amZ2023のアワード受賞者をまとめご紹介!

amZ

アメマガ2023年9月号

amZ

amZ 2023

AICHI SKY EXPO

アメ車マガジンが主催するアメ車マガジンミーティングZ、略してamZも今回で8回目を迎えた。会場には40を超す出展ブースに200台を超すエントリー、さらに来場者数も1000人を超え、 とにかく大盛り上がり!

2023.5.28(SUN) アメ車マガジンミーティングZ 2023 in Aichi Sky Expo[愛知県国際展示場]


アメ車らしいフリーダムさが凝縮!圧倒的存在感と完成度の高さが魅力!

AWARD 1st PRIZE


FORD MODEL A / ゴリさん

8回目となるamZ のグランプリに輝いたのは、ゴリさんの1929年型FORD MODEL A。ベース車の面影はまったくなく、完璧と言えるレベルのホットロッドにカスタマイズ。そのこだわりは非常に強く、マフラーはチタンで作り直したほど。

ファイアストンのホワイトリボンはもちろんバイアスで、性能よりもスタイルを重視。サスペンションは前後コイルオーバー化されているものの、「長距離はちょっとツライかな?」と語る。

ちなみにヘッドライトはLEDを装着。車体の直前直右を確認するために、カメラ&モニターも装備。スタイリングをトコトン追求しているが、それと同時に安全性にも配慮している。

 

スポーティ性とインパクトを全面に強調!

AWARD 2nd PRIZE


CADILLAC ESCALADE / VADERさん

2022年、F-450で見事最優秀賞を受賞したVADERさん。amZ史上初のV2を獲得するために乗り換えたのは、最新型のエスカレード。だがカスタマイズパーツはまだまだ少なく、思い通りのカスタムが行えなかったそうだが、ZEROのリアウイングやクアートの26インチホイールをセット。ブラックのボディに敢えてキャンディレッドを組み合わせることで、存在感を主張するも残念ながら2位となった。

アワード授与の時に笑顔は見せず、既に来年への闘士が込み上げている様に見られた。風のウワサによると、既に新たなベース車両を探しているそうで、早くも次回のamZのユーザーコンテストは始まっているのかも。

 

エアロをレスにしたアイランドスタイル

AWARD 3rd PRIZE


CHEVROLET CHEVY VAN / Don K.T.さん

授賞式の時にシェビーバンから続々と出て来て、その車内の広さを見せつけたDon K.T.さん。皆さんご家族なのかと思ってお聞きしたら、家族ではなく地元のクルマ仲間たちだそう。

落ち着いたネイビーカラーや飾り気がなく、スタンダードモデルの様に見えるのだが、実は1994年型の正規輸入されたスタークラフトがベース。エアロパーツ類はレスにしているが、外したパーツもちゃんと保管しているそうだ。

次回のamZに向けて、今後は内装を徹底的にアレンジするとのこと。見ても乗っても楽しい1台に仕上げたいと語ってくれた。ちなみにガレージもかなりこだわっているので、こちらもいずれ本誌で紹介してみたい。

 

決めては左右で色が違うホイール、パパより息子君の方がアメ車好きかも?
AWARD promotional model hanya_gram PRIZE


FORD MUSTANG / TAKESHIさん

キャンペーンガールのはにゃさんが選んだのは、TAKESHIさんのマスタング。決めては左右でホイールの色が違うことで、思わず2度見したそうだ。ちなみにオーナーのTAKESHIさんはこれが初めてのアメ車で、去年初開催された「FUEL FEST」に参加しV8サウンドに一気に魅了され、購入を決意。

今後の予定としては、オーバーフェンダーの装着を計画中とか。ちなみに車両の解説は息子君がすべて完璧に行ってくれるほど熟知。毎日ネットでアメ車の情報をチェックしているそうで、初対面のカメラマンに対し「あそこのお店のYouTubeで見たことがある!」と言われたのはビックリ。まさに未来のアメ車オーナーの姿を見た様な気がした。

 

アメマガのイベント皆勤賞、そろそろ何か欲しかったです(笑)
AWARD promotional model 4haruka_yano0110 PRIZE


CHEVROLET ASTRO / ヅメさん

amZの開催場所となった愛知県、千葉県、お台場、台風のなか開催となった伝説の富士スピードウェイなど、いつどんな時も参加してくれるヅメさん。しかも全国アメマガキャラバンも積極的に参加し、遠方開催でヅメさんの姿を見て編集部が驚くことも。

普通そこまで参加を重ねると、編集部に対してゴリゴリにアピールしそうなものだが、開催中はいつも愛犬を愛でて過ごしている(笑)。amZ 参加に関しては、アストロに施すダブルフレイムスやエアブラシなどをamZアワードペイントでお馴染みのグランドアーツで行なっているため、開