オーバーフェンダーレスのナローボディで魅せるフォルム!【1996y シボレータホ】

SUV

シボレー

2ドアのショートなボディに魅せられて

スターキーズ

タホ

ナオキモータービルド

House of American SUVs -アメリカンSUVに魅せられて-

BLUE RIVER

アメマガ2020年9月号

2ドアのショートなボディに魅せられて
1996 Chevrolet Tahoe

House of American SUVs -アメリカンSUVに魅せられて-


1996 Chevrolet Tahoe
2ドアのショートなボディに魅せられて

一枚物のガラスで後部を覆う2ドアタホのシルエットは至ってシンプル。ドアが2枚しかないことでそのフォルムが際立ち、ショートホイールベースも手伝って実にスマートな印象。そのスマートさを活かして純正車高で乗りこなすも、上げてワイルドに拍車をかけるも、どちらも甲乙付けがたい魅力を放つ。

オーバーフェンダーレスのナローボディで魅せるフォルム!

エスカレードにタウンカー、アストロなど、アメ車歴の多いWATARUさん。様々なアメ車に乗るなかで辿り着いた彼の〝キング・オブ・アメ車〟が2ドアタホ…ではなく、実はシングルショートのK1500に恋焦がれているとか。しかし、探せど探せどレアな個体だけになかなか見つからず、奥さんからもリクライニングもしなくてフロントシートしかないトラックはちょっと…と家庭の事情も重なり、ボディサイズや足回りなどシングルショートのK1500に通じるギミックの多い2ドアタホの購入に踏み切った。

スクエアなフォルムを色濃くするため、オーバーフェンダーを潔く取り去って穴を埋めてスムージングしてまで、このナローボディにこだわったのはそんな理由だったりする。また、この手の四駆スタイルとしては割とマニアックな17インチのバドニックを履いたり、スリム&シャープな454SSミラーの換装など、個体こそSUVではあるがカスタムの方向性としては四駆をイメージしたアイテムが多いことも特筆物。

DSC_2719

乗り始めるまでは、とりあえず2ドアタホで我慢して良い個体に出会えたらK1500に乗りかえるつもりだったけれど、後部座席やリクライニングは便利。また、スクエアフォルムも、乗れば乗るほどに愛着が湧いてきているそうで、最近は整備やメンテナンスにお金をかけて、長く乗るための準備を進めているらしい。

DSC_2685DSC_2683

6穴の4WD用としては珍しいバドニック17インチに285/70R17のオールテレーンタイヤを装着。フェイスだけを切り取ると憧れのK-1500と同じだ。このスタイルも捨てがたいが、せっかくのスクエアボディなのでリフトアップして15インチのアルコアチャレンジャーに隣のタホみたいな35インチあたりを履くのも悪くないかな? とカスタムを構想中。

DSC_2714DSC_2704

ミラーは小ぶりでスマートな454SSミラーへ換装。VORTECはTBIよりも坂道に強い印象で、2ドアならではの軽さも手伝ってパワー的な面での不満は一切なし。カスタムに着手するよりも、まずはコンディションを整えるべきとナオキモータービルドで徹底的にメンテナンスを施している。

DSC_2690 DSC_2699

助手席側にエアバックがなく、ダッシュ部分にカップホルダーが備わる96年モデル。ビレットステアリング&コラムシフトのアクセントとモケットインテリアの組み合わせもラフな雰囲気で好印象。

DSC_3110

OWNER : WATARU


Thanks:Naoki Motor Build【ナオキモータービルド】

TEL:072-236-7300
HP:https://naoki-mb.co.jp

Thanks:BLUE RIVER【ブルーリバー】

TEL:0725-56-6400

Thanks:STARKEY'S【スターキーズ】

HP:https://www.starkeys-ilf.com
PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2020年 9月号掲載

最新記事


2024/02/27

走りを追求するクルマからモーターホームまで対応!【WOT'S】

ショップ

アメ車専門店と言っても、マッスルカーやSUV、さらにはモーターホームなど、ジャンルで別れるのが殆ど。だが、それらすべてを扱うオールジャンルなアメ車専門店と言えるのが、熊本のワッツだ。

2024/02/26

アナタ好みのキャンピングカー造ります【VORTEX YOKOHAMA】

バン

キャンピング

シボレー

誰に気兼ねすることなく自由を追い求めてキャンプを楽しむのであれば、既成ではなくトコトンこだわり抜いた仕様へと仕上げられた内装のキャンピングカーで謳歌したくはないだろうか?それを具現化してくれるのがヴォルテックス横浜だ。

2024/02/23

マッスルカーライフを満喫!我が家の家訓、男なら“男らしいクルマ”に乗れ!

クーペ

ダッジ

高校生の頃に乗ると決めたチャレンジャー。父の援助もあって購入したから、父にも乗る権利はある。そんな息子のチャレンジャーに乗ると余りにも楽しすぎて、内緒で自分もチャレンジャーを購入。友人のような関係を築きながら、マッスルカーライフを満喫するオーナーさん親子を紹介しよう!

2024/02/22

長年に渡って見続けてきた老舗アメ車ショップにOBS の“イマ”を聞いた【ブルーリバー】

ショップ

1990年代から2000年代初頭のアストロブームと共に、アメ車シーンをけん引してきた関西の老舗アメ車専門店ブルーリバー。OBSの過去と現在を知る有識者として、当時から25年に渡ってブルーリバーを守り続ける代表の山倉氏に話を伺ってきた。

ランキング


2024/02/27

走りを追求するクルマからモーターホームまで対応!【WOT'S】

ショップ

アメ車専門店と言っても、マッスルカーやSUV、さらにはモーターホームなど、ジャンルで別れるのが殆ど。だが、それらすべてを扱うオールジャンルなアメ車専門店と言えるのが、熊本のワッツだ。

2024/02/26

アナタ好みのキャンピングカー造ります【VORTEX YOKOHAMA】

バン

キャンピング

シボレー

誰に気兼ねすることなく自由を追い求めてキャンプを楽しむのであれば、既成ではなくトコトンこだわり抜いた仕様へと仕上げられた内装のキャンピングカーで謳歌したくはないだろうか?それを具現化してくれるのがヴォルテックス横浜だ。

2021/03/15

【注目のアメリカン雑貨】大阪の老舗ブランド、アンダーウッドが同業者の買い付け地に!

ショップ

大阪府吹田市の閑静な住宅街にあるユニークなショップ「アンダーウッドブランド」。ヴィンテージカーやオートバイからアパレル、多肉植物など幅広いアメリカンアイテムが豊富。同店はヴィンテージ・アイテムの素晴らしいコレクションを展示するだけでなく、カスタムカーやオートバイのレストアなど様々なサービスも提供しており、一度は訪れるべきショップ!
UNDERWOOD BRAND【アンダーウッドブランド】

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】