長年乗りたかったアメ車に毎日仕事で乗れる幸せ!

バン

フォード

アメマガ2022年8月号

米国的商用車のススメ

E450

E450スクールバス

シークカーセールス

愛知県

幼い頃からアメ車が大好きで、一時期はクルマ屋さんで働いた事もある福本さん。現在は飲食店に勤務するが、そこで使用するキッチンカーはE-450 をベースにしたキッチンカーだった!

アメ車のキッチンカー、これぞ自分の天職です!

米国的商用車のススメ


長年乗りたかったアメ車に毎日仕事で乗れる幸せ!

「いつかアメ車に乗りたい! そしたら棚ボタというか、こんな巡り合わせになるとは…」。そう語る福本さんは、豊田市で様々な飲食店を展開する会社に勤務する。「以前は台湾の焼肉店で働いていたこともありますが、キッチンカーの飲食店を開業したいと思い日本に帰国。3年ほど工場勤務していましたが、自分の希望する仕事はないか飲食関係の求人に登録したら『ご希望100%の仕事です!』と紹介されたのが、今働いているLUANAだったんです」と福本さんは語る。

そんな彼の仕事場は、E-450ベースのスクールバスを改装したもの。輸入や施工は、最近アメ車の中でもとくにスクールバスの販売を積極的に行っているSEEKカーセールス。「数年前から話を頂いていて、2022年の2月にやっと1号車が完成したところです。まさにそのタイミングで福本さんが入社し、ほぼ専属ドライバーというか店長? に就任されましたね」と、SEEKの佐々木社長は語る。

 

厨房の中に入らせていただくと、明らかに広い! これまで何台かスクールバスやキッチンカーを見てきたが、取り回しは大変かもしれないが、キッチンスペースが広いに越したことはない。多い時ではスタッフ3人で営業することもあるので、作業スペースというべき車内の広さは重要なポイントだそうだ。メインメニューはアメリカンバーガーで、とくにオススメなのはソフトシェルクラブが丸ごと入ったハンバーガーに、黒毛和牛100%のビーフバーガーとのこと。また、タイミングが合えば裏メニュー的なバーガーを出すこともあるそうだ。

 

ちなみに福本さん、E-450のステアリングを握ってまだ3カ月ほどだが、早くもこのキッチンカーを自分に譲ってもらうよう社長に直談判中だとか。いつかきっと、いや必ず自分の物にしたいと思っているので、今から非常にキレイに丁寧に扱い、非常に大きいけれど月に1回は必ず洗車をするそうだ。

 

クルマが変わるとライフスタイルが変わるとはよく言うが、福本さんの場合は仕事とプライベートの両方で、見事夢を叶えたと言えるだろう。もちろん運だけでなく、願い続けることで、その縁を自分の手元に手繰りたに違いない。

今まで見てきたスクールバスと違い、車内を美しくリフレッシュ。一般的な飲食店と違いお客さんが中に入ることはないが「清潔感は重要ですね」とSEEK佐々木社長は語る。ちなみにハンバーガーに使用するバンズは特注でLUANAの焼印入り。SEEKではこれまで何台もキッチンカーを製作しているが、1台1台リクエストが違うそうだ。「大量生産はできないですが、車両を製作していて楽しいですね」とも語る。

取材の合間に福本さんが作ってくれたアボカドビーフバーガー(左)と、ソフトシェルクラブバーガー(右)。筆者はアボカドを頂いたが、非常にボリューミーで、ビーフがジューシー。だからと言ってしつこさはなく、もう1個食べたくなるほど。豊田市や名古屋など、愛知県を全般で営業中なので、見かけたらぜひ一度ご賞味あれ!


FORD E-450 SCHOOL BUS

鮮やかな山吹色がスクールバスのトレードマーク。長年の汚れをしっかり磨き、美しさを取り戻しているのもSEEKのコダワリ。発電機を接続できるよう、ソケットなどを追加している。

E-450ゆえに、ホイールは8穴を採用。フロントはダブルウィッシュボーン式コイルで、リアはリーフリジッドを採用。なお、リアタイヤはダブルタイヤとなる。取り回しは、かなり難しいが日に日に上達するとか。

ボディメイクはコリンズ社。エンジンは7.3Lのディーゼルを搭載しており、6mオーバーの車体を苦もなく走らせることが可能。ただしブレーキはやや甘さがあるので、細心の注意を払って運転するとも。

運転席周りはエコノラインそのまんまと言うべきスタイル。スクールバスに付き物の手動式のドアノブに福本さんは「何回やっても楽しいですよ」と語る。


LUANA FOOD TRUCK SERVICE

Instagram @luana _ _ kitchencar
USER : AKITO FUKUMOTO


THANKS:SEEK CAR SALES

TEL:0564-26-7882
https://carshop.aichi.jp


PHOTO:浅井岳男
TEXT:空野稜
アメ車マガジン 2022年8月号掲載


関連記事

RELATED


フルリノベーションでスクールバスを第二の部屋に

内装ドンガラ状態のスクールバスを手に入れ、1年半の月日をかけてコツコツと仕上げたオリジナルキャンパーバス。そこには市販車じゃ不可能な3兄弟が快適に寛げるギミックが満載! まるで動く子供部屋!!

トラックをベースにした全長10mのスクールバス【フレイトライナートーマスビルト スクールバス】

1998 FREIGHTLINER THOMAS BUILT SCHOOL BUS
フレイトライナートーマスビルト スクールバス

アメ車専門店のライオンハートがまさかのスクールバスを直輸入!

AMERICAN VEHICLES FOR THE JOB/COMMERCIAL VEHICLE
1996 FORD E350 COLLINS

リアルキャンパーバンじゃなくてメローに車中泊を嗜むのが気分!

電動ベッドに豪華ウッドの内装をあしらうスタークラフトのような至れり尽くせりの装備は要らない。プロの手で仕立てられたキャンパーバンほど多くを求めない。二人が居心地良いと感じられる室内は、自らDIYしてこそ愛着が湧く!

国産ミニバンでは物足りないキャンパーが増えている?【2006 シボレーエクスプレス】

空前のキャンプブームの現在、アズルモータリング・アメリカンショールームには、国産ミニバンでは物足りないとして、フルサイズバンを求め訪れるユーザーが増えている。そうしたユーザーに対して、フルサイズバンのカスタムも提案し、その代表モデルがミリタリースタイルのエクスプレスだ。

 

最新記事


2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/16

アメ車マガジン2024年6月号 絶賛発売中!

雑誌

2024/04/15

ワンオフ加工で個性を最大限に引き出す【ジェットシティ】

オープン

シボレー

個性的なカスタムを世に送り出すジェットシティには、オーナー自らが持ち込むパーツ装着の依頼も多い。時には他車種のパーツもあるのだが、それすらも違和感なくフィッティングさせるのがジェット流。

ランキング


2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/16

アメ車マガジン2024年6月号 絶賛発売中!

雑誌

2024/04/15

ワンオフ加工で個性を最大限に引き出す【ジェットシティ】

オープン

シボレー

個性的なカスタムを世に送り出すジェットシティには、オーナー自らが持ち込むパーツ装着の依頼も多い。時には他車種のパーツもあるのだが、それすらも違和感なくフィッティングさせるのがジェット流。

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。