ラングラーのボディに力負けしない足元を演出【TEAM DAYTONA FDX-F7】

ホイール

アメマガ2020年7月号

TEAM DYATONA FDX-F7

JEEP WHEELS

TEAM DAYTONA

RAYS

AWESOME JEEP

TEAM DAYTONA FDX-F7【チームデイトナエフディーエックスエフセブン】

AWESOME JEEP 4WDの原点として存在し頂点としての実力を融合する「ジープ」


TEAM DAYTONA FDX-F7【チームデイトナエフディーエックスエフセブン】

ラングラーのボディに力負けしない足元を演出

軽さ・強さだけでなく、オフロードホイールとしての使用を念頭に入れた、耐久性においても配慮したTEAM DAYTONAシリーズ。デザインは、「抑揚を持たせるコンケイブデザインと圧倒的なリム深度からなる3次元立体造形」「様々な切削加工によるアクセント」「オンロード/オフロードどちらにも似合うフォルム」を特徴とする。「FDX F7」にも、それは十分反映されている。RAYSと刻まれたフラットセンターキャップ(ダイヤモンドカット処理で細いラインが入る)。スポークはホイールのセンターを始点に、リムに向けて伸び上がるようなコンケイブデザインが採られている。ボリュームのあるそれは骨太な印象を与え、さらに先端を二つに分かつことで、高い安定感を得ている。

TEAM DAYTONA FDX-F7【チームデイトナエフディーエックスエフセブン】

骨太な7本のスポークがリム部からセンター部にかけて沈み込んでいくようなコンケイブデザイン。スポークエンドに配したプレート調のフランジ処理は、1ピース構造でありながた小さなブロックをつなぎ合わせたような“パーツ感”を演出。ファスナー部分にはより力感をイメージさせるピアスドリルドも施されている。

TEAM DAYTONA FDX-F7【チームデイトナエフディーエックスエフセブン】


TEAM DAYTONA FDX-F7

サイズ:17x7.0J/インセット40/5H/P.C.D.127 カラー:セミグロスブラック 構造:鋳造1ピース構造 規格:JWL+R スペック1 付属品:センターキャップ、エアバルブ

FDX-F7FDX-F7-3


お問い合わせ:レイズ

TEL:06-6787-0019
URL:https://www.rayswheels.co.jp/
アメ車マガジン 2020年 7月号掲載

最新記事


2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

2024/05/20

スマートなスタイルの中に安定性という機能も重視!【ブランセムボディキット】

SUV

キャデラック

デビュー直後のクルマは存在するだけで注目されるもの。だがカスタムを考えた時にパーツの少なさに直面する。そこでNEWエスカレードのためにクアートが立ち上がった。

2024/05/18

日頃のご愛顧に感謝してコーストモータリングが“感謝祭”を開催!

イベントレポート

ランキング


2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

2024/05/20

スマートなスタイルの中に安定性という機能も重視!【ブランセムボディキット】

SUV

キャデラック

デビュー直後のクルマは存在するだけで注目されるもの。だがカスタムを考えた時にパーツの少なさに直面する。そこでNEWエスカレードのためにクアートが立ち上がった。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]