ライフスタイルに合わせた自分だけの1台が製作可能【アメリカンクラシックス】

バン

ダッジ

アメマガ2022年3月号

ちょい古がJOYFUL!!

ラムバン

アメリカンクラシックス

神奈川県

普段の買い物や通勤はもちろん、休日のアウトドアまで1台でカバーできる。しかも他人とカブらないようなアメ車が欲しい…。そんなワガママ満載なクルマがあるはずないと思っていたら、なんとあるじゃないか!15年の歴史を誇るアメ車専門店のアメリカンクラシックスなら、そんな夢が現実のものとなる。

ライフスタイルに合わせた自分だけの1台が製作可能

ちょい古がJOYFUL!! TRUCK&VAN&WAGON


1991 DODGE RAM VAN WOODY VAN

使い方はまさに自由自在、出掛けるのが楽しくなる

「お店の名前から旧車しか扱わないように思われるけど、最新のアメ車も取り扱いますよ♪ でも、触っていて楽しいのは、やっぱり2000年代ぐらいまでかなぁ」。そう語るのは、アメリカンクラシックスの代表・武藤さんだ。「最近のクルマは修理箇所を調べるのも診断機が必要で、部品も丸ごと交換で修理費用が膨大になることも珍しくないよね。でも、ちょっと前のモデルなら良い意味でアナログな部分が残っているから、修理しやすいよね」とも。アメ車専門の修理屋さんを名乗るだけあって、その言葉に説得力があった。

さて、そんなアメリカンクラシックスが新たに製作したのが、このラムバン。ベースはショートのスタンダードで、敢えて2シーターに変更。フロントシートから後ろ部分は全面的にウッドパネルが張られ、フラットなカーゴスペースを実現。

 

キャンプやサーフィン、さらには車中泊など、様々なアウトドアライフに欠かせない相棒になること間違いなし! イマドキな言葉で言うなら、VAN LIFEスタイルにコンバージョンしたモデルで、その可能性は無限大。気になる価格は238万円だ。

アタマのお堅いマニアな人だと「やっぱりオリジナルのスタイルが一番…」と言うかもしれないが、今から30年前のクルマの場合、メカニズムは修理できても樹脂製の内装をリフレッシュするのは費用面も含めてなかなか大変な話。

 

仮に修理しても、傷つけないように気を使うのでは本末転倒。その点、このウッディスタイルならそんな心配もなく気軽に使え、夢を叶えてくれるクルマと言えるだろう。

チョコレートブラウンのボディカラーに、サンドベージュのホイールが可愛らしい雰囲気を見事に醸し出している。前後のバンパーはメッキタイプでオーバーライダー付きに変更し、クラシカルな雰囲気をさらに強調する。搭載エンジンは360のV8なので、大量の荷物を積載しても快適な走りを約束してくれることだろう。シンプルだが、一度見たら忘れられないほど個性的と言える。

運転席周りやシートは基本的にオリジナルで、ドアの内張りは張り替えを実施。厚みのあるシートはゆったりと長距離をクルーズするのに最適。現状では2シーター仕様だが、セカンドシートもあるので、好みの定員にアレンジすることももちろん可能だ。

運転席から後ろは、フロア/サイド/ルーフに至るまで総ウッド仕上げ。ショートモデルなので全長は4.6mと思いのほかコンパクトだが、2.05mの横幅と全高がもたらす空間は非常に広大。キャンプ道具はもちろんサーフボードなども収納可能だし、車中泊も充分こなせてしまう。ボディ後方だけでなく、助手席側にも観音開きのドアを備えているので、荷物の出し入れにも最適。街乗りもしやすいサイズなので使い勝手も良い。別の車両で好みの内装に仕上げることも可能なので、一度相談されたし!


AMERICAN CLASSICS【アメリカンクラシックス】

TEL:0467-75-2221
http://www.american-classics.com
PHOTO:浅井岳男
TEXT:空野稜
アメ車マガジン 2022年3月号掲載

関連記事

RELATED


無骨に乗りたいアメリカンフルサイズバンの筆頭ダッジラム

丸さがあるデザインが個性的で、高い人気を誇るダッジ・ラムバン。2003年に生産が終了したが、今も多くのユーザーが状態の良いラムバンを求め、高品質なモデルの注目度は高い。そうした熱視線を浴びそうな、グッドコンディションの98年型ラムバン・ショートがガレージダイバンに入庫したのでピックアップしていこう!

姉妹の旦那さんが共にアメ車に乗っているとの情報から取材に伺ったが…

絆企画としてはまさにピッタリ! しかも超レアケースな2組のファミリー。義理兄弟でアメ車に乗っていますとの情報をいただき取材に伺った筆者が想像したケースの、さらに斜め上を行く展開にビックリ!

アメ車道楽は妻の理解ではなく、一緒になって楽しむのが正解!

奈良県在住のKatsuhiro&Fumiyoさんが所有するクルマはキャデラック・XTS、JKラングラー、ラムバンの3台。少し前まではマスタングも所有しており、4台体制に加えて専用ガレージにハーレーまで保管。理想のアメ車道楽を謳歌する夫婦の魅力に迫る。

マニアックなアメ車コレクターがゴキゲンなパーティーバスを製作

CHEVROLET EXPRESS CUTAWAY SHUTTLE BUS

愛車が変化していく過程を楽しみながら、バランスを見てチューニング

2003 DODGE RAM VAN

 

最新記事


2024/03/04

理想のC8コルベットを求めて特別なエアフォースエアサス施工

クーペ

シボレー

ホイール

突然目覚めたアメリカンスポーツへの道。そして、誰もまだ見ぬC8コルベットの姿を目指した中内さん。世界初となる特別なエアフォース・エアサスを搭載し、ZERO DESIGNフルカーボンをまとって、C8コルベットの最先端を走る!

2024/03/01

愛らしくて、走りがいいレネゲードでソロキャン!

SUV

ジープ

2024/02/29

日本ではまず見ることがないラムトラックのレッカー仕様

ピックアップトラック

ダッジ

ジムニー専門店「ファッドスター」の店頭に鎮座するのは91年型ダッジ・ラム350。レッカー仕様という日本ではほとんど見ることのないモデル。しかも新車で購入して日本で登録したという個体だ。

2024/02/28

カスタムショップをコンセプトに尖った個性で人気のお店【THE KOBY'S】

ショップ

18歳の頃から“いつか自分のお店を持ちたい!”という夢を掲げてきた高味さん。そんな思いを抱きつつもあっという間に10年が過ぎ、このまま30代へと突入してしまったら夢のまま終わらせてしまうと、一念発起!

ランキング


2024/03/04

理想のC8コルベットを求めて特別なエアフォースエアサス施工

クーペ

シボレー

ホイール

突然目覚めたアメリカンスポーツへの道。そして、誰もまだ見ぬC8コルベットの姿を目指した中内さん。世界初となる特別なエアフォース・エアサスを搭載し、ZERO DESIGNフルカーボンをまとって、C8コルベットの最先端を走る!

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2016/11/04

超レアなマスタング、1969年モデルのBOSS429!

クーペ

ビンテージ

フォード

1969y FORD MUSTANG BOSS 429