【ブロンコ愛】ヴィンテージSUVの魅力と運転の楽しさを語る

SUV

アメマガガールズ

フォード

アメ車女子

アメマガ2020年9月号

House of American SUVs -アメリカンSUVに魅せられて-

アメ車女子のライフスタイル

ブロンコ

1980年型フォード・ブロンコを所有し、大型アメ車、特にSUVに情熱を燃やすオーナーを取材。ヴィンテージカーを所有する友人たちの影響で、現代のクルマにはない個性のあるクルマに乗りたい!と感じ、エクスプローラーに乗り換え、最終的にブロンコに落ち着いた。愛車であるブロンコについてや、運転する喜び、満足感について紹介している。

1980 FORD BRONCO

House of American SUVs -アメリカンSUVに魅せられて-


1980 FORD BRONCO

現行モデルの新車なら、欲しい色やグレードは選びたい放題。中古車でも多少は探すだろうが、ビンテージと比べたら遥かにタマ数は多い。ここで紹介する前澤さんは、大好きなグリーンでしかも一番乗りたいのが80 年型というこだわり。でも情熱があれば巡り会うことはあるようで理想のブロンコに手にすることができたのだ。

スタイル良し走りもグッド80年型ブロンコを即決!

元々大きなアメ車、とりわけSUVが欲しかったが、どちらかというと小柄な前澤さん。厳格なお父さんのお許しが出ず、免許を取って最初に乗ったクルマはデミオ。運転していて全然楽しくないし、やっぱり自分が欲しいクルマに乗ろう! と一大決心をし、エクスプローラーに乗り換える。「確かに大きかったですけど一つの挑戦というか、不安よりも乗りたいという好奇心が勝りましたね」と、当時を振り返る。

 

そんな前澤さんがブロンコに乗り換えるきっかけを聞くと「周りに何人もアメ車オーナーの友人がいるんですが、その多くがビンテージに乗っていて、そこからの影響が大きいですね。2019年の秋からブロンコを探し始め、手に入れたのは2020年の2月です。

1980 FORD BRONCO

個人的には同じ3代目でも、86年とかは好みじゃなく、たまたま友人が東海カーズによく遊びに行っていて『ブロンコあるよ~』と連絡が。見に行ったら、リフトアップしているし、スタイルも自分の好みに合っていてGOOD!後日試乗させて貰ったらとにかく楽しくて、即決しちゃいました♪」と語る。

 

現代のクルマは顔回りばかり強調されていて、全部同じに見えてしまう。それに対しビンテージの方がボディラインにメリハリがあるし、しっかり個性が出ているのも魅力の一つだそうだ。撮影が済んで前澤さんの後ろに付いて走ったが、女性らしからぬ思い切りの良い走り。ブロンコのような、トルクフルなクルマに憧れる理由が分かった気がした。

_N6I7441_N6I7453

レカラのステアリングに変更し、ダッシュボードマットなどを追加するが、基本的にオリジナルの車内。シートのモケット部分が擦り切れているが、前澤さんは、これも味わいだと全く気にしていない様子だ。

_N6I7432

エンジンは5.7Lの351を搭載。トランスミッションはコラムの3AT を組み合わせる。圧倒的な加速力が豪快で、彼氏に一度運転させたら「ど楽しい!」とご満悦の様子だったそうだ。

_N6I7646_N6I7412

FORD独自のツイントラクションビームと呼ばれる独立懸架方式をフロントに採用。いわゆるリジッドアクスルを2本組み合わせたような形状となる。なお、リヤはコンベンショナルなリーフリジッドを採用する。ちなみにショックのブーツは、カーズ細井さんの好意でボディ同色に変更している。

_N6I7399

ライムグリーンが非常に鮮やかで、とにかく目立つことがお気に入りとのこと。フューエルリッドには遊鷹さんによるグラフィックが施される。カスタムなどは興味がないそうだが、テールゲートにも追加したいとか。

