ずっと憧れ続けていた、エアストリームを大人買い

FOOD

ショップ

アメマガ2023年1月号

アメ車を10倍楽しむ方法

クラフトスクエア

大阪府

エルカミーノ

シェベルSS

AIRSTREAM LANDER CAFE

アメ車乗りの方にとってエアストリームは憧れの一つ。誰しも一度は欲しいと夢を見たこともあるだろう。そんなエアストリームをなんと4台! しかも同時期に手に入れた強者が、紹介するエアストリームランダーカフェを営むMakotoさんだ。

アメ車を10倍楽しむ方法!


思い立ったら即行動の精神で、カフェオーナーへ

10年以上乗り続ける赤い69年型エルカミーノ、そして1年ほど前に手に入れた68年型シェベルSSを愛用するMakotoさん。この顔が大好きで70年代よりも断然60年代とビンテージモデルに特化した“癖”を持つ彼が、長年探し求めていたのがビンテージエアストリーム。

 

新車の綺麗なアルミボディではなく、独特のパネルラインと長年日を浴びて少々褪せたボディに魅せられて74年型、72年型、さらには63年型と56年型の4つを大人買いした。当初はここまで収集する予定もなかったが、引き取りに行った先で「これも売り出し中です」と聞いたら首を横には触れず、2台買ってくれたら大阪まで搬送してくれるなんて話を貰うと断れずに、買います宣言(笑)。

 

その他にも別でお目当ての個体があって、ソッチからも好条件での話をもらい、即決。後の1台は、本気で欲しかったビンテージエアストリームをアメリカ本国から買い付けたと言う。

ずっと欲しがっていたのに中々良い個体に恵まれなかった彼が、トントン拍子に4台も理想のエアストリームと巡り合ったことで、当初予定していた置き場じゃ収まらない。そこで急遽、奈良県葛城市の更地を置き場として契約して置いてみたところ、真後ろには山、目の前はクルマの通りが多い幹線道路。そして葛城ICを降りてすぐの好立地だったこともあって「カフェをやったら面白いんじゃない?」と思案。

 

そのまま知り合いの建築デザイナーに連絡を入れて図面を出してもらい、エアストリームを活かしたその図面を見た瞬間にビビッときて、間髪入れずに着工。急ピッチで準備が進み、今春エアストリームを仕入れてから今夏にはカフェをオープンするスピード感は、常日頃から“やると決めたら即行動”の精神の賜物だ。

 

現状は一番奥の56年型が物置状態で、テラス席前のエアストリームが厨房として機能。エントランス横の一回り小さなエアストリームは、アメリカン雑貨の販売を行ない、もう一台はこの冬にはカウンター&テーブル席として稼働する予定。面白い物でエアストリームが看板となって目の前を走るクルマの目線は釘付け。特に宣伝もしていない時期から続々と、「何屋さんですか?」と来客が続出。

アメ車に乗るお客さんはもちろん、バイクに乗るお客さんもエアストリームをバックに映え写真を撮影してSNSにアップ。そこでまた話題となって遠方からの来店も増加しているそうだ。メインメニューは工夫を凝らしたホットドッグでスイーツなども豊富なので、ドライブがてらぜひ立ち寄ってみてはいかがだろう。

'68 CHEVROLET CHEVELLE SS

396エンジンのエンジンの鼓動やアクセルを踏んだ時の350とは別次元のフィーリングに魅せられて1年ほど前に迎え入れた68yシェベルSS。オリジナルの美しさをキープしながらメンテナンスに力を注いで乗り続けたいとのこと。フロント14インチ、リア15インチのトルクトラストもかなり個性的。

'69 CHEVROLET EL CAMINO

10年を超えて愛用するエルカミーノ。こちらもカスタムするというよりはメンテナンスを中心に手を入れて、できるだけ純正部品を探してはフルオリジナルに戻していくスタイル。モールなどの欠品パーツもいずれは入手して、今後はよりクリーンな状態へとレストアしていく予定。エルカミとエアストリームが並ぶ姿はまさにオールディーズアメリカン!

大阪から奈良、和歌山の観光地へと抜ける幹線道路沿いということもあって、週末はツーリング客が立ち寄る率が高く、バイカー専用の駐車スペースも完備。79yシェベルは調理スタッフの女性オーナーのもの。アメ車はもちろん、バイクとエアストリームの相性も抜群。


AIRSTREAM LANDER CAFE
OWNER : Makoto.S

ビンテージならではのアルミパネルによる湾曲具合が雰囲気アリアリ! 内装は専門の職人さんに依頼して製作。内側の木材を湾曲した面に沿って張る作業は至難の技。こうした内装の造り込みに対するこだわりも、好きな人たちにとってはピンポイントで刺さる。

住所:奈良県葛城市竹内665
TEL:0745-43-8997
TEL:050-3823-2569
URL: https://localplace.jp/t100721843/
営業時間:11:00〜17:00
定休日:木曜


THANKS:CRAFT SQUARE【クラフトスクエア】

TEL:072-360-1230
HP:http://www.craft-square.com/


PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2023年1月号掲載


関連記事

RELATED


キャンピングトレーラー泊で非日常のアウトドアを満喫!

牽引免許不要の本格的なキャンピングトレーラー・X-CABINを取り扱うエフェクトメイジが、三重県に「フリー&イージーキャンプリゾート」をオープン!最新のLED照明を駆使したイルミネーションで彩る幻想的なナイトシーンは必見!

Bボディ・サテライトのシルエットに惚れて即決!【1970 PLYMOUTH SATELLITE】

ビンテージマッスルに魅せられし7人のカーマニアたち【バーニーズ】

ヴィンテージTシャツを運ぶクルマとして最適な“映えるVAN”【greatLAnd】

ここ最近#VANLIFEのハッシュタグと共に人気を博すフルサイズバン。なかでも80年代以前のモデルは旧車としての味が濃厚になってきており、価格も高騰中。40年近く前のUSED CARが国産ミニバンの新車よりも高いなんて現象も珍しくない。ある意味、それはプレミアの付いた貴重なヴィンテージTシャツに通じるものがある。点と点が結びつく様なクルマとオーナーのマッチングもまた、VAN LIFEの醍醐味だ。

高い整備力を誇るナオキモータービルドにOBSの“メカニズム” を解説してもらう

大きく分けて95年モデルまでのTBIと96年モデル以降のVORTECの2種類のエンジンが存在するOBS。ここではこの2つのエンジンの特性やメリット&デメリットなどを、開業当時からOBSを見てきたナオキモータービルドで伺ってきた。

90年代から四半世紀に渡る営業を経て、寝屋川市駅からすぐの場所に【SOUL FOOD BAR BUTCH】

大阪のベッドタウン寝屋川市、南北を結ぶ外環状線(国道170 号線)から一本入った場所で25年間継続してきた「SOUL FOOD BAR BUTCH」が節目となる四半世紀を迎え、寝屋川市駅からすぐの場所に!

 

最新記事


2024/07/25

ポストビンテージバンの大本命として人気高騰中【シェビーバン ビュービル】

バン

ビンテージ

シボレー

70年代の丸目を筆頭に、フルサイズバンの中でも80年代までの個体がビンテージバンとして人気を博してきた。しかし紹介する個体の様に90年代中頃まで基本コンセプトは変わらない。むしろ熟成された最終モデルこそベストバイ!

2024/07/24

アニメを見て惚れたマスタング、今では押しも押されぬ爆速女子へ

クーペ

フォード

名探偵コナンに登場したマスタングに惹かれてカーボックスを訪れたオーナーさん。一番ド派手なエレノア仕様を選び、チャレンジャー・ヘルキャットに乗る旦那様は走りで負けたくないライバルだ。

2024/07/23

仮契約までしたけどLBスタイルに惚れて変更【ダッジチャレンジャー】

クーペ

ダッジ

過去2回、LBワークスで武装したチャレンジャーに乗ってアメマガ主催イベントamZに参加したみっちさん。軽自動車が長年の愛車だった彼女が、初めてのアメ車としてチャレンジャーを手にするストーリーとは。

2024/07/22

日本に2台だけ存在する 激レアなH1フリート

ピックアップトラック

ハマー

アメ車の中で、確固たるカテゴリーを形成するピックアップ。そのサイズ感やヘビーデューティ性に魅力を感じる人は少なくない。だがスカイオートが在庫するH1は、どんな道も走破できる究極のトラックと言えるだろう。

ランキング


2024/07/25

ポストビンテージバンの大本命として人気高騰中【シェビーバン ビュービル】

バン

ビンテージ

シボレー

70年代の丸目を筆頭に、フルサイズバンの中でも80年代までの個体がビンテージバンとして人気を博してきた。しかし紹介する個体の様に90年代中頃まで基本コンセプトは変わらない。むしろ熟成された最終モデルこそベストバイ!

2024/07/24

アニメを見て惚れたマスタング、今では押しも押されぬ爆速女子へ

クーペ

フォード

名探偵コナンに登場したマスタングに惹かれてカーボックスを訪れたオーナーさん。一番ド派手なエレノア仕様を選び、チャレンジャー・ヘルキャットに乗る旦那様は走りで負けたくないライバルだ。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger