ローダウン&エアロパーツというスタイルを築き上げたエルフォード

SUV

ジープ

ラングラールビコン

アメマガ2022年1月号

ラングラー

エルフォード

Jeepといつまでも

ラングラーアンリミテッドサハラ

JLラングラー

埼玉県

JL WRANGLER UNLIMITED SAHARA
JL WRANGLER RUBICON

ジープといつまでも!~Stand by me forever~


JL WRANGLER UNLIMITED SAHARA
JL WRANGLER RUBICON

ジープらしさを引き出すデザイン、快適性や機能性もしっかりと盛り込む

4WDのカスタム=リフトアップという固定概念を打ち崩し、ローダウン&エアロパーツというスタイルを築き上げたエルフォード。最近ではアウトドアブームの影響もあってサゲるユーザーはやや減少気味だが、エアロパーツの製作で培った高い技術を生かすことで、見た目だけでなく軽さを重視したファイバーパーツをリリース中だ。

 

オーバーフェンダーや軽量ボンネットはエルフォードの十八番と言えるアイテムだが、特筆すべきはやはりフロントのエクストリームバンパーやアンダープレート。一見するとスチール製の様な重厚さや、その名の通り荒々しい雰囲気を感じるが、実は素材にFRPを採用。本格的にオフロードを走るなら金属バンパーの方が適しているが、ジープらしいスタイルにカスタムしたけれど、街乗りがほとんどで回頭性をスポイルしたくない人にはファイバー製の方が適している。

JL WRANGLER UNLIMITED SAHARA

サイドステップ以外のエクステリアパーツはショート/アンリミテッド共通となっているので、より多くのユーザーが「軽さ」という利点を実感できる。また左右4本出しのウルトラパフォーマンスマフラーは、スポーティな形状でありながら、しっかり車検にも適合。カスタムしても安心して乗れるのが、エルフォードの真骨頂でもある。

 

今や見かけない日はないと言えるほど爆発的なヒットとなっているJLラングラー。もちろんそのほとんどはアンリミテッド。日常のタウンユースから非日常のレジャーまで、1台でこなせる真のマルチパーパスビークルと言える。

 

そんなアンリミテッドをベースに、エルフォードの様々なアイテムを追加。30mmリフトアップし、タイヤサイズを35インチとすることで、立派なオフロードスタイルの出来上がりと言えるだろう。

 

今回、やや大きめの岩が並ぶ河原で試乗を行なったが、どこもぶつかるような不安感は皆無。過信は禁物だがどこでも走れてしまいそうに思えたほどだ。手当たり次第にパーツを装着しなくても、ポイントを抑えるだけでJEEPらしさを強調できるし、前述しているように軽さを重視したパーツをチョイスすることで、運動性能の悪化もない。スタイル/快適性/運動性のバランスを、見事に調和させた1台に仕上げられている。

_45I0358 _45I0490 _45I0345

まるで金属製のような、エッジの効いたデザインを採用するエクストリームバンパー。純正ソナーやフォグが移植可能となっている。軽さとエンジンルーム内の冷却効果が期待できる軽量ボンネット。フードの裏にはパネルが装着され、エンジンに雨水がかからない。コンパクトなLEDランプを5つセットし、アメリカンな雰囲気を演出できるルーフマーカーランプ。装着は両面テープで加工は不要。

_45I0385 _45I0339 _45I0458

ノーマルフェンダー延長した様な、25mmワイドフェンダー。車高だけでなく横方向に広げることで、一回り大きなスタイルとなる。後席部分だけ下げることで、乗降性にも配慮したサイドステップ。取り付け部を無段階で調整できるので、出幅を好みで変更可能だ。スマートなリアビューが演出できるリアスムージングパネル。純正のハイマウントブレーキはワイパーモーターの上に移設可能。

_45I0428 _45I0508

オリジナルの30mmリフトアップスプリングを装着。マフラーはスクエアなテール形状のタイプX。メインサイレンサーをカバーするプレートも装着。

JL WRANGLER RUBICON

街で見かけるJLラングラーのほとんどはアンリミテッドだが、「やっぱりJEEPはショート!」と謳うマニアなユーザーも一定数はいる。そんなユーザーに朗報なのが、エルフォードのバンパー/オーバーフェンダー/ボンネットは、ショートモデルにも装着可能ということ。また現時点ではルビコンのみだが、ウルトラパフォーマンスマフラーも発売中。今後はショートのスポーツ用マフラーも計画しているので、ユーザー諸君は期待して待つべし。

_45I0127 _45I0031 _45I0320 _45I0019 _45I0038 _45I0064


ELFORD【エルフォード】

TEL.048-966-3551
URL.https://www.elford.co.jp
アメ車マガジン 2022年 1月号掲載

最新記事


2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/16

アメ車マガジン2024年6月号 絶賛発売中!

雑誌

2024/04/15

ワンオフ加工で個性を最大限に引き出す【ジェットシティ】

オープン

シボレー

個性的なカスタムを世に送り出すジェットシティには、オーナー自らが持ち込むパーツ装着の依頼も多い。時には他車種のパーツもあるのだが、それすらも違和感なくフィッティングさせるのがジェット流。

2024/04/13

日本の気候には不向きなアメ車だからこそ防御が必要!【ラストストッパー】

メンテナンス

電子の働きを利用してアメ車をサビから守る
電子サビ防止装置 ラストストッパー

ランキング


2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/16

アメ車マガジン2024年6月号 絶賛発売中!

雑誌

2024/04/15

ワンオフ加工で個性を最大限に引き出す【ジェットシティ】

オープン

シボレー

個性的なカスタムを世に送り出すジェットシティには、オーナー自らが持ち込むパーツ装着の依頼も多い。時には他車種のパーツもあるのだが、それすらも違和感なくフィッティングさせるのがジェット流。

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。