見た目はファニーなシボレー・SSR、乗れば本気のハイパフォーマンス

ピックアップトラック

シボレー

カーズスパーク

アメマガ2019年11月号

SSR

愛知県

ジーエム祭

ジーエム祭 
2006y CHEVROLET SSR


2006y CHEVROLET SSR

シボレーSSR

ジーエム祭

百花繚乱

アメ車にヴィンテージテイストなデザインが流行した、21世紀に入ったあたりの2000年代。この時代に生まれたクルマのなかには、今見るとユニークで注目すべきモデルが幾つか誕生した。その代表格がシボレー・SSRだ。

ファニーな見た目でコルベット級の走り

愛知県一宮市の カーズスパーク に、ユニークなクルマが在庫されている。06年型シボレー・SSRだ。スーパー・スポーツ・ロードスターの略称として名付けられたこのモデルは、コンセプトカーとして00年に発表され、その後03年にほぼそのままの姿でリリースされたから世間は驚いた。しかし、06年には生産が終了してしまった短命のモデル。


1950年前後のシボレー製トラックをオマージュしたデザインは、現代の感覚ではファニーに見える一方、搭載されるエンジンはファニーどころの騒ぎではない。デビュー当時は タホサバーバン と同じボルテックだったが、05年からは コルベット やポンティアックGTOと同じLT2になり、名前のとおり「スーパー・スポーツ」の色を濃くする。

生産年は06年までだから、LT2を搭載したSSRを狙うならば05または06が選択肢。とは言え、そもそも4年しか生産されていないモデルだから、日本では見かけることすら珍しいのだが...。


シボレーSSR
カーズスパーク に入荷したSSRは、本国から直輸入で仕入れたもの。同店は過去にもSSRの販売実績があり、ユニークなクルマだからと、この1台を仕入れたという。まさに、他に代わりのない唯一無二の存在。

実車を目にする機会は滅多にないだけに、「他の人と違うクルマが欲しい」という人に打って付けだ。仕入れてくれた同店には大いに感謝したい。なお、他に探しているクルマがあるならば、同店は本国から見つけ出して仕入れてくれる。

シボレーSSR
シボレーSSR
2ドアのピックアップトラックでありつつ、ルーフが開いてロードスターにもなる。シャシーのベースはトレイルブレイザーEXTとされており、全長4,862mm、全幅1,996mm、全高1,631mmというスリーサイズで、アメ車としては控えめなサイズにあたる。


LS2V8エンジン
SSRが登場した2003年当初に設定されたエンジンは5.3lボルテックV8だったが、2005年以降はLS2V8エンジンに変更。このエンジンはコルベットC6と同じもので390hpを発揮する。しかもMTは6速が選択可能(4ATもあった)という本気ぶり。




タイヤ&ホイールは前後異径となっており、フロント19インチ、リア20インチを装着している。大きなオーバーフェンダーがSSRのボディデザインの要だ。


シボレーSSR
シボレーSSR
シボレーSSR
シルバーをあしらったインテリアは当時の流行。外観に合わせたユニークな意匠が施されている。なお、ルーフは電動で開閉する仕組み。トラックなのにスポーティでしかもオープンという贅沢。

CARS SPARK カーズスパーク
所在地:愛知県一宮市木曽川町外割田伊勢田189
TEL:0586-64-7444
URL: http://www.cars-spark.co.jp/
営業時間:9:30~20:00
定休日:水曜日

★写真&文/加藤山往
アメ車マガジン 2019年 11月号掲載


最新記事


2024/05/23

40フィートのコンテナを店舗にスケールアップ!【パラダイスバーガー】

ショップ

2024/05/23

古き良きアメリカの世界観/SONORAN ディープコンケイブで魅せる/FARM D10

ホイール

2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

ランキング


2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger