全身カモフラエスカレード “エスカモレード”に迫る キャデラックエスカレード

SUV

キャデラック

ラッピング&ペイント

キャデラック

ラッピング

CAMOUFLAGE

ギブソンマフラー

カモフラージュ

WRAPPING

エスカレード

CADILLAC

EXTREME AMERICAN

2017年夏以降インスタやフェイスブックを中心に露出が増え、インスタ映えするアメ車として知名度を上げてきたエスカモレード。


硬派な男よりも女子ウケ抜群のフルラッピング

EXTREME AMERICAN CAMOUFLAGE × Cadillac Escalade

DSC_5669
2017年夏以降インスタやフェイスブックを中心に露出が増え、インスタ映えするアメ車として知名度を上げてきたエスカモレード。一点豪華主義ならぬ一点突破なカスタマイズの魅力とは?

どうせやるなら大胆にがコンセプト!!

DSC_5742

カスタムシーンにおいてファッショントレンドを取り入れるのはよくある話で、以前にはハイブランドの生地や柄を用いてインテリアをメイクすることが流行った。ここ最近はというとカモフラージュ柄、略してカモフラ柄の人気が高いため、この柄を用いてドレスアップしている人たちも多い。

しかし、全身カモフラ柄となれば話は別。元々カモフラ柄は軍事用に開発されただけにクルマに用いたとしても不思議ではないのだが、普段乗りでソレをやってのけるのはかなり勇気がいる。そんな大胆なカスタムに果敢に挑んだのが徳島県在住のShinyaさん。フルノーマルからホイールや車高とステップアップしていく流れを踏まず、いきなりフルラッピングという一点突破を敢行した。

DSC_5661-1

当初はそれこそ軍用車両の様にワイルド&クールで恐そうなクルマになるか?と予想していたものの、ファッション性の高い大柄なカモフラ柄を採用し、サイド一面に大きくキャデラックのロゴをあしらうことで思っていた以上にセンス良くまとまった。その甲斐あって女子ウケも上々な様で「写真いいですか? インスタにアップします?」と話し掛けられることが増えたそう。

DSC_5683

ある意味カスタムに対して真面目な方からすると「ホイールも車高もノーマルやん!」といったツッコミが入るかもしれないが、それ自体がナンセンス。このクルマの最大の魅力は、全身カモフラだけど一目見てエスカレードだと分かる点にある。

DSC_5652

グリルを変更して車高を上げて、オーバーフェンダーを付けてホイール&タイヤを履き替えてと、盛り過ぎるとコンセプトを見失ってしまうのだ。アレもコレもと欲張ってゴールが見えなくなるのは本末転倒。大切なことは何を一番アピールしたいかにある。カモフラ柄が好き過ぎて全身カモフラ柄に! この潔さが最大の魅力なのだ。

DSC_5658
DSC_5686
DSC_5690

クローム部分を残し、キャデラックロゴをウインドーやクローム部にかかる様に取り入れることでトータルバランスの優れたフルラッピングに。ギブソンマフラーやナイトシーンを彩るLED加工を除き、オリジナルのままであることも特筆物。

DSC_5727
OWNER Shinya Fukutaka($hin.1.0.0.0)


■Photo&Text:石井秋良
アメ車マガジン 2018年 4月号掲載


関連記事

RELATED


28インチ入りのSUVを日常の足として自由に乗る キャデラックエスカレード

世間のエコを真に受けて、大排気量と特大ボディを誇るアメ車に背を向けてはいないか? そんな甘ちゃんに喝を入れるべく、28インチ履き&内装フル張り替えのエスカで通勤から買い物までをこなす、自由な男を直撃した。

ラグジュアリーSUVの代名詞的存在で、根強い人気の第3世代エスカレード

CADILLAC ESCALADE ESV

9コートパールが生み出すツヤが只ならぬ艶かしい姿を表現する!リンカーンナビゲーター

好きな色にペイントするのはよくあるが、ここまでの多層パールとなると、全く異なる印象を受ける。オールペンで、リフレッシュ&新しいスタイルを創造した好例を紹介しよう。

純正デザインを壊さず違いを生み出すZERO DESIGN

2021年、新型エスカレードを日本最速導入したアズールモータリング・アメリカンショールームは、ノーマル展示をすることなくZERO DESIGNによるボディキット製作に着手。ようやくその全貌をお伝えする機会を得た。

ニュースタイルローライダー シボレーカマロ /カスタムは実用性重視!シボレーK1500【グレイスキャブ】

11年型シボレーカマロをベースにしてローライダーテイストを注入。/96年型シボレーK1500、見た目も重要だが、一番の優先順位は実用性。

 

最新記事


2024/04/18

自然な流れのボディパーツにカナードを追加で進化を遂げる【エッジカスタムズ チャレンジャー F】

クーペ

ダッジ

日本はもちろん、世界中のチャレンジャーカスタムを牽引するLUXZ。2021年に登場した初のフルバンパー仕様となる「CHALLENGER F」。そのエボリューションモデルが完成したので、早速紹介しよう!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/16

アメ車マガジン2024年6月号 絶賛発売中!

雑誌

ランキング


2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。