ずっと憧れ続けていた、エアストリームを大人買い

FOOD

ショップ

アメマガ2023年1月号

アメ車を10倍楽しむ方法

クラフトスクエア

大阪府

エルカミーノ

シェベルSS

AIRSTREAM LANDER CAFE

アメ車乗りの方にとってエアストリームは憧れの一つ。誰しも一度は欲しいと夢を見たこともあるだろう。そんなエアストリームをなんと4台! しかも同時期に手に入れた強者が、紹介するエアストリームランダーカフェを営むMakotoさんだ。

アメ車を10倍楽しむ方法!


思い立ったら即行動の精神で、カフェオーナーへ

10年以上乗り続ける赤い69年型エルカミーノ、そして1年ほど前に手に入れた68年型シェベルSSを愛用するMakotoさん。この顔が大好きで70年代よりも断然60年代とビンテージモデルに特化した“癖”を持つ彼が、長年探し求めていたのがビンテージエアストリーム。

 

新車の綺麗なアルミボディではなく、独特のパネルラインと長年日を浴びて少々褪せたボディに魅せられて74年型、72年型、さらには63年型と56年型の4つを大人買いした。当初はここまで収集する予定もなかったが、引き取りに行った先で「これも売り出し中です」と聞いたら首を横には触れず、2台買ってくれたら大阪まで搬送してくれるなんて話を貰うと断れずに、買います宣言(笑)。

 

その他にも別でお目当ての個体があって、ソッチからも好条件での話をもらい、即決。後の1台は、本気で欲しかったビンテージエアストリームをアメリカ本国から買い付けたと言う。

ずっと欲しがっていたのに中々良い個体に恵まれなかった彼が、トントン拍子に4台も理想のエアストリームと巡り合ったことで、当初予定していた置き場じゃ収まらない。そこで急遽、奈良県葛城市の更地を置き場として契約して置いてみたところ、真後ろには山、目の前はクルマの通りが多い幹線道路。そして葛城ICを降りてすぐの好立地だったこともあって「カフェをやったら面白いんじゃない?」と思案。

 

そのまま知り合いの建築デザイナーに連絡を入れて図面を出してもらい、エアストリームを活かしたその図面を見た瞬間にビビッときて、間髪入れずに着工。急ピッチで準備が進み、今春エアストリームを仕入れてから今夏にはカフェをオープンするスピード感は、常日頃から“やると決めたら即行動”の精神の賜物だ。

 

現状は一番奥の56年型が物置状態で、テラス席前のエアストリームが厨房として機能。エントランス横の一回り小さなエアストリームは、アメリカン雑貨の販売を行ない、もう一台はこの冬にはカウンター&テーブル席として稼働する予定。面白い物でエアストリームが看板となって目の前を走るクルマの目線は釘付け。特に宣伝もしていない時期から続々と、「何屋さんですか?」と来客が続出。

アメ車に乗るお客さんはもちろん、バイクに乗るお客さんもエアストリームをバックに映え写真を撮影してSNSにアップ。そこでまた話題となって遠方からの来店も増加しているそうだ。メインメニューは工夫を凝らしたホットドッグでスイーツなども豊富なので、ドライブがてらぜひ立ち寄ってみてはいかがだろう。

'68 CHEVROLET CHEVELLE SS

396エンジンのエンジンの鼓動やアクセルを踏んだ時の350とは別次元のフィーリングに魅せられて1年ほど前に迎え入れた68yシェベルSS。オリジナルの美しさをキープしながらメンテナンスに力を注いで乗り続けたいとのこと。フロント14インチ、リア15インチのトルクトラストもかなり個性的。

'69 CHEVROLET EL CAMINO

10年を超えて愛用するエルカミーノ。こちらもカスタムするというよりはメンテナンスを中心に手を入れて、できるだけ純正部品を探してはフルオリジナルに戻していくスタイル。モールなどの欠品パーツもいずれは入手して、今後はよりクリーンな状態へとレストアしていく予定。エルカミとエアストリームが並ぶ姿はまさにオールディーズアメリカン!

