リノベーションして楽しむ、免許不要のトレーラーライフ

バン

ダッジ

アウトドア

アメマガ2019年9月号

アメ車と楽しめ「ソト遊び」

リノベーション

オートテック関西

トレーラーライフ

ラムバン

GO! GO! OUTDOORS!!
アメ車と楽しめ「ソト遊び」
PLAY FOR THE SHEER JOY OF OUTDOOR
Dodge Ram Van with Boler Trailer


Dodge Ram Van with Boler Trailer

GO! GO! OUTDOORS!! アメ車と楽しめ「ソト遊び」

週末には自分の好きなアイテムを愛車に積み込んで、気の向くままに「ソト遊び」を楽しむ。そんなアウトドアラーたちが今、まさに増えている。

だが、自由なひと時を謳歌するためには頼れる相棒が必要だ。ソト遊びを満喫するにはタフでワイルドなアメ車こそが最高のパートナー。さあ、アメ車とともにアウトドアへ繰り出そうじゃないか!!


750kg未満の免許不要でけん引可能なビンテージトレーラー。プレーンなラウンドフォルムに丸テールが雰囲気のある1976年型Boler trailerをアメリカから仕入れて、内装を好みの仕様へリノベーション。快適なインテリアで楽しむトレーラーライフ。
 

気軽にけん引できて現地で切り離せるのが魅力!

ボウラートレーラー

エアストリームやVWタイプⅡを連想させる独特のフォルムが存在感アリアリなBoler trailer。アメリカでは空冷ビートルのごとくビンテージモデルとしてマニアの間でも人気が高いトレーラーで、レストアした個体は高値で取り引きされているという。しかし今回紹介するのは、オリジナルを忠実に守りながらレストアした個体ではなく、外観のみを残して内装はすべて日本の家具職人の腕とDIYを得意とするオートテック関西代表木本氏の手によってフルリノベーションされたもの。


オートテック関西といえば ラムバン とあって、本来ならJEEPや ブロンコ 、フルサイズトラックでけん引する方が似合うのでは?とお話を戴いたものの、「そこはラムバンで行きましょう!」と半ば強引にお願いした次第で、丸い箱が丸い小箱を連結させる何とも愛嬌のあるスタイルは、偶然撮影に居合わせた一般のギャラリーたちからも絶賛。



特筆すべきはその個性的なフォルム造形美。昨今のスクエアな形状とは一線を画すラウンドフォルム、大きく開口部を取った前後のウィンドーと、宇宙船にでも乗り込む様な気持ちたかぶるドアを開けると、ウッド基調のフルリノベーションされた落ち着いた印象のインテリア。

角がない独特な形状の室内を仕上げるのは一筋縄ではいかないと家具職人の手を借りながらも、DIYできる所は可能な限り木本氏自身で仕立てた内装は圧巻。フローリング、リビングダイニング、ベッドと3WAYで楽しめる様に工夫を凝らしたことで、けん引免許不要な小型トレーラーとは思えない快適空間を確保。


近々トレーラーのレンタル事業も開始予定で、需要があればお客さんの要望に応じたトレーラーを輸入・販売していくそうなので、気になる方はお気軽に問い合わせてみてはいかがだろう。

ボウラートレーラー
全幅2m、全長4m、全高2.1mと、フルサイズでけん引した際はほぼ同じ車幅なので、フォルムの似たラムバンだとまるで連結した列車の様な雰囲気。けん引免許不要で慣れてしまえば意外と苦にならないサイズ感も魅力的。






所々補修痕を残す所も味わい深くて好印象。エアコンは現状装着されていないが、要望があれば装着も可能。ルーフやルーバーウィンドーを完備しており、真夏以外は空調なしでも快適。ファニーな丸テールも特筆物。




角がないラウンド形状のため、ピタリと合わせるのは至難の業と潔くあきらめてシンクやキッチン棚は家具職人の友人に依頼。ドアからの導線に合わせた無駄のない室内空間はもはやオリジナル以上のでき栄え!


DSC_5895

オリジナルで楽しむよりも、自分好みの仕様へ思う存分リノベーションして楽しんでほしいとの思いが詰まるインテリア。現車は戸建てでいうモデルハウスとしての役割を担い、要望に応じて好みのインテリアをオーダーするも良し。DIYでコツコツ仕上げるのも面白い。

ダッジラムバン ボウラートレーラー
★ブレィビーちゃん(女の子)
愛犬と一緒に旅行の計画を立てるもペット同伴可能な宿は意外と少ないのが現状。トレーラーハウスなら気負いなくどこでも愛犬と旅を楽しめるのでは? とアメリカからビンテージトレーラーを輸入。愛犬ブレィビーちゃんもお気に入りのBoler trailerなら、宿に困ることなく自由気ままに旅を堪能できるのだ!


Thanks:オートテック関西
TEL:06-6900-7050
HP:http://dodgeram.jp


Photo &Text:石井秋良
アメ車マガジン 2019年 9月号掲載


最新記事


2024/06/21

究極の美を求める人に贈るROHANの導き出した答え

クーペ

フォード

見る者を魅了するどころか、一瞬で釘付けにする。そんな芸術作品のような佇まいを見せるROHANのデモカー。第一弾ではコルベットを取り上げ、続いてカマロ、そして第三弾となる今回はマスタングをベースに華麗なシルエットを創造。

2024/06/20

パーツが少ないキャデラックもウイングオートでカスタム可能

キャデラック

人気が高い車種であるほど、アフターパーツも豊富にある。だがキャデラックの場合そのブランドイメージもあって、カスタムする人は少なく、パーツの選択肢も限られる。だがウイングオートなら、そんな悩みも解決してくれる!

2024/06/19

チャレンジャーに乗ることでアメ車に対する価値観が激変

クーペ

ダッジ

今までアメ車には一度も乗らず、日本車や欧州車を乗ってきたオーナーさん。そんな彼がなぜチャレンジャーを、しかもEDGE CUSTOMSを…。これまで様々なスタイルを紹介してきたが、チャレンジャーと出会い、アメ車の虜になったオーナーさん紹介しよう。

2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

ランキング


2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2023/01/23

クアートFABでキャデラックATSを見た瞬間、奥様が一目惚れをして乗り換え

セダン

キャデラック

クルマを購入する時、一番重視するのは何か? もちろん欲しいクルマがあるかは当然だが、その次に価格ばかり見てはいないだろうか? でも、結局はお店とお客さんとの信頼関係で、人と人との縁が重要と言える。

2021/03/15

【注目のアメリカン雑貨】大阪の老舗ブランド、アンダーウッドが同業者の買い付け地に!

ショップ

大阪府吹田市の閑静な住宅街にあるユニークなショップ「アンダーウッドブランド」。ヴィンテージカーやオートバイからアパレル、多肉植物など幅広いアメリカンアイテムが豊富。同店はヴィンテージ・アイテムの素晴らしいコレクションを展示するだけでなく、カスタムカーやオートバイのレストアなど様々なサービスも提供しており、一度は訪れるべきショップ!
UNDERWOOD BRAND【アンダーウッドブランド】