家族のことを思えば エクスプロラーが一番です!

SUV

アメマガガールズ

フォード

アメマガ2019年10月号

HPP

アメ車女子のライフスタイル

埼玉県

アメマガガール

アメ車女子

エクスプローラー

#アメ車女子のライフスタイル
アメマガガール MISATO
2016 FORD EXPLORER Titanium


2016 FORD EXPLORER Titanium

アメマガガール、2016 フォード エクスプローラー タイタニアム、2016 FORD EXPLORER Titanium

彼女たち流のアメ車との付き合い方

今とにかく女性たちが元気で、興味のあるモノにはとにかくどん欲。さらにSNSを駆使しての情報発信能力も高い。そんな女性たちの中にはアメ車を所有している人もいて、楽しんでいる様子が数多くSNSに投稿されている。

しかし、SNSで分かることはごく一部。そこで本誌特集「AMEMAG GIRL」では、彼女たちがどういった経緯でアメ車と関わる様になったのか、愛車を選んだ理由にはどんな思いがあったのか、そしてどんなライフスタイルを送っているのかなどを掘り下げて、アメ車ライフを謳歌する女性オーナーたちの素顔を覗いちゃいます!

クルマの所有は結婚するまで一度もなかったけど、外車好きの旦那さんが充里さん用に様々なクルマを購入し、否応なく買い物や子供の送り迎えに使うことになる。定期的に変わるクルマのなかで、一番乗りやすかったのが前に乗っていたエクスプロラー。彼女が初めて口にした要望が、もう一度エクスプロラーが欲しい!

 

入院して帰ってきたらまたクルマが変わってた

アメマガガール、2016 フォード エクスプローラー タイタニアム

owner : MISATO

撮影場所である埼玉県の HPP に、エコブーストの エクスプロラー らしからぬマフラー音を響かせ到着した、充里さん夫婦と元気一杯な凛ちゃん&太陽くん。旦那さんは、過去に愛車 マスタングコルベット のチューニングモデルを紹介した、大のクルマ好き。その際に「奥さんもアメ車乗りですよ」ということから、今回の撮影となったのだ。


三人のお子さんを育てる充里さんは、結婚するまでクルマを所有したこともなく、必要なときだけ実家のクルマを借りる程度で、正直クルマには無関心だった。しかしそんな彼女も、今では数々の欧州車、アメ車の愛車遍歴を持つ。

そう、クルマ好きの旦那さんが、自分用とは別に充里さん用としてクルマを購入しているのだ。しかも彼女の意見は聞かず、面白そうなクルマという理由で購入し、自分がチョット乗って飽きたら売却してしまう。「クルマがコロコロ変わるのは慣れました。今あるクルマを運転するしかないですよね。過去のクルマは、ハッキリ全部は覚えてないです(笑)」。
アメマガガール
そんな記憶にないクルマも多いなか、唯一「良かった」と思えたクルマが、現行前期型の エクスプロラー 。「家族みんなが乗れて、楽に運転できるし今までの中で一番だったんですが、下の子の出産入院から帰ってきたらクルマが変わってたんです。家族が増えるのに座席が減ってるから、さすがに文句言いましたよ(笑)」。

アメマガガール

これについて、旦那さんは「サプライズのつもりだったんですけど…」と苦笑い。今まで一度も購入するクルマの要望を出さなかった彼女だが、「家族のためにやっぱりエクスプロラーが欲しい」と意見を出し、サプライズ(?)で購入されたクルマを即売却。そして、年式も新しくなった16年型エクスプロラーが納車されたのだ。


アメマガガール、2016 フォード エクスプローラー タイタニアム
だが、これで一件落着かと思いきや、ちょうど旦那さんの手元に愛車が無い頃で、「クルマを借りるよ」と言われたまま、しばらくクルマは戻ってこなかった。そして数週間後に戻ってきたクルマは、旦那さん曰く「日本で一番速いエクスプロラー」にチューニングされていた。「パパのクルマがなく、遊ぶおもちゃが無かったからでしょうね。

クルマが変わらなかっただけイイです。」と、充里さんは渋々納得したようだ。しかし実は旦那さん、密かにオールペンも検討しているとか。もちろん、充里さんには相談していない。もしかしたら、また突然、彼女の前からクルマが消え、ボディカラーが変わって現れるかもしれない。充里さん、こんなクルマ好きなパパを許してあげて!

2016 フォード エクスプローラー タイタニアム、2016 FORD EXPLORER Titanium

当時旦那さんの愛車が無かったため、クルマイジりがうずき、充里さんのエクスプロラーを内緒でチューニング。HPPオリジナルCPUデータ、aFeインテークキット、ダウンパイプ、ブリスク・スパークブラグ、マグナフローマフラー、ブレーキパッド&ローター交換がメニュー。ホイールはニッチェの22インチ。ちなみに、ボディにプラチナムのエンブレムがあるが、グレードは正確にはタイタニアムだ。


Thanks: HPP
TEL:048-577-7341
HP:https://www.hpp-jpn.com


Photo:古閑章郎
アメ車マガジン 2019年 10月号掲載


最新記事


2024/05/24

自由気ままにアレンジ それがマイスタイル【1970 シボレーC-20】

ピックアップトラック

ビンテージ

シボレー

アクションラインのニックネームで親しまれているC/Kシリーズのセカンドジェネレーション、1970年型C-20を愛車とするオーナーさん。手に入れるや否や「ワークトラック」という方向性を定め、躊躇することなく思いを形に仕上げていっている。

2024/05/23

40フィートのコンテナを店舗にスケールアップ!【パラダイスバーガー】

ショップ

2024/05/23

古き良きアメリカの世界観/SONORAN ディープコンケイブで魅せる/FARM D10

ホイール

2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

ランキング


2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

2024/05/23

古き良きアメリカの世界観/SONORAN ディープコンケイブで魅せる/FARM D10

ホイール

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。