創業時からアメリカよりクルマを輸入してきたアメ車のエキスパート【ワーコーポレーション】

SUV

ジープ

JLラングラー

ラングラーアンリミテッド

アメマガ2022年1月号

ワーコーポレーション

ワイドボディエディション

WHAコーポレーション

ラングラー

Jeepといつまでも

愛知県

Jeep JL Wrangler Unlimited Wide Body Edition

ジープといつまでも!~Stand by me forever~


Jeep JL Wrangler Unlimited Wide Body Edition

純正らしさをキープしつつもワイドボディを実現 50mmのスペーサーを追加しスタイルに大きな変化を与える!

「並行輸入車」という言葉から感じてしまうちょっと不安なイメージ。これを払拭するのがワーコーポレーションだ。1991年の創業時からアメリカよりクルマを輸入してきたアメ車のエキスパートである。エンドユーザーに「安心」を届けるために同社が構築したのが自社輸入システム。

 

これはアメリカでクルマを購入するところからユーザーに届くまで、すべて自社スタッフが行なうシステム。購入や輸出は現地スタッフが。日本に入ってからは自社の広大なストックヤードでコンテナを保管。さらに搬出から輸送まで徹底して自社で行なっている。また同社ではユーチューブを製作。ラングラーなど並行輸入車の紹介も積極的に行ない、これも安心のための努力。

 

これほどのアメ車へのこだわりはクルマへも反映される。例えばフェンダー。JLラングラーを象徴するデイライト付きフェンダーを残したまま本国で選ばれているホイールを日本で履くにはどうしたらいいのか。その答えこそ同社が開発したワイドボディキット。すべてはカッコいいクルマを安心して乗ってもらうため。そんなこだわりこそ同社の魅力なのだ。

Jeep JL Wrangler Unlimited Wide Body Edition

輸入車ならば本国仕様で乗りたい。それをかなえるのがワーコーポレーション。例えばこのラングラー。サハラでブラックトップはアメリカでしか選べない組み合わせ。ほかにもバンパーやリアナンバーなど違いは多い。このアメリカで走っている仕様をカスタムしたのが2台のサハラだ。

 

カスタム内容の中でも注目ポイントをピックアップ。まずグラナイトではワイドボディキットに合わせて+1というホイールをチョイス。サイドステップはドアの開閉に合わせて展開・格納する電動ステップに変更する。またJK時代から4本出しにこだわるマフラーもオリジナルパーツだ。一方、レッドはUSハイフェンダーにワイドボディキット、さらに3.5インチのリフトアップを行なう。マフラーはオリジナルのチップで2本出しへと変更している。JLラングラーらしさを残しつつもスタイリッシュに。これがワーコーポレーションの真骨頂だ。

5K6A9214

ルビコンバンパーにはグリルガードにバーライトも装着し、悪天候や夜間のオフロードでドライバーをサポートしてくれる。

5K6A9210

純正フェンダーでカスタムができるのがワイドボディキット。LEDサイドマーカーやシーケンシャルウインカーなどパーツも多い。

5K6A9186 5K6A9188

ワイドボディキットの開発のきっかけはアメリカでデザインされたホイール。アメリカのホイールはラングラーの魅力を引き立ててくれが日本で履くとフェンダーに収まらない。しかし既存の社外フェンダーではJLラングラーのライト付きフェンダーがなくなる。そんな経緯からワイドボディキットが開発されたのだ。ちなみに本国のルビコンにはハイフェンダーが装着されている。このUSハイフェンダーにワイドボディキットを組み合わせ、さらにサスペンションを2~3インチアップにすると37インチタイヤにジャストなスタイルになるぞ。

5K6A9240 5K6A9218

車高と乗り心地、そしてスタイリングのバランスを考えてリフトアップ量は2.5インチがワーコーポレーションの推奨値だ。これはラフカントリー製のサスキットを採用する。

5K6A9195

ドアの開閉に連動して展開する電動ステップ。ステップの高さは純正ステップよりも低くなるので乗降性も高まる。格納時にはサイドシルのギリギリまで上昇し車高を高く見せる効果も。

5K6A9234

JK時代から4本出しにこだわってオリジナルでマフラーを作るワーコーポレーション。JLでもいち早く4本出しを開発。サウンドも秀逸だ。

5K6A9276

アメリカでしか注文できないブラックトップのサハラ。サスはラフカントリーの3.5インチアップコイルにFOXショックを組み、乗り心地をさらに向上。ここに合わせたのが22インチのホイールと37インチのタイヤ。さらにワイドボディキットにはUSハイフェンダーを装着し、ルビコンのようなフェンダークリアランスを実現する。またマフラーはオリジナルのマフラーチップを装着し2本出しに変更。こうした人とは違うカスタマイズにも柔軟に対応。


WHA CORPORATION【ワーコーポレーション】

TEL.0742-50-6788
URL.http://www.brainstorm.jp
アメ車マガジン 2022年 1月号掲載

最新記事


2024/06/15

ジャンルやブランドを問わず、すべてのアメ車乗りをサポート!【グローバル】

ショップ

九州・熊本の地で、長きに渡りアメ車を取り扱い続けるグローバル。店頭にはジャンル、年代を問わず様々な車両を展示。またピットを見るとビッグ3が集結! 九州のアメ車乗りにとって、非常に心強い存在と言える。

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

2024/06/13

誰もがワイルドな気分になれるオリーブドラブにオールペン【シボレーC1500】

ピックアップトラック

シボレー

近頃ミリタリーテイスト溢れるボディカラーでオールペンするガレージジョーカーが、アメ車マガジン2023年3月号で紹介したサンドベージュのS10ブレイザーに続き、オリーブドラブでオールペンしたC1500を作り上げた。

2024/06/12

究極のスタイルを実現できるそれがマルチピースの魅力!【ワークエモーションZR10 2P】

クーペ

シボレー

ホイール

オーバーフェンダーを追加したワイルドなスタイルに憧れるけれど、タイヤ&ホイールサイズがネック。またアメ車の場合はPCDも特殊だが、そんな悩みをすべて解決できるのがWORKの魅力。

ランキング


2022/07/05

モパーが並ぶショップでマスタングは狙い目

クーペ

フォード

2013 FORD MUSTANG GT PERFORMANCE PKG

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/06/02

モデル史上最大のボディサイズとなるフォードサンダーバード

クーペ

ビンテージ

フォード

1974 FORD THUNDEBIRD