1997年の新車購入から四半世紀を経てフルリメイクを敢行!【1997 シボレー サバーバン】

SUV

シボレー

アメマガ2023年2月号

やっぱり OBS!

オールドボディスタイル

サバーバン

OBSを語る上で新車からずっと乗り続けているオーナーは非常に興味深い。それがスラムドサバーバン界の重鎮且つ、ショーカーで普段使いまでこなす強者となればなおさらだ。そこで濱田さんに登場頂いた次第だ。

やっぱり OBS!


HRCSを目標に1年以上を費やしたビッグプロジェクト

1997 CHEVROLET SUBURBAN

サイドフェンダーからコーナーパネルバンパーまでを一体化させてファントムグリル化したフロントフェイスが印象的なサバーバン。さらにイントロホイールをセットバックしてリム面の半分近くを覆うナロード加工に、サイドシルカットによるローダウン。その着地っぷりは真正面、真後ろから見ると完全にタイヤを取り去った様に見えるレベルで、様々なイベント会場ではアワード常連のメジャーリーガー。バルフォーエスで製作した期間は確か旧店舗の時代からであり、仕上がったのが14年前。本誌でも数回取り上げさせてもらい、各地イベントで見るたびに人だかりが絶えなかった様子が記憶に新しい。

 

そんな同車両も既に25年、ショーカーとなってから14年が経過。普段乗りとしても愛用するだけに大事に乗っていても経年劣化による摩耗は致し方ないところである。四半世紀を迎え、当時20代だった濱田さんは50代に突入、この先を見据えて一念発起! カスタム魂を再燃させて、横浜で開催のホットロッドカスタムショー2022を目標にフルリメイクを敢行した次第。

塗装のヤレた純正のグリーンは、深みのあるオリジナル調色のエメラルドグリーンへオールペイント。この色合いが非常に奥深く、写真の様に上からのアングルで光の当たらない角度だとかなりダークに見えて、ストロボで照らすと深みのあるグリーンが反応する。控えめでシンプルに取り入れられたピンストライプも落ち着いた大人に相応しいアクセントだ。

 

一方、内装はキャメルレザーでオリジナルの良さを残しつつシートデザインを変更。天張りまでレザーで張り替えて、フロアマットには今回製作に携わったショップのロゴをあしらう。エアサスのシステムは当時物をストックしてあり、ファミコンコントローラーも健在。この先さらに25年間頑張ってもらい半世紀を共にするべくクリーンな状態へと蘇らせた。2022年11月6日に開催されたトラックマスターズファイナルでは見事ベストオブトラックマスターズを受賞。

メインカットの様に、見る角度によっては黒っぽく見えたりする、深みのあるオリジナル調色のエメラルドグリーン。ギラッと光が当たるとその色味が際立つところが最高にクールで、ピンストライプのアクセントもエンド部分のアレンジがアーティスティック。塗り分けの難しいファントムグリルまで繊細に塗装している点も特筆物だ。

14年前、ボンネットを開けてみたこの景色に衝撃のインパクトを受けた。タイヤがここまでカツカツに攻めてきて、ギリギリボンネットやフェンダーとのクリアランスを保って着地させていることに、ビルダー岡野氏の情熱と技術力の高さを称賛した。その技術は何年経過しても色褪せず、イベント参戦ごとにリム裏まで徹底して磨くことを怠らない濱田氏の姿勢も相まってクリーンコンディションを維持し続けている。

純正のグレーモケットインテリアからキャメル一色に総張り替えされたインテリア。ダッシュ部分や内貼り、天井にフロアマットまでのすべてをリフレッシュすることで新車の様なクリーンな雰囲気。シート形状はデザインそのものを変更しつつ、アームレスト部分にはスマホがピッタリ収まるフォルダを追加するなど、さりげなく使い勝手を向上。細かい部分ではあるが、シートベルトの色やシート台座のグレーまで徹底的に同系色で纏める点に一切の妥協を辞さない姿勢が窺える。


1997 CHEVROLET SUBURBAN with Masahiro Hamada


PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2023年2月号掲載


関連記事

RELATED


スクエアなスタイルと扱いやすいサイズが魅力♡【1995 シボレー タホ】

自動車メーカーが女性向けのクルマを開発すると、どういう訳か「コンパクト/丸っこい形/ピンクなどの明るい色」で纏めがち。でも、女性らしさ…という考え方はイマドキではないし、そんな時代を先取りしたakaneさんのカーライフを紹介しよう。

2ドアタホは小回りが効いてフォルムも美しい!

ひと昔前までは日本の一般的な駐車場にギリギリ収まる全長約5mの4枚ドアが断然人気だったタホ。しかし、ここ最近は2ドアのショートボディの人気が急上昇中。その理由と魅力についてナオキモータービルドの在庫車両をモデルに検証してきた。

ツーリングで偶然見かけた 空き店舗をフルリノベーション!【ROUTE 65】

クルーキャブのロングベッドに乗って、本誌イベントをはじめ様々なミーティングに参加している池田さん。OBS界髄一の超ロングホイールベースは、どこに出没しても注目の的。そんな彼が大阪府の最南端でアメリカンダイナーをオープン!

やり尽くしたOBSで令和の時代を走る贅沢!

シンプルにオリジナル志向で乗っても、ガッツリカスタムして乗っても様になるOBS。中でも当時のカスタムカルチャーを色濃く残した個体は、マニアの間でも人気急上昇中。紹介するC-1500ファントムデューリーはまさに、1990年代のカスタムシーンを彷彿とさせるマニア必見の個体だ。

NASCARトラック的なアプローチの「美」C1500

レギュラーキャブのC1500をスポーツトラックとして満喫するべく、あえてのV6搭載車。フロントミッドのレイアウトは重量バランスも良く、モディファイしたV6は十分なトルクと軽快なレスポンスを両立する。

 

最新記事


2024/04/19

老若男女、誰からも愛される、お店のマスコットとして活躍【アーラキッチン】

バン

198号線(河内長野美原線)から一本離れたローカルロードに店舗を構えるアーラキッチン。田園風景に馴染む様に佇む黄色いスクールバス、そして大きなどんぐりの木は、メインストリートからでも一際目を引く!

2024/04/18

自然な流れのボディパーツにカナードを追加で進化を遂げる【エッジカスタムズ チャレンジャー F】

クーペ

ダッジ

日本はもちろん、世界中のチャレンジャーカスタムを牽引するLUXZ。2021年に登場した初のフルバンパー仕様となる「CHALLENGER F」。そのエボリューションモデルが完成したので、早速紹介しよう!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

ランキング


2024/04/18

自然な流れのボディパーツにカナードを追加で進化を遂げる【エッジカスタムズ チャレンジャー F】

クーペ

ダッジ

日本はもちろん、世界中のチャレンジャーカスタムを牽引するLUXZ。2021年に登場した初のフルバンパー仕様となる「CHALLENGER F」。そのエボリューションモデルが完成したので、早速紹介しよう!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】