる4PIECE サイドステップ。素材はスチールで、先端部分には滑り止めも備えており、靴に付着した泥なども容易に落とすことが可能。ステップ部分も大きく、安心感も高い。


LED MAP LIGHT
15,400円/シングル
18,700円/ダブル

LED FLOOR LIGHT
19,800円

運転席の足もとや、ルーフ部分にはLEDランプを追加。ジェップセンでは、スタイリングをアップさせるアイテムだけでなく、こういった機能性を向上させる小物まで幅広くラインアップ。自分の使い方に最適化させるのも、十分カスタムと言えるだろう。


WEATHER HOOD
7,480円

雨天時にリアウインドーを跳ね上げると、頭やラゲッジに雨水が滝の様に流れ込んでしまう。そんな残念な経験をしたユーザーは非常に多いと思うが、このウェザーフードがあればそんな悩みも解決! 今すぐ装着すべきアイテムだ。


BARREL ZONE M017
サイズ:17×8.0J(5H/インセット41/P.C.D.127)
カラー:ショットブラック/ショットガンメタ
63,800円

戦車の車輪の様なミリタリーテイストを演出する、BARREL ZONE M017。サイズは17インチで、ホイールの表面はショット加工が施された様に、ザラザラしているのがポイント。

カラーバリエーションはショットブラックとショットガンメタリックの2色を設定。センターキャップは樹脂製となっており、細かな部分にまで軽量化への配慮がなされていると言えるだろう。なおJL だけでなくJK にも装着が可能だ。


MJCR#216
サイズ:17×8.0J(5H/インセット41/P.C.D.127)
カラー:フラットブラック/TMC、フラットブラック/DMC、ステルスブラック、DMC/グロスブラック
60,500円

4つのカラーバリエーションを展開する、ジェップセンのオリジナルホイールのMJCR#216。今回ブラックのルビコンに装着したのは、フラットブラック/ TMC。

リム部分のミーリングや2つの異なる色の組み合わせなど、逞しくもあり繊細な雰囲気も感じさせてくれる。純正センターキャップや純正ナットも装着が可能で、あまりカスタム色を強調したくないユーザーにもオススメだ。


JEPPESEN by TUS JAPAN

TEL:042-520-8720
https://jeppesen.jp/


PHOTO:浅井岳男
TEXT:空野陵
アメ車マガジン 2023年10月号掲載


関連記事

RELATED


本国でしか販売されていないラングラーがズラリと並ぶ名古屋のWHAコーポ レーション

本国でしか販売されていないラングラーがズラリと並ぶ名古屋のWHAコーポレーション。老舗として培ってきたUSのリアル、そして日本人が好むアメリカンSUVの在り方を知り尽くすエキスパートから、ラングラーカスタムの現在地を探る。

【ラングラースポーツ】クルマをファッションの一部として、捉えたらもっと自由になる

ドアは4枚、座席やラゲッジ容量も多いに越したことはない。いつからか、そんな物差しでクルマを選ぶ様になってきた昨今。モノ選びに長けた古着マニアから、クルマとの向き合い方を考察。

道なき道の先の目的地へ、クルマ選びは走破性最優先!ラングラーアンリミテッドサハラ

「Jeepとアウトドアは相性が良い」。そんな生温い話ではなく、一歩間違えれば死を覚悟して挑む過酷なクライミングに挑戦し続ける週末冒険家の藤本さん。そんな彼が愛用するラングラーが生々しくてカッコいい!

300万円台で手が届く、4ドアラングラーの理想形

JLラングラーの新車価格高騰はもちろん、中古車市場でも高値を推移している昨今、JKラングラーのお買い得感が高まってきている。その大本命的なオススメ車両をBUBU阪神で発掘してきた。

カスタム済みの中古車という賢いクルマ選びがオススメ

マッスルカーからSUVまで、様々なアメ車をラインアップする岐阜のガレージトップスピード。ノーマルだけでなくカスタムも得意で、今回はアグレッシブなJKラングラーを紹介しよう。

 

最新記事


2024/04/13

日本の気候には不向きなアメ車だからこそ防御が必要!【ラストストッパー】

メンテナンス

電子の働きを利用してアメ車をサビから守る
電子サビ防止装置 ラストストッパー

2024/04/12

こう見えても家族の送迎車、子供のために内装をアレンジ【キャデラック エスカレード】

SUV

キャデラック

これまで乗った愛車はみんなカスタムし、しかもどれも2年で手放すことが殆どだったと語るのりさん。エスカレードはラグジュアリーなスタイルが似合うけど、ほかとは違う方向性で個性を主張する。

2024/04/11

圧倒的な整備力が多くの整備難民を救う【ハロウィン】

メンテナンス

ショップ

埼玉県春日部市にあるハロウィンは全メーカー対応の専用テスターを完備し、ディーラーと同等の整備を行なうショップとして知る人ぞ知るアメ車ショップ。信頼ある整備を行なうショップを探しているならば、是が非でも訪れたいショップだ

2024/04/10

カスタム済みの中古車なら購入時からスタイリッシュ!【トップスピード】

SUV

ジープ

最近、JEEPが気になる人が増加中!でも、今からディーラーに新車を買いに行っても数年待ちは当たり前。「今すぐ乗りたいし、カスタムしたい!」という人に、TOPSPEEDのラングラーをお勧めしよう!

ランキング


2024/04/12

こう見えても家族の送迎車、子供のために内装をアレンジ【キャデラック エスカレード】

SUV

キャデラック

これまで乗った愛車はみんなカスタムし、しかもどれも2年で手放すことが殆どだったと語るのりさん。エスカレードはラグジュアリーなスタイルが似合うけど、ほかとは違う方向性で個性を主張する。

2021/06/11

史上初の200mph超えを果たした伝説の「快鳥」【プリマス・スーパーバード】

クーペ

ビンテージ

プリマス

1970 PLYMOUTH SUPERBIRD

2022/04/05

コマーシャルビークルの代表格『GMCグラマンP20』

バン

1995 GMC GRUMMAN P20

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】