【JLラングラー】グレード間の違いを検証 先進・洗練・余裕か?標準・精悍・経済性か?

SUV

ジープ

新車インプレッション

JLラングラー

ラングラー

アメマガ2020年3月号

ALL-NEW Jeep WRANGLER

ラングラーサハラ

VERIFICATION
JL WRANGLER

ALL-NEW Jeep WRANGLER


_N6I3591_

VERIFICATION JL WRANGLER

あちらを立てれば、こちらが立たず…な検証

日本仕様のラングラーのグレードは、これまでどおりサハラとスポーツをベースに展開(スポーツにはロングとショート、やがてここにルビコン・ロングが加わる)。しかし、今回はパワートレインの違いが存在し、また、アッパークラスに採用される装備をサハラに設定したこともあり、選びづらさがある。

 

それもそのはず、サハラの仕立てはまさに先進性と洗練さを狙ったもので、ハードトップとオーバーフェンダーはボディ同色のほか、18インチアルミホイールとHTタイヤ、LEDを用いたランプ類を採用。インテリアはレザーシート(ローンチエディションの特別仕様装備)、サブウーハーを備えたプレミアムスピーカーまでが標準装備だ。

_N6I2907

一方スポーツは、ブラックのルーフ&オーバーフェンダーを特徴とし、17インチアルミホイールとATタイヤ、ランプ類はハロゲンだが、このアンリミテッドにのみ2.0ℓターボエンジンが搭載されている。

_N6I2956

また、リアシートも違う。シートの基本形状こそ変わらないが、サハラのリアシートセンターには引出し式のアームレストがあり、そこにカップホルダーを設置。一方スポーツはアームレストがなく、カップホルダーはセンターコンソール後方の足もとに。ここにサハラはUSBコネクターとAC電源、さらにスマホを置けそうなポケットまでが設置されていた。

 

ちなみに編集部的には、2.0ℓターボエンジンのパフォーマンスに打ちのめされ、ボディ非同色のブラックフェンダースタイルが好みであることからスポーツ一択…と思いきや、セカンドシートのアームレストやLEDランプの存在から、サハラも捨て切れないと嘆く。購入するなら2ドアと決めているレポーター・ヨシダはもはや選択の余地なし…。

 

安全性能についてはそれほど違いはないが、ブライドスポットモニター/リアクロスパスディテクションや前後の近接センサーを用いたアラートはサハラにだけ標準装備(スポーツはリアセンサーのみを搭載)。その他、リアバックアップカメラ、エレクトロニックロールミティゲーション付きESPなどは全車が採用だ。先述したとおり、イマドキの先進安全装備は未採用だが、本国ですでに発表された2019年モデルに、アクティブブレーキ(日本での表現は自動ブレーキ)やアダプティブクルーズコントロール(先行車追従型クルーズコントロール)などの採用もアナウンスされている。

 

コスト面で考えても選択の悩みは尽きず…追加登場予定のルビコンも含む検討をしてみて欲しい。


【SAHARA】

【SPORT】

スポーツはフェンダーやルーフが樹脂ブラックであるのに対して、サハラはボディ同色を採用。またヘッドライト、デイライト、フォグランプ、テールランプといったあらゆるランプもスポーツがハロゲン、サハラがLEDと違う。また、フォグランプベゼルはスポーツがブラックだが、サハラはシルバーで存在感を強調。


【SAHARA】

tmeterSAHARA_N6I3238

【SPORT】

tmeterSPORT_N6I3452

エンジンが異なるのはすでに解説したとおりだが、それに合わせてメーター内のレッドゾーン表示が異なっている。


【SAHARA】

_N6I3229

【SPORT】

_N6I6029

ジープブランド最新の第4世代Uconnectにも違いがある。スポーツはナビレスでモニターは7インチだが、サハラはテレビチューナー付ナビシステムに8.4インチモニターのユニットを標準装備。いずれもApple/CarPlay、Android/Android Autoと接続し、スマホを持ち込んだ使い方ができる。

