SEMAショーで見た同じスタイルの タコマを見てダコタでチャレンジ!

ピックアップトラック

ダッジ

アウトドア

ダコタ

アメマガ2019年9月号

アメ車と楽しめ「ソト遊び」

GO! GO! OUTDOORS!!
アメ車と楽しめ「ソト遊び」
PLAY FOR THE SHEER JOY OF OUTDOOR
Dodge Dakota with Overlander Style


Dodge Dakota with Overlander Style

Dodge Dakot、ダッジダコタ
不人気車でどれだけ、カッコ付けられるか?

ダッジ・ダコタと聞いても、あまり日本では馴染みがないかもしれないが、アメリカ本国では郊外の老夫婦などが足として使う大衆車。初代デュランゴと同じ顔を持ちながらも、ミドルサイズでラムトラックよりもひと回り小さいところが、今一つ日本で流行らなかった理由かもしれないが、アウトドアを嗜む上ではむしろこのサイズが好都合。

Dodge Dakot、ダッジダコタ

多少狭い林道もグイグイ攻められる様にとローダウンを施していた車両を若干腰高に戻し、2WDのシングルキャビンながらアメリカンレーシングの15インチをゴールドに塗装してマッドテレーンタイヤを装着。 JKラングラー のアンヴィル色にほんのりピンストを加えてオフロードテイスト溢れるスタイルへ一新。


特筆すべきはワンオフでルーフギリギリまで積載できる様にと工夫を凝らしたラスティックオリジナルキャリアで、スチールパイプを曲げて溶接した後に黒錆転換剤コーティングを施し、マットクリアー処理することで味わい深い質感へ。そのオリジナルキャリアにアースカラーのルーフテントが見事にマッチ。もはやテントありきでそのカラーコントラストが映えると言えるレベルの一体感。

Dodge Dakot、ダッジダコタ
実は最初に購入したテントではラダーの下側まで連結できる機能がなかったため、このテント2幕目。テント内は文字どおりロフトさながらの心地良さで、芝生にテントを張るより見晴らしが良くて風も通る。混雑している時でもプライバシーを守れて、地を這う虫たちからも解放されてメリットだらけ! 唯一の欠点はサイトを完成させると現地での移動手段に困ることのみ。

むしろ現地での買い出しを必要としないくらい完璧に準備をこなせば、デメリットはなし。息子さんもこのスタイルにご機嫌の様子で、率先してアウトドアを楽しんでくれる様になったそうだ。映えるばかりに惑わされず、ワクワクする様な創意工夫こそ、アウトドアライフを豊かにする秘訣と言えるだろう。

Dodge Dakot、ダッジダコタ




バグガードやLEDバーを仕込み、アンヴィルカラーにマッチするアウトローなフェイス。フロントバンパーは下側を潔く取り去ることでアグレッシブかつオフロードテイスト溢れる雰囲気に。8J のリム幅でワイドトレッド化を施すことでミドルサイズながら迫力ある顔つきに。





シングルキャビンで全長の短いダコタでできる限り積載性を高めて、ルーフテントありきの強度を考慮して製作したオリジナルのルーフキャリア。太めのパイプとヤレた演出、そして“ 理にかなった”ワークホース感溢れる仕上がりは、見せかけだけの映えとは一線を画す味わい深さを感じる。ルーフテント収納時も思っている以上にコンパクトに収まる点も特筆物だ。





キャンプに必須とされる寝室とリビングスペースが愛車と一体化することで、無駄のない導線を確保し快適なアウトドアライフを堪能。ルーフ上は真夏でも風が通って涼しく、ラダーを降りた所でリビングスペースとして有効。2人なら十分すぎるスペースである。実際に中へ入ると、1階スペースは頭上も高くて大人が立っても余裕。寝室は大人2人が余裕で寝れるゆとりのスペースを確保しており快適そのもの。



ランタンにさりげなくピンストライプを取り入れるのはラスティックならでは。アンティークモノやビンテージランタンとは異なる、こなれた雰囲気の演出にピンストライプがマッチ!


DSC_5309
DSC_5576
現地でサイトを張るとダコタが走れないので、アメ車乗りの友人を数名誘ってキャンプすることもしばしば。年頃の息子が自分の友人とカードゲームなどで楽しむ姿も感慨深い。なんでも危ないからとやらせない様では成長しない。好奇心が旺盛で「やってみたい!」と興味を持ったことはできるだけやらせてあげるのもファミリーキャンプを楽しむ鉄則の一つだ。


原マサオミ・ソウタさん
Photo&Text:石井秋良
アメ車マガジン 2019年 9月号掲載


最新記事


2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/16

アメ車マガジン2024年6月号 絶賛発売中!

雑誌

2024/04/15

ワンオフ加工で個性を最大限に引き出す【ジェットシティ】

オープン

シボレー

個性的なカスタムを世に送り出すジェットシティには、オーナー自らが持ち込むパーツ装着の依頼も多い。時には他車種のパーツもあるのだが、それすらも違和感なくフィッティングさせるのがジェット流。

ランキング


2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/16

アメ車マガジン2024年6月号 絶賛発売中!

雑誌

2024/04/15

ワンオフ加工で個性を最大限に引き出す【ジェットシティ】

オープン

シボレー

個性的なカスタムを世に送り出すジェットシティには、オーナー自らが持ち込むパーツ装着の依頼も多い。時には他車種のパーツもあるのだが、それすらも違和感なくフィッティングさせるのがジェット流。

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。