大阪から奈良、和歌山の観光地へと抜ける幹線道路沿いということもあって、週末はツーリング客が立ち寄る率が高く、バイカー専用の駐車スペースも完備。79yシェベルは調理スタッフの女性オーナーのもの。アメ車はもちろん、バイクとエアストリームの相性も抜群。


AIRSTREAM LANDER CAFE
OWNER : Makoto.S

ビンテージならではのアルミパネルによる湾曲具合が雰囲気アリアリ! 内装は専門の職人さんに依頼して製作。内側の木材を湾曲した面に沿って張る作業は至難の技。こうした内装の造り込みに対するこだわりも、好きな人たちにとってはピンポイントで刺さる。

住所:奈良県葛城市竹内665
TEL:0745-43-8997
TEL:050-3823-2569
URL: https://localplace.jp/t100721843/
営業時間:11:00〜17:00
定休日:木曜


THANKS:CRAFT SQUARE【クラフトスクエア】

TEL:072-360-1230
HP:http://www.craft-square.com/


PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2023年1月号掲載


関連記事

RELATED


Bボディ・サテライトのシルエットに惚れて即決!【1970 PLYMOUTH SATELLITE】

ビンテージマッスルに魅せられし7人のカーマニアたち【バーニーズ】

キャンピングトレーラー泊で非日常のアウトドアを満喫!

牽引免許不要の本格的なキャンピングトレーラー・X-CABINを取り扱うエフェクトメイジが、三重県に「フリー&イージーキャンプリゾート」をオープン!最新のLED照明を駆使したイルミネーションで彩る幻想的なナイトシーンは必見!

長年に渡って見続けてきた老舗アメ車ショップにOBS の“イマ”を聞いた【ブルーリバー】

1990年代から2000年代初頭のアストロブームと共に、アメ車シーンをけん引してきた関西の老舗アメ車専門店ブルーリバー。OBSの過去と現在を知る有識者として、当時から25年に渡ってブルーリバーを守り続ける代表の山倉氏に話を伺ってきた。

BUBUのつくば店はGM以外のフォードやダッジもOKだ!!【BUBU MITSUOKA つくばショールーム】

茨城県つくば市学園の森に店舗を構えるのが「BUBU MITSUOKA つくばショールーム」。新車・中古車の販売だけでなく、フォードやJeepの整備も受け付けてくれる店舗なのだ。

【JACK THE RIPPER】アメ車乗りが営む散髪屋

切り裂きジャックこと「JACK THE RIPPER」。これを屋号としたスタイリッシュな理容室がある。こだわりアイテムやアメ車で満たされた店内は、アメ車オーナーも楽しめる空間と時間が用意されている。

 

最新記事


2024/03/04

理想のC8コルベットを求めて特別なエアフォースエアサス施工

クーペ

シボレー

ホイール

突然目覚めたアメリカンスポーツへの道。そして、誰もまだ見ぬC8コルベットの姿を目指した中内さん。世界初となる特別なエアフォース・エアサスを搭載し、ZERO DESIGNフルカーボンをまとって、C8コルベットの最先端を走る!

2024/03/01

愛らしくて、走りがいいレネゲードでソロキャン!

SUV

ジープ

2024/02/29

日本ではまず見ることがないラムトラックのレッカー仕様

ピックアップトラック

ダッジ

ジムニー専門店「ファッドスター」の店頭に鎮座するのは91年型ダッジ・ラム350。レッカー仕様という日本ではほとんど見ることのないモデル。しかも新車で購入して日本で登録したという個体だ。

2024/02/28

カスタムショップをコンセプトに尖った個性で人気のお店【THE KOBY'S】

ショップ

18歳の頃から“いつか自分のお店を持ちたい!”という夢を掲げてきた高味さん。そんな思いを抱きつつもあっという間に10年が過ぎ、このまま30代へと突入してしまったら夢のまま終わらせてしまうと、一念発起!

ランキング


2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]

2021/03/15

【注目のアメリカン雑貨】大阪の老舗ブランド、アンダーウッドが同業者の買い付け地に!

ショップ

大阪府吹田市の閑静な住宅街にあるユニークなショップ「アンダーウッドブランド」。ヴィンテージカーやオートバイからアパレル、多肉植物など幅広いアメリカンアイテムが豊富。同店はヴィンテージ・アイテムの素晴らしいコレクションを展示するだけでなく、カスタムカーやオートバイのレストアなど様々なサービスも提供しており、一度は訪れるべきショップ!
UNDERWOOD BRAND【アンダーウッドブランド】

2020/09/03

存在感としては控えめながら、血統の良さでアメリカでは人気のダート

クーペ

ビンテージ

ダッジ

The Golden Age 60’s-70’s
1967 Dodge Dart

2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger