古き良きアメリカの世界観/SONORAN ディープコンケイブで魅せる/FARM D10

ホイール

アメマガ2023年3月号

モーターファーム

FARM D10

SONORAN

Jeepに首ったけ

THE BOTTOMS

Jeepに首ったけ


ディープコンケイブで魅せる/FARM D10

FARM D10の17インチに待望の9J/5H/127 ET+1のサイズ設定を追加!

ラングラーをはじめ様々な本格派オフローダーのホイールをリリースする大阪のモーターファーム。D10もラインナップのひとつだが、サイズ的にコアなカスタムフリークたちにとってはどこか物足りなさが否めなかった。それは、マイルドリフトでかなうカジュアルなオフローダーに見合うサイズラインナップであって、本格的にリフトアップを施しワイドフェンダーで格上げされたラングラーでは絶対的な深みが足りなかったから。もう少しディープコンケイブのサイズ設定があれば…と願う声も増加傾向となり満を持してのリリースとなったのが9JのET+1設定だ。

37×12.5R17のBFグッドリッチKM3をマウントしてもフィットする重厚感と10個の大胆なDホールの落とし込みで魅せるディープコンケイブはロッククローラーの3インチアップキットでリフトアップされたグラディエーターのボトムに抜群に映える。デモカーは助手席側にDCティントディスク、そして運転席側にマットブラックとアシンメトリーに履きこなすが、どちらも甲乙付けがたい魅力を放つ。むしろラングラー向けのサイズ設定は、9Jぐらいがちょうど良い塩梅なのではとすら感じられるほど抜群に似合っている。

スペック
サイズ:17×8.0J(5H/インセット38/P.C.D.127)/17×9.0J(5H/インセット1/P.C.D.127)
カラー:マットブラック、マットブラック/DCリム、マットブラック/DCティントディスク
規格:JWL / VIA
付属品:バルブ


MAT BLACK


MAT BLACK/DC RIM


MAT BLACK/DCTINTDISK


古き良きアメリカの世界観/SONORAN

荒野を走破する四駆らしさ漂うラリーホイールライクなデザインが60年代のアメリカを彷彿させる

ジムニーに特化したパーツサプライヤーから四駆全般の総合パーツメーカーへとステップアップを図るべくリリースしたD10。その第二弾として新たに加わったホイールが紹介する「SONORAN(ソノーラ)」だ。 アリゾナからカリフォルニア、そしてメキシコのソロラへと広がる広大なソノラ砂漠がネーミングの由来となっており、往年のラリーホイールを思わせるスチールライクなデザイン、そして鏡面仕上げの脱着式センターキャップがスクエアなフォルム、そして7スリットなど、CJ時代から長年にわたり継承し続けるラングラーとの相性も良い。

センターキャップを外せばワイルドかつ硬派な表情を見せ、オフロードで映えるボトムスを強調。一方鏡面のセンターキャップを付けた途端、トラディッショナルで上品なレトロ感漂うボトムスへと変貌。しかもセンターキャップはボルト2本で簡単に脱着できるのでシーンに応じてアレンジできるところも特筆物。カラーはマットブラック、オフホワイトの2色展開となり、8Jのリム幅は純正オーバーフェンダーでちょうどバランスの良いリム幅なので、足もとだけアレンジしたい方は必見!

スペック
サイズ:17×8.0J(5H/インセット38/P.C.D.127)
カラー:オフホワイト、マットブラック
規格:JWL / VIA
付属品:バルブ

OFF WHITE

MAT BLACK


THANKS:MOTOR FARM
TEL:072-338-8222
https://www.motor-farm.com


アメ車マガジン 2023年3月号掲載


最新記事


2024/06/21

究極の美を求める人に贈るROHANの導き出した答え

クーペ

フォード

見る者を魅了するどころか、一瞬で釘付けにする。そんな芸術作品のような佇まいを見せるROHANのデモカー。第一弾ではコルベットを取り上げ、続いてカマロ、そして第三弾となる今回はマスタングをベースに華麗なシルエットを創造。

2024/06/20

パーツが少ないキャデラックもウイングオートでカスタム可能

キャデラック

人気が高い車種であるほど、アフターパーツも豊富にある。だがキャデラックの場合そのブランドイメージもあって、カスタムする人は少なく、パーツの選択肢も限られる。だがウイングオートなら、そんな悩みも解決してくれる!

2024/06/19

チャレンジャーに乗ることでアメ車に対する価値観が激変

クーペ

ダッジ

今までアメ車には一度も乗らず、日本車や欧州車を乗ってきたオーナーさん。そんな彼がなぜチャレンジャーを、しかもEDGE CUSTOMSを…。これまで様々なスタイルを紹介してきたが、チャレンジャーと出会い、アメ車の虜になったオーナーさん紹介しよう。

2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

ランキング


2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger

2024/06/21

究極の美を求める人に贈るROHANの導き出した答え

クーペ

フォード

見る者を魅了するどころか、一瞬で釘付けにする。そんな芸術作品のような佇まいを見せるROHANのデモカー。第一弾ではコルベットを取り上げ、続いてカマロ、そして第三弾となる今回はマスタングをベースに華麗なシルエットを創造。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/05/24

基本的にはノーマルのグランドチェロキーであるが細部で個性を主張する!

SUV

ジープ

2016 JEEP GRAND CHEROKEE