C3のコークボトルボディを想起させる、グラマラスなフォルテC7ワイドボディ

クーペ

シボレー

ジーエム祭

H2AJ

コルベット

アメマガ2019年11月号

フォルテ

愛知県

C7コルベット

ジーエム祭
2014y CHEVROLET CORVETTE Forte Style


[vc_row][vc_column][vc_column_text]2014 シボレーコルベット フォルテスタイル

2014y CHEVROLET CORVETTE Forte Style
OWNER:RYO3 さん


ジーエム祭
百花繚乱
かつて憧れたC3は、コーラボトルのように美しいボディラインを持っていた。そして現在、インターネットの大海で見つけたフォルテのコルベットは、かつての憧れを思い出させるに十分な魅力を持っていた。

H2乗りでありつつ、ワイドなコルベットも


愛知県名古屋市のカスタムショップ、フォルテがリリースしているコルベットC7・ワイドボディキットコンプリート。同店が東京オートサロンやSEMAショーなど、名だたるショーに出展したデモカーの現物は、大阪府のRYO3さんが所有している。
RYO3さんはコルベットについて「中学校ぐらいのときに憧れていた」と回想する。当時はC3スティングレイ。コークボトルと表現された、グラマラスなボディデザインが少年の心を掴んだ。
実は、RYO3さんはH2をリフトアップとローダウンで各1台所有するアメ車オーナーであり、H2の全国的なオーナーズクラブ「H2AJ」の関西支部で副支部長を務めている。H2に傾倒するカーライフだから、現在のシュッとした純正コルベットには、あまり興味を感じなかったという。
2014 シボレーコルベット フォルテスタイル
2014 シボレーコルベット フォルテスタイル
ところがあるとき、ネットで偶然フォルテのコルベットを知り、少年時代の興奮が蘇った。やがてフォルテを訪れ同店の坪井代表と話し、検討期間におよそ1年を費やして、デモカーを購入するに至ったのだ。「説明は丁寧だったし、購入に際しては提案もしてくれた。買い足しだから悩みはしたけど、買って良かったと思います」とRYO3さんは満足げに笑う。
ところで、C8が発表されたわけだが、やはり純正のデザインはRYO3さんの心に響かなかったようだ。しかし、フォルテがSNSで新型にもワイドボディでアプローチすると公開。「あそこのデザインなら興味があるなあ」と、同店の今後の展開を楽しみにしている様子だ。[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]2014 シボレーコルベット フォルテスタイル

HACH1208
フォルテのワイドボディキットは、フロントバンパー、フロントスポイラー、前後オーバーフェンダー、ドアダクト、サイドスポイラー、リアバンパー、リアディフューザーで構成。ボディ全体を流れるようなラインを結ぶ。
HACH1226



東京オートサロン2019のインポート部門で最優秀賞を受賞した、その現物をRYO3さんが購入。フォージアートのホイールは前21インチ後22インチ。元から付いているトランクスポイラーの上にGTウイングが備わる。[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]FORTE【フォルテ】
所在地:愛知県名古屋市中川区中郷2-109
TEL:052-351-0936
HP:https://www.forte-special.com[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]★写真&文/ 加藤山往[/vc_column_text][vc_separator][vc_column_text]アメ車マガジン 2019年 11月号掲載[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]

×