フルリノベーションでスクールバスを第二の部屋に

バン

アメマガ2022年8月号

米国的商用車のススメ

バンデューラ

内装ドンガラ状態のスクールバスを手に入れ、1年半の月日をかけてコツコツと仕上げたオリジナルキャンパーバス。そこには市販車じゃ不可能な3兄弟が快適に寛げるギミックが満載! まるで動く子供部屋!!

米国的商用車のススメ


外観はスクールバスなのに中はDIY部屋という遊び心

琵琶湖で行なわれた56ビーチミーティングでお会いしたアストロオーナーが、面白いスクールバスを作っているとの情報を受けてから約半年。首を長くして待ちわびていたのだが、ようやく完成したとの一報を受けて早速取材へ。

高橋さんファミリーがこのスクールバスを手に入れたのは2020年の9月で、コロナの感染拡大を受けて緊急事態宣言やまん延防止が頻繁に繰り返されて、ホテルや観光地が閑散とした時期。〝おうち時間〟のフレーズと共に出掛けることを控えるのがマナーの様な状況だった。しかし遊びたい盛りの男の子3人を家に閉じ込めておくのは、もはや罰ゲーム。何とか合理的に外へ連れ出せないか? そんな些細なキッカケか否かは置いといて、タイムリーに手に入れたスクールバスを生かさない手はないとばかりに、おうち時間にあやかって、スクールバスの内装をフルリノベーションすることを実行に移した。

中でも一番大変だったのはリアタイヤハウスのでっぱりで、そこをどうスマートに埋めるか、そして違和感なく部屋として成り立たせるかだったそうで、お子さんそれぞれに就寝スペースを設けるため3段ベッド化する際も、リアゲート部分の出入り口を塞がない様に真ん中のベッドは昇降式にアレンジ。その他、介護用のトイレを流用したり、常時電源を天井のソーラーパネルを介して得られるよう環境に優しいSDGs的な仕立ても好印象。キッチンはシンクや冷蔵庫、電子レンジと一通り揃い、エアコンも完備。大容量ソーラーパネル電源の恩恵を受けて、エンジンオフの状態でもすべてが機能する点も特筆物。

ちなみにアストロも所有し続けており、日常の足として活用。家族で遠方に旅行する際はこのスクールバスを駆り出す二刀流。車中泊が快適過ぎて宿を取る機会がほとんどなくなったという高橋ファミリー。そんな一家がもっぱらハマっているのが自宅に居ながらバスの中でのタコパ。ある意味自宅より落ち着ける場所なのだ。

'91 GMC VANDURA 3500 BLUE BIRD SCHOOL BUS

フェイス周りはGMCバンデューラと同じ。しかしフロントウィンドーより後ろはフルサイズバンのさらに上を行く超巨体。ルーフの高さもさすがバスといった印象。ソーラーパネルの電力はスマホのアプリで管理できて、いざというときは電源有のサイトでコンセントを介しての電力供給も可能だ。

本国で実際にスクールバスとして使われていた証としてSTOPプレートやルーフランプを完備。赤いレンズはスイッチのオンオフで点灯する。タイヤ& ホイールの換装も検討したが、スクールバス感はむしろ現在のままの方がリアルだ。

本物のバスなので運転手さんが座る椅子のほかは後部座席への通路となりシートは一脚のみ。ドアは手動で運転席側から開閉するリアリティが非日常的で楽しい。バスと言っても長さはショートなので慣れれば公道を走っていて困る心配もない。

サブスクで映画や動画を見放題にしていることもあって家庭用TVが重宝。手前のソファを展開すれば大人二人がゆったり寝れるベッドに。家族5人がゆったり寝れる広大なスペースはさすがスクールバスベースの成せる技だ。

まるでワンルームマンションのキッチンの様にしっかりした作りのダイニングスペース。上部棚に飾られた雑貨は走行中に倒れない様にしっかり固定されている。上部には換気扇まで完備。トイレも立派な介護用を採用。もはや普通に住めちゃうクオリティーだ。

OWNER : Takahashi famiry


PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2022年8月号掲載


最新記事


2024/04/23

伸びやかなロングノーズ、引き締めるロングテール、隙のないそのフォルム【インパラ コンバーチブル】

オープン

ビンテージ

シボレー

2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2024/04/20

細さを追求したスポークが軽快さや躍動感を予感させる【WORK GNOSIS CVF】

ホイール

WORK GNOSIS CVF

2024/04/20

エントリー条件はただ1つ、WORKを装着していること【WORK WHEELS JACK 3rd】

ホイール

イベントレポート

WORK WHEELS User Event
WORK WHEELS JACK 3rd

ランキング


2024/04/23

伸びやかなロングノーズ、引き締めるロングテール、隙のないそのフォルム【インパラ コンバーチブル】

オープン

ビンテージ

シボレー

2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]