_N6I7633_N6I7424

前澤さんが80年型にこだわった理由の一つが、FORDのロゴとフェンダーのBRONCOエンブレム。82年以降はボンネットの先端からグリルに移動し、おなじみの楕円のエンブレムに変更されており、BRONCOのエンブレムは廃止となっている。

1980 FORD BRONCO

前澤 茉菜実さん

リフトアップし35インチのATタイヤを装着するので、全高は2mを優に超える。そんな巨体のブロンコを易々と運転する前澤さんは、どちらかというと男勝りな性格。天気がよければ、屋根の上は休憩所として活用しているそう。「クルマは乗り物」を、かなり拡大した解釈で活用している。

_N6I7529

Cooperations:Tokai Cars【東海カーズ】

TEL:0533-86-8890
E-mail:info@car-s-mm.com
Photo 浅井岳男
Text 空野 稜
アメ車マガジン 2020年 9月号掲載

最新記事


2024/02/28

カスタムショップをコンセプトに尖った個性で人気のお店【THE KOBY'S】

ショップ

18歳の頃から“いつか自分のお店を持ちたい!”という夢を掲げてきた高味さん。そんな思いを抱きつつもあっという間に10年が過ぎ、このまま30代へと突入してしまったら夢のまま終わらせてしまうと、一念発起!

2024/02/27

走りを追求するクルマからモーターホームまで対応!【WOT'S】

ショップ

アメ車専門店と言っても、マッスルカーやSUV、さらにはモーターホームなど、ジャンルで別れるのが殆ど。だが、それらすべてを扱うオールジャンルなアメ車専門店と言えるのが、熊本のワッツだ。

2024/02/26

アナタ好みのキャンピングカー造ります【VORTEX YOKOHAMA】

バン

キャンピング

シボレー

誰に気兼ねすることなく自由を追い求めてキャンプを楽しむのであれば、既成ではなくトコトンこだわり抜いた仕様へと仕上げられた内装のキャンピングカーで謳歌したくはないだろうか?それを具現化してくれるのがヴォルテックス横浜だ。

2024/02/23

マッスルカーライフを満喫!我が家の家訓、男なら“男らしいクルマ”に乗れ!

クーペ

ダッジ

高校生の頃に乗ると決めたチャレンジャー。父の援助もあって購入したから、父にも乗る権利はある。そんな息子のチャレンジャーに乗ると余りにも楽しすぎて、内緒で自分もチャレンジャーを購入。友人のような関係を築きながら、マッスルカーライフを満喫するオーナーさん親子を紹介しよう!

ランキング


2024/02/27

走りを追求するクルマからモーターホームまで対応!【WOT'S】

ショップ

アメ車専門店と言っても、マッスルカーやSUV、さらにはモーターホームなど、ジャンルで別れるのが殆ど。だが、それらすべてを扱うオールジャンルなアメ車専門店と言えるのが、熊本のワッツだ。

2024/02/26

アナタ好みのキャンピングカー造ります【VORTEX YOKOHAMA】

バン

キャンピング

シボレー

誰に気兼ねすることなく自由を追い求めてキャンプを楽しむのであれば、既成ではなくトコトンこだわり抜いた仕様へと仕上げられた内装のキャンピングカーで謳歌したくはないだろうか?それを具現化してくれるのがヴォルテックス横浜だ。

2021/03/15

【注目のアメリカン雑貨】大阪の老舗ブランド、アンダーウッドが同業者の買い付け地に!

ショップ

大阪府吹田市の閑静な住宅街にあるユニークなショップ「アンダーウッドブランド」。ヴィンテージカーやオートバイからアパレル、多肉植物など幅広いアメリカンアイテムが豊富。同店はヴィンテージ・アイテムの素晴らしいコレクションを展示するだけでなく、カスタムカーやオートバイのレストアなど様々なサービスも提供しており、一度は訪れるべきショップ!
UNDERWOOD BRAND【アンダーウッドブランド】

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】