スペシャルパッケージの超激レア限定車チャレンジャー Mrノーム50周年記念のGSS

クーペ

ダッジ

プラムクレイジー

チャレンジャー 50周年記念 Mrノーム GSS

アメマガ2020年3月号

ミスター・ノーム

Giovanna

不動のDODGE

チャレンジャー

2013 DODGE CHALLENGER 50th anniversary Mr. Norm’s GSS

不動のDODGE ダッジの魂に魅了される


2013 DODGE CHALLENGER 50th anniversary Mr. Norm’s GSS

現行型のチャレンジャーには、様々なスタイルのハイパフォーマンスパッケージや限定車などが存在するが、このMrノーム50周年記念のGSSは、国内では恐らく1台のみの激レアバージョン。「ミスター・ノーム」といえば、マッスルカー全盛期にドラッグレースで活躍したダッジのアイコン的存在。パフォーマンスディーラーとして、ダッジの激レアなスペシャル仕様もリリースしている。

2013 DODGE CHALLENGER 50th anniversary Mr. Norm’s GSS

この個体は、往年のダッジ・ダートの特別仕様車としてリリースしたGSSをチャレンジャーで再現し、ハイインパクトカラーの“プラムクレイジー”をまとった限定車。ルックスや希少性はもちろん、クニーベル製スーパーチャージャーで武装して650hpを発揮する高いポテンシャルが魅力。

2013 DODGE CHALLENGER 50th anniversary Mr. Norm’s GSS

70 ~71年型にオプション設定されたハイインパクトカラーの中でも、最もモパーらしい“ プラムクレイジー”をまとった特別仕様。ストライプの中にはMrノームのサインと限定モデルであるGSSのレタリング。

2013 DODGE CHALLENGER 50th anniversary Mr. Norm’s GSS2013 DODGE CHALLENGER 50th anniversary Mr. Norm’s GSS

「Mr.NORM's GSS チャレンジャー50周年記念」ロゴがシートやカーペットに刺繍で入る。ダッシュボードには、特別限定車であることを示すシリアルプレート付き。

6.4ℓのHEMIエンジンに、クニーベル製のスーパーチャージャーが装着され、最高出力は650hpを発揮する。トランスミッションは5速AT(W5A580)。

Giovannaの22インチ

元々装着されていた20インチのHurst製からGiovannaの22インチに変更。装着タイヤは、Pirelli PZERO NERO(F:265/30ZR22、R:295/25ZR22)。

何よりも、インパクトのあるルックスがお気に入り。ストックのままでも十分パワフルなHEMIエンジンにスーパーチャージャーで650hpを発揮するが、今後はヘルキャットを超えるようにカスタムを進化させるそう!(SHO-YAさん)


PHOTO & TEXT:編集部
アメ車マガジン 2020年 3月号掲載


最新記事


2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

2024/05/20

スマートなスタイルの中に安定性という機能も重視!【ブランセムボディキット】

SUV

キャデラック

デビュー直後のクルマは存在するだけで注目されるもの。だがカスタムを考えた時にパーツの少なさに直面する。そこでNEWエスカレードのためにクアートが立ち上がった。

2024/05/18

日頃のご愛顧に感謝してコーストモータリングが“感謝祭”を開催!

イベントレポート

2024/05/17

父から譲り受けたアストロが兄弟の絆を深めていく

バン

シボレー

父が大事に所有していたアストロを、18才の時に譲り受けた弟さん。そして、楽しそうにカスタムに励んでいく弟の姿を、羨ましそうに見ていたのがお兄さんだ。「俺もアストロが欲しい…」。我慢できずに即決し、アストロ兄弟としてお互いにカスタムに没頭中!

ランキング


2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

2024/05/20

スマートなスタイルの中に安定性という機能も重視!【ブランセムボディキット】

SUV

キャデラック

デビュー直後のクルマは存在するだけで注目されるもの。だがカスタムを考えた時にパーツの少なさに直面する。そこでNEWエスカレードのためにクアートが立ち上がった。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]