JL型のルーツともいえるTJラングラー型を後世に残すために徹底的なリメイクを施す。

SUV

ジープ

アメマガ2022年1月号

TJラングラー

ラングラー

トランプカースクエア

静岡県

Jeepといつまでも

ラングラーアンリミテッドサハラ

JLラングラー

Jeep TJ Wrangler
Jeep JL Wrangler Unlimited Sahara

ジープといつまでも!~Stand by me forever~


Jeep TJ Wrangler Jeep JL Wrangler Unlimited Sahara

往年の造形美を絶妙なカスタマイズで表現!

ラングラーの2世代目となるTJ型は、それまでのラングラーの硬派たるスタンスを崩すことなく、サスペンションを一新したモデル。トランプカースクエアでは、JL型のルーツともいえるTJ型を後世に残すために〝できる限り新車時に近い状態に戻す〟という考えのもと、徹底的なリメイクを施し、ラングラーファンに提供している。

 

同社が手掛けるリメイクはとにかく徹底しており、手を入れる部分は多岐に渡る。水回りやセンサー類、ブレーキなど、走行安定性に関わる部分は、不具合の有無に関係なく新品パーツへ交換される。下回りは、サビを除去し再塗装し新車の様な仕上がりに。内装はすべてのパーツを外して徹底的にクリーニングする。樹脂パーツ類は黒さを長期に渡り維持できるように塗装を施す入念ぶり。

 

こうしたリメイクと言うよりは、レストアと言っても過言ではないほどブラッシュアップされた車両は、販売車両として店頭に並ぶことになる(半年間走行距離無制限の保証が付く)のだが、その販売価格は決して安くはない。 しかし、その仕上がりはマニアも納得の美しさ。全国から同社が手掛けたTJ型を求める声は絶えないのだ。ちなみにベースに使われるTJ型は、自社で販売した管理車両か、フルノーマルで状態の良いものばかり。ここに紹介するTJ型も、同社が手掛け作品なのである。

Jeep TJ Wrangler

TJ型のエクステリア&インテリアに使われる艶やかなブルーはコグネブルーと言い、施主のこだわりが詰まったカラーである。前後のバンパー、ソフトトップの3つは、90年代当時から変わらぬ3種の神器として今なお受け継がれるカスタムスタイル。それを主軸にサスペンションの変更でリフトアップし、オーバーフェンダーをセットして大径タイヤの履きこなし、施主が求めるTJ型カスタマイズの伝統を継承した造形美へと導いている。ホイールカラーまで黒とする徹底したブルー×ブラックのカラーコーデにより、こだわりのコグネブルーが際立っている。

 

インテリアのカラーコーデもコグネブルーが主役。ダッシュボード、インパネ、センターコンソールを同色にペイント。ブルーのシートカバーはトランプカースクエアのオリジナル。ステアリングとシフトノブはウッド製を選択しアクセントに。こうして夏のビーチに映えるインテリアは完成した。

3M7A2656 3M7A2659

足回りは、ラフカントリーの2.5インチアップキットをインストール。これにプロコンプ7031(15インチ)+BFG00drich All-Terrain T/A KO2(32×11.50R15) を組み合わせている。新車然としたアーム類の美しさにも注目してもらいたい。

3M7A2843 3M7A2847 3M7A2667

タックロール風のオリジナルシートカバー、ダッシュボード、インスツルメントパネル、ドア内張を同色にペイント。クラシカルな雰囲気は、ウッドステアリング(グラント製)、シフトノブ(オリジナル)の絶妙なパーツコーデによるところが大きい。

Jeep JL Wrangler Unlimited Sahara

トランプカースクエアでは、TJ型をレストモッドするほか、JK型やJL型などの現代車のモディファイも手掛けている。ここに紹介するJL型には、TJ型前期サハラのハードトップをカラーリングで再現しクラシックな雰囲気を持たせる、ヘリテージパッケージが施してある。このパッケージは、新車コンプリートとしても購入できる。

3M7A2713 3M7A2754

ホイールは18インチのKMC IMPACT。カラーはシルバーを選択。タイヤはYOKOHAMA ジオランダー M/T G003(35×12.50R18LT)をセット。足回りはラフカントリー製2.5インチリフトアップキットに換装。

3M7A2749 3M7A2740

35サイズのタイヤをインストールするために、エルフォード製オーバフェンダーを装着。フロントバンパーの裏はジェップセンのハーネスカバーで保護する。


TRAMP CAR SQUARE【トランプカースクエア】

TEL.053-431-3123
URL.https://www.trampcar.com
アメ車マガジン 2022年 1月号掲載

最新記事


2024/02/28

カスタムショップをコンセプトに尖った個性で人気のお店【THE KOBY'S】

ショップ

18歳の頃から“いつか自分のお店を持ちたい!”という夢を掲げてきた高味さん。そんな思いを抱きつつもあっという間に10年が過ぎ、このまま30代へと突入してしまったら夢のまま終わらせてしまうと、一念発起!

2024/02/27

走りを追求するクルマからモーターホームまで対応!【WOT'S】

ショップ

アメ車専門店と言っても、マッスルカーやSUV、さらにはモーターホームなど、ジャンルで別れるのが殆ど。だが、それらすべてを扱うオールジャンルなアメ車専門店と言えるのが、熊本のワッツだ。

2024/02/26

アナタ好みのキャンピングカー造ります【VORTEX YOKOHAMA】

バン

キャンピング

シボレー

誰に気兼ねすることなく自由を追い求めてキャンプを楽しむのであれば、既成ではなくトコトンこだわり抜いた仕様へと仕上げられた内装のキャンピングカーで謳歌したくはないだろうか?それを具現化してくれるのがヴォルテックス横浜だ。

2024/02/23

マッスルカーライフを満喫!我が家の家訓、男なら“男らしいクルマ”に乗れ!

クーペ

ダッジ

高校生の頃に乗ると決めたチャレンジャー。父の援助もあって購入したから、父にも乗る権利はある。そんな息子のチャレンジャーに乗ると余りにも楽しすぎて、内緒で自分もチャレンジャーを購入。友人のような関係を築きながら、マッスルカーライフを満喫するオーナーさん親子を紹介しよう!

ランキング


2024/02/27

走りを追求するクルマからモーターホームまで対応!【WOT'S】

ショップ

アメ車専門店と言っても、マッスルカーやSUV、さらにはモーターホームなど、ジャンルで別れるのが殆ど。だが、それらすべてを扱うオールジャンルなアメ車専門店と言えるのが、熊本のワッツだ。

2024/02/26

アナタ好みのキャンピングカー造ります【VORTEX YOKOHAMA】

バン

キャンピング

シボレー

誰に気兼ねすることなく自由を追い求めてキャンプを楽しむのであれば、既成ではなくトコトンこだわり抜いた仕様へと仕上げられた内装のキャンピングカーで謳歌したくはないだろうか?それを具現化してくれるのがヴォルテックス横浜だ。

2021/03/15

【注目のアメリカン雑貨】大阪の老舗ブランド、アンダーウッドが同業者の買い付け地に!

ショップ

大阪府吹田市の閑静な住宅街にあるユニークなショップ「アンダーウッドブランド」。ヴィンテージカーやオートバイからアパレル、多肉植物など幅広いアメリカンアイテムが豊富。同店はヴィンテージ・アイテムの素晴らしいコレクションを展示するだけでなく、カスタムカーやオートバイのレストアなど様々なサービスも提供しており、一度は訪れるべきショップ!
UNDERWOOD BRAND【アンダーウッドブランド】

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】