_N6I6198

Uconnect搭載により、電子ガジェットを使う機会は増えるため、インパネ、センタークラスターには接続用に、メディアハブと呼ばれるUSBとAUX端子を備えたスペースを設置。ちなみに、USBコネクターはもっとも一般的なAタイプに加えて、Cタイプも設定している。


【SAHARA】

30_JJL18US4_254luggageSAHARA_N6I3328_N6I3204

【SPORT】

28_JJL18US4_239sportluggageSPORT_N6I3493SPORT_N6I3588

ステッチ入りの手縫いのレザーパッドをインパネやドアトリムに採用し、プラチナクロームベゼルのアクセントなどをさりげなく追加したサハラに対して、スポーツは金属調の質感のインパネで、シルバー加飾は少なめ。なお、ラゲッジルームのサブウーハーもスポーツには未装備だ。また、撮影したサハラには純正アクセサリーのオールウェザーフロアマットが塔載されていた。

※一部の左ハンドル仕様は海外仕様の写真となります。


【SAHARA】

_N6I32852ndseat01SAHARA_N6I32942ndseat02SAHARA_N6I3320

【SPORT】

_N6I35492ndseat02SPORT_N6I3538

リアシートは形状こそ同じだが、フロントシート同様に表皮が異なる(レザーとファブリック)。さらにアームレストの有無や、それに付随するカップホルダーやUSBコネクター/AC電源の有無も異なる。


編集部の最終決断

言葉にすると簡単だが、本記事で比較した箇所によって、全体の雰囲気はかなり変わっている両グレード。しかも、よく見ればフューエルカバーの有無という相違点もあった…。同じボディカラーで見たら、違いはより顕著だろう。そんなわけで、編集部としては「決断できず!」という回答。

 

ムリと思いつつ、希望だけは出してみたい!それは…アンリミテッドスポーツ搭載の2.0ℓターボエンジンと、採用したブラック外装、サハラのLEDランプ類と8.4インチモニタのテレビチューナー式ナビ、そしてアームレスト付きリアシートを備えたモデルが編集部の理想だ!と。読者諸兄も、悩んでみて欲しい。


TEXT&PHOTO:編集部
アメ車マガジン 2019年3月号掲載


最新記事


2024/04/13

日本の気候には不向きなアメ車だからこそ防御が必要!【ラストストッパー】

メンテナンス

電子の働きを利用してアメ車をサビから守る
電子サビ防止装置 ラストストッパー

2024/04/12

こう見えても家族の送迎車、子供のために内装をアレンジ【キャデラック エスカレード】

SUV

キャデラック

これまで乗った愛車はみんなカスタムし、しかもどれも2年で手放すことが殆どだったと語るのりさん。エスカレードはラグジュアリーなスタイルが似合うけど、ほかとは違う方向性で個性を主張する。

2024/04/11

圧倒的な整備力が多くの整備難民を救う【ハロウィン】

メンテナンス

ショップ

埼玉県春日部市にあるハロウィンは全メーカー対応の専用テスターを完備し、ディーラーと同等の整備を行なうショップとして知る人ぞ知るアメ車ショップ。信頼ある整備を行なうショップを探しているならば、是が非でも訪れたいショップだ

2024/04/10

カスタム済みの中古車なら購入時からスタイリッシュ!【トップスピード】

SUV

ジープ

最近、JEEPが気になる人が増加中!でも、今からディーラーに新車を買いに行っても数年待ちは当たり前。「今すぐ乗りたいし、カスタムしたい!」という人に、TOPSPEEDのラングラーをお勧めしよう!

ランキング


2024/04/12

こう見えても家族の送迎車、子供のために内装をアレンジ【キャデラック エスカレード】

SUV

キャデラック

これまで乗った愛車はみんなカスタムし、しかもどれも2年で手放すことが殆どだったと語るのりさん。エスカレードはラグジュアリーなスタイルが似合うけど、ほかとは違う方向性で個性を主張する。

2021/06/11

史上初の200mph超えを果たした伝説の「快鳥」【プリマス・スーパーバード】

クーペ

ビンテージ

プリマス

1970 PLYMOUTH SUPERBIRD

2022/04/05

コマーシャルビークルの代表格『GMCグラマンP20』

バン

1995 GMC GRUMMAN P20

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】