よりインパクトのあるスタイルの71年型チャレンジャー

クーペ

ダッジ

アメマガ2020年3月号

MOPAR

不動のDODGE

チャレンジャー

1971 DODGE CHALLENGER

不動のDODGE ダッジの魂に魅了される


1971 DODGE CHALLENGER

マイナージェンジを受けた71年型は、オルタナ的でマニアックな印象。排気ガス規制の影響を受け、エンジン出力が低下した分、ビジュアル面でのアピールが強化されているのが特徴的。ストライプはよりインパクトのあるデザインが採用されたり、R/T専用にダミーダクトが追加されたり、リアスポイラーの形状も変更されて、全体的に主張が強くなっている。

1971 DODGE CHALLENGER

それだけに、70年型こそが王道で、71年型は賛否が割れ、実際のセールス面でも劣っていたため、結果として激レアでコレクタブルな存在に。HEMIが設定された最後の年という点でもターニングポイントとなるマニアックな存在。

1971 DODGE CHALLENGER

MOPARのグラフィック&カラースキムには、優れたデザインが数多く存在するが、71年型はとりわけクールなものが多い。71年型のリアスポイラーは、前年に比べて両端がカーブして、格段に薄くなった専用品。

1971 DODGE CHALLENGER1971 DODGE CHALLENGER

スポーティーな4連装ダッシュはオプションのラリータイプ。希少オプションのタフステアリングはリプロ品。シートは数あるバリエーションの中で珍しい千鳥格子パターン。ダッシュに吹き出し口のあるファクトリーAC車。

搭載エンジンは、出力が低下する71年型で唯一変更されなかったハイパフォーマンスな340ci、4bbl。オレンジのブロックが黄色にボディに映える。トラスミッションはトルクフライと727(3速AT )。

F:トーションバー&R:リジットリーフ。若干の前傾姿勢はトーションバーの調整によるもの。王道のラリーホイールにホワイトレターのBFG(F:235/60R15、R:255/60R15)。

ハイパフォーマンスV8のエンジンサウンドがお気に入り。初めての愛車としてかつても所有しただけに、思い入れが深いモデル。モデルはマニアックながら、自然体でカジュアルに付き合っているそう。(SHIGEさん)


PHOTO & TEXT:編集部
アメ車マガジン 2020年 3月号掲載


×