念願のセカンドジェネレーション!RS顔を手に入れたカマロ信者!

クーペ

アメマガガールズ

シボレー

アメマガ2022年9月号

カマロ

カマロZ28

アメ車女子のライフスタイル

アメ車女子

彼女たち流のアメ車との付き合い方
過去に2010年型カマロSS、そして2011年型カマロSS コンバーチブルの2台を乗り継いだ、カマロ愛が凄まじいMANAMIさん。そんな彼女がZ28のRS顔に惚れ込んで探すこと5年。ようやく手に入れた個体は、北海道でリアルにドラッグレースに参戦していた本物のレースカーだった!

アメ車女子のライフスタイル


乗っても眺めてもウットリ♡人生にハリが出る名車!

CHEVROLET CAMARO Z28

2022年6月に開催されたストリートカーナショナルズ鈴鹿でカッコいいなぁと見惚れていたら、偶然過去にアメマガガールで取材したアストロ乗りのありりんさんから声をかけてもらい「この子のやねん!」って紹介されたのがMANAMIさん。紹介されるまではてっきりストリート好きなマッスルカーマニアの男性オーナーを想像していただけに正直驚きを隠せなかったが、これはチャンスとばかりにその場でアメマガガール企画に登場しませんか? とオファー。快諾してくれて後日撮影にこじつけた次第だ。

話を伺うと、8年前からずっとアメ車に乗り続けているそうで、最初に2010年型カマロに5年乗って、その後2011年型のカマロSSコンバーチブルを乗り継ぎ、このクルマが欲しいと熱烈なアプローチを受けてしぶしぶ手放した時に、一度だけ2011年型のマスタングGTに浮気したものの、やっぱりカマロじゃなきゃダメだと後悔。そこでシルバーのカマロ時代からずっとお世話になっている6ディグリーズにその想いを告げるも、「今まで乗っていたクルマの様にはいかないよ。覚悟はできてるか?」的な面接を受けて無事にパス。

「Z28仕様じゃダメ!」とホンモノにこだわったことでかなり個体探しに時間を要したが、北海道に正真正銘の70年型Z28のRSが見つかり6ディグリーズを介して購入。元々ドラッグレースに使用されていたクルマなので、ストリートで乗れる様にキャブの調整や冷却系を見直して、遂に彼女の元へやってきた。長年待ちわびた憧れのクルマだけに、その喜びは格別。

1970年と1971年のモデルイヤーのみ採用されるZ28のRSフェイス。「ビンテージカマロに乗るなら絶対この顔!」と決めていただけに妥協は辞さなかった彼女。リアバンパーには、親交のある友人、Cookies Paintbox 金吉さんにCamaroのレタリング描いてもらい、これが良いアクセントに!

本物のZ28 LT-1エンジンをベースにオリジナルブロックをストックしながら383までボアアップ。ミッションはTH400 で、アルミラジエターに電動ツィンファンを装着。エンジンの冷却対策はバッチリだけど、ドライバーはエアコンなしで我慢しているところも、彼女がいかにZ28を労わっているかが伝わってくる。これはいずれクラシックエアーかレストモッドエアーを導入してより快適化していくそうだ。

MOSERのハウジングを使ったフォードナインのデフに変更。太めのアクスルシャフトで強化されているところもドラッグレースの名残。ボトムスはアメリカンレーシングのトルクトラストD15インチをセット。セカンドジェネレーションのカマロは275サイズくらいが限界サイズとのこと。

インパネ周りはオリジナルを色濃く残した状態ではあるが、4点式シートベルトにドラッグレース用のジャズシート化されていたコックピット。最初は「このまま乗ります!」と納車したものの、長距離を走らせた時の腰の痛みが辛く、後にTMI のシートをボディ同色ステッチでオーダーしてセット。オーディオ横のモニターは常時起動のバックカメラで後方視界の悪さを補う。こうした女性オーナー向けの心配りも特筆物だ。

owner : MANAMI


THANKS:6DEGREES

TEL:072-984-6651
https://www.6degrees.co.jp


PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2022年 9月号掲載


関連記事

RELATED


実際にC3コルベットを運転したことで〝カッコイイ!〟から〝欲しい〟に。

ここ最近はSNSをはじめYoutubeなどもリアルな情報ツールとして、ユーザー同士の交流の場となりつつある。紹介するERIさんもYoutubeをキッカケにクラシックカーの虜となったマニアの一人。VWタイプⅡが縁となってYoutube上の人物とリアルに繋がれたことが、彼女の運命を変えた!?

日本国内限定16台のみリリースされた学生時代からの憧れのカマロをGET!

彼女たち流のアメ車との付き合い方
2012 CHEVROLET CAMARO

アメ車MTGでシェルビーGT500の存在を知ってこの子に乗ると決意!

彼女たち流のアメ車との付き合い方
最近じゃ若い男子もAT限定で免許を取得するケースが多いとか言われているけど、逆に若い女の子がマニュアルで免許を取得するパターンも少数派だけど実在する。そんなレアケースで実際にマニュアル車を軽快に操るアメ車女子のカーライフに迫る。

ネオマッスル系に仕上がっていたマスタングを手に入れ、自分好みの仕様へ仕立てていく

彼女たち流のアメ車との付き合い方
以前ガールズオーナー特集でもチラッとご登場いただいたりこぴん。あの頃からさらに煮詰めたオンリーワンカスタム。一度ネオマッスル系に仕上がっていた車輛を手に入れ、自分好みの仕様へと仕立てていく過程が何よりも楽しい!

「女の子がマスタングに乗っていたらカッコイイよね〜」と言われたことがキッカケで、マスタングを購入!

彼女たち流のアメ車との付き合い方
以前はプリウスに乗っていたが、同じクルマを目にし過ぎる。そこで普段見かけないクルマに乗りろうと思い、選んだのがこのマスタング。2021年まではノーマルだったが、自分らしさを追求しカスタムもスタート!

 

最新記事


2024/04/18

自然な流れのボディパーツにカナードを追加で進化を遂げる【エッジカスタムズ チャレンジャー F】

クーペ

ダッジ

日本はもちろん、世界中のチャレンジャーカスタムを牽引するLUXZ。2021年に登場した初のフルバンパー仕様となる「CHALLENGER F」。そのエボリューションモデルが完成したので、早速紹介しよう!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/16

アメ車マガジン2024年6月号 絶賛発売中!

雑誌

ランキング


2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。