今ここにあるキャデラック 現代的な黒×銀の存在感 2007y CADILLAC ESCALADE【チャビーオート】

SUV

キャデラック

CADILLAC

エスカレード

ワルっぽさを隠そうともしない堂々としたカスタムは、3人の子どもを育てるパパが愛用するエスカレード。この1台に至るまでの経緯と、サポートするチャビーオートとの親密な付き合いについて、詳しく紹介しよう。


オーナー曰く「何でも相談できる雰囲気と対応の良さが魅力」

2007y CADILLAC ESCALADE

ワルっぽさを隠そうともしない堂々としたカスタムは、3人の子どもを育てるパパが愛用するエスカレード。この1台に至るまでの経緯と、サポートするチャビーオートとの親密な付き合いについて、詳しく紹介しよう。

_8MA2297

ド迫力のエスカレードを愛用するオーナー、カズマさんの愛車遍歴はセルシオから始まっている。以降、シーマ、BMW3、MベンツSと続いた経歴からも分かる通り、いわゆるVIPカーカスタムを愛する人物だ。

そんな彼がアメ車に乗り換えたきっかけは、子どもの誕生と趣味の水上バイクだった。ハマーH2との二択で悩んだ結果、奥様の好みを反映してエスカレードを選び、さも当たり前といった流れでカスタムを進めていった。購入から約1年。もう少し仕上げたらひとまず完成といった頃合いである。

カズマさんにとってショップ選びはそれほど難しくなかった。というのも、地元のアメ車ショップ、チャビーオートの店長を務める家田さんとは10代からの付き合い。気兼ねなく何でも相談できる仲であり、事実、期待したとおりにクルマが仕上がっていき、高い満足感を感じているという。

カズマさんは、チャビーオートの魅力について「相談しやすさ」だと教えてくれた。もちろん旧知の仲という関係性こそあるものの、家田さんの人柄が親しみやすく、相談しやすいというのは、筆者の立場からでも感じられる。それに、人が人に何かを頼み続けるということは、期待と満足の繰り返しであることと同義だ。

相談し、それへの対応が素晴らしいからこそ、次も相談してみようと繰り返して、徐々にカスタムは仕上がっていく。チャビーオートという店は、地域を代表するアメ車カスタムの名店なのである。_8MA2243

ヘッドライトとテールライトをスモーク化しており、ボディカラーのブラックと組み合わさってワルっぽい雰囲気を強めている。今後はボディ全塗装(候補は子どもの自転車の色に合わせてシャンパンゴールド)やライトのLED 化、ポジションランプのカスタムなどを検討しているとか。_8MA2266

リアスタイルの主役とも言える存在感を放っているワンオフ4本出しマフラー極(kiwami)。これを見た後ではノーマルのエスカレードを物足りなく感じるほど。_8MA2280

キャデラックらしいE&G クラシックグリルにカスタム。もともと押し出し感があるエスカレードに、さらなる迫力を与えている。ヘッドライトのスモーク化とも好相性だ。_8MA2283

本来はセンターだけのハイマウントストップランプを、左右全体が光るようにカスタム。後方ドライバーへ挙動を案内して安全性を高めつつ、ナイトシーンでも目立てる。_8MA2269

ド迫力のホイールは、ジオバンナの26インチをズドンとインストール。ブレーキキャリパーはペイントのみだが、足もとのアクセントとして見事に機能しているのが分かる。


取材協力◆ CHUBBY AUTO【チャビーオート】
TEL:0569-89-0089
http://www.chubby-auto.jp


撮影&原稿◆加藤山往
アメ車マガジン 2016年3月号掲載


関連記事

RELATED


28インチ入りのSUVを日常の足として自由に乗る キャデラックエスカレード

世間のエコを真に受けて、大排気量と特大ボディを誇るアメ車に背を向けてはいないか? そんな甘ちゃんに喝を入れるべく、28インチ履き&内装フル張り替えのエスカで通勤から買い物までをこなす、自由な男を直撃した。

全身カモフラエスカレード “エスカモレード”に迫る キャデラックエスカレード

2017年夏以降インスタやフェイスブックを中心に露出が増え、インスタ映えするアメ車として知名度を上げてきたエスカモレード。

グローバルスペックの最高級SUV キャデラックエスカレード【バーニーズ】

優美なスタイリングと最新鋭のメカニズムによってキャデラックならではのスティタスが際立つ現行型エスカレード。三重県に店を構える「バーニーズ」がオススメするのは最上級グレードのプラチナムだ。このスーパープレミアムなSUVの魅力をお伝えしよう。

エスカレードの究極カスタム フルorハーフのフルエアロスタイル【アズールモータリング】

「AZR」ことアズールモータリング。同社が展開するキャデラック用「ZERO DESIGN」エアロパーツには、フルバンパーとハーフバンパーという2種類の選択肢がある。

スタイリッシュに 「SUV」を乗りこなせ【グッドスピードインターナショナル】

様々なカテゴリーのアメ車を幅広く扱うグッドスピード・インターナショナルが、新たに「SPORT名古屋」に生まれ変わった。

 

最新記事


2024/04/20

細さを追求したスポークが軽快さや躍動感を予感させる【WORK GNOSIS CVF】

ホイール

WORK GNOSIS CVF

2024/04/20

エントリー条件はただ1つ、WORKを装着していること【WORK WHEELS JACK 3rd】

ホイール

イベントレポート

WORK WHEELS User Event
WORK WHEELS JACK 3rd

2024/04/19

老若男女、誰からも愛される、お店のマスコットとして活躍【アーラキッチン】

バン

198号線(河内長野美原線)から一本離れたローカルロードに店舗を構えるアーラキッチン。田園風景に馴染む様に佇む黄色いスクールバス、そして大きなどんぐりの木は、メインストリートからでも一際目を引く!

2024/04/18

自然な流れのボディパーツにカナードを追加で進化を遂げる【エッジカスタムズ チャレンジャー F】

クーペ

ダッジ

日本はもちろん、世界中のチャレンジャーカスタムを牽引するLUXZ。2021年に登場した初のフルバンパー仕様となる「CHALLENGER F」。そのエボリューションモデルが完成したので、早速紹介しよう!

ランキング


2024/04/19

老若男女、誰からも愛される、お店のマスコットとして活躍【アーラキッチン】

バン

198号線(河内長野美原線)から一本離れたローカルロードに店舗を構えるアーラキッチン。田園風景に馴染む様に佇む黄色いスクールバス、そして大きなどんぐりの木は、メインストリートからでも一際目を引く!

2024/04/18

自然な流れのボディパーツにカナードを追加で進化を遂げる【エッジカスタムズ チャレンジャー F】

クーペ

ダッジ

日本はもちろん、世界中のチャレンジャーカスタムを牽引するLUXZ。2021年に登場した初のフルバンパー仕様となる「CHALLENGER F」。そのエボリューションモデルが完成したので、早速紹介しよう!

2016/11/04

超レアなマスタング、1969年モデルのBOSS429!

クーペ

ビンテージ

フォード

1969y FORD MUSTANG BOSS 429

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】