キャンピングトレーラー泊で非日常のアウトドアを満喫!

アウトドア

ショップ

アメマガ2023年1月号

フリーアンドイージー・キャンプリゾート

アメ車と楽しめ「ソト遊び」

エフェクトメイジ

牽引免許不要の本格的なキャンピングトレーラー・X-CABINを取り扱うエフェクトメイジが、三重県に「フリー&イージーキャンプリゾート」をオープン!最新のLED照明を駆使したイルミネーションで彩る幻想的なナイトシーンは必見!

アメ車と楽しめ「ソト遊び」-ENJOY!! OUTDOOR STYLE-


ワンちゃんや小さなお子様、連れでも安心快適の設備!

FREE AND EASY CAMP RESORT

アメ車とアウトドアは、フライドポテトにケチャップレベルで合う。しかし何もない大自然で快適なアウトドアを楽しむならそれ相応の道具を用意して、現地でテントサイトを展開して、炭を熾して調理してと手間がかかる。また、中には大切な愛車にザックリアウトドアギアを積み込むのを良しとしない方もいるだろう。

非日常の不便を楽しむのがアウトドアのセオリーであることは大前提として、そこまで本気でアウトドアじゃなくてもっとカジュアルに楽しめたらと考えるアメ車オーナーも意外に多い。そんな方にぜひオススメしたいのが、この夏オープンしたばかりの「フリー&イージーキャンプリゾート」だ。

何も用意せずに手ぶらで行っても楽しめてしまうグランピング的な要素を持ったX-CABIN×テント泊はアメ車乗りたちの理想形。アルミボディで空調まで完備したキャンピングトレーラーとテーブルやチェア、ベッドメイキングまで済んだテントのドッキングで現地に付いたその瞬間からリラックスしたアウトドアを楽しめる。

 

食事も準備してくれてお腹を満たした後は歩いてすぐの片岡温泉で汗を流し、そのままLEDを駆使したイルミネーションを堪能。至れり尽くせりなアウトドアとはまさにこの世界観だと確信。

家具・家電のサブスク・レンタルMODHI
「家具、家電は購入するよりもレンタルする方が効率よく利用できる場面もあります。キャンプに必要な家電をレンタルしてみてはいかがですか?」

アスファルト舗装済みの駐車場に愛車を止めるとすぐ横に人工芝の専用スペースを完備。もちろん広大な本物の芝も隣接しており、事前予約すればBBQディナーも利用可能。食材や飲み物を持ち込んでもどちらでも楽しめる。100V/10Aの電源付なのでスマホの充電や照明、これからの季節、必須となる電気毛布などの快適なモバイルギアの利用も可能だ。

Ogawaテントをはじめ、専用テントを連結したキャビンのほか、2名宿泊用にサイドタープのみなど人数や要望に応じたサイトを用意するX-CABIN 泊。中へ乗り込むと、まるで豪華客船の中の様な非日常空間。「トレーラー泊ってどんな感じかな?」と、興味をお持ちの方にとっても良いきっかけと経験になること間違いなし。子供たちもこの日ばかりはいつもとは異なる快適な寝床にご満悦! また、アメニティーはホテルと遜色ない一流品だ。

テンダーロインステーキからハンバーグまで4つのコースから選べるBBQディナーは17時から21時まで利用できて、RVサイトからも歩いてすぐの専用ウッドデッキで楽しめる。面倒な火起こしや食材の準備、後片付けなどの煩わしい手間から解放されることも、極上のアウトドアたる理由。

リード無しで走り回れるドッグランやトリマーによるドッグサロンも完備しており、幼い子供連れや愛犬と共にアウトドアを楽しみたい方にとっても、至れり尽くせりの施設が充実。

都会のイルミネーションとは一線を画す木々とLED照明によるコラボレーションは実に幻想的。中庭には大きな焚き火台があり、専門スタッフが火加減を調整してくれるので、火を愛でながら家族と共に異次元のライトアップを堪能可能。

CAFE&BBQ TREE HOUSEでは朝食と夕食のオーダーできて手ぶらで食事を楽しめ、歩いてすぐの場所には片岡温泉。愛犬連れでも楽しめる広大なドッグランとトリミングも可能なドッグサロンまで併設。極め付けはX-Cabinトレーラーによるグランピング泊もできて、本当に何も準備しないでフラッと訪れても楽しめる“おもてなしの極み” を堪能できる。


FREE AND EASY CAMPRESORT【フリーアンドイージー・キャンプリゾート】

住所:〒510-1233 三重県三重郡菰野町菰野4838-1
TEL:059-391-6363
URL:https://fecr.jp/


PHOTO:竹内公憲
TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2023年1月号掲載


関連記事

RELATED


オフロードトレーラーなら、本当に自由な旅が実現可能

クルマにオーニングやルーフトップテントを搭載し、自由気ままな旅を楽しむオーバーランドスタイル。オーストラリアが発祥となるが、それをよりグレードアップさせたのが、OSOのオフロードキャンパーズだ。

大きなアウトドアギアやクルマまで何でも積載可能

トレーラーが欲しい!それもキャンピングではなく荷物やアウトドアギアを気兼ねなく積載できるもの。でもシンプルなカーゴトレーラーや、クルマを運べる物は少ない。そんなユーザーの悩みを解決してくれるのがMAROYAだ。

ずっと憧れ続けていた、エアストリームを大人買い

アメ車乗りの方にとってエアストリームは憧れの一つ。誰しも一度は欲しいと夢を見たこともあるだろう。そんなエアストリームをなんと4台! しかも同時期に手に入れた強者が、紹介するエアストリームランダーカフェを営むMakotoさんだ。

Bボディ・サテライトのシルエットに惚れて即決!【1970 PLYMOUTH SATELLITE】

ビンテージマッスルに魅せられし7人のカーマニアたち【バーニーズ】

自分だけの拘りのナイフ

ベテランキャンパーともなれば、キャンプに出掛ける際は荷物を極力少なくする。そんな限られた荷物のなかで、欠かさず持っていくのがナイフだろう。せっかく持っていくならば、他にはない拘りのナイフが必要だ。

 

最新記事


2024/06/20

パーツが少ないキャデラックもウイングオートでカスタム可能

キャデラック

人気が高い車種であるほど、アフターパーツも豊富にある。だがキャデラックの場合そのブランドイメージもあって、カスタムする人は少なく、パーツの選択肢も限られる。だがウイングオートなら、そんな悩みも解決してくれる!

2024/06/19

チャレンジャーに乗ることでアメ車に対する価値観が激変

クーペ

ダッジ

今までアメ車には一度も乗らず、日本車や欧州車を乗ってきたオーナーさん。そんな彼がなぜチャレンジャーを、しかもEDGE CUSTOMSを…。これまで様々なスタイルを紹介してきたが、チャレンジャーと出会い、アメ車の虜になったオーナーさん紹介しよう。

2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!

ランキング


2024/06/19

チャレンジャーに乗ることでアメ車に対する価値観が激変

クーペ

ダッジ

今までアメ車には一度も乗らず、日本車や欧州車を乗ってきたオーナーさん。そんな彼がなぜチャレンジャーを、しかもEDGE CUSTOMSを…。これまで様々なスタイルを紹介してきたが、チャレンジャーと出会い、アメ車の虜になったオーナーさん紹介しよう。

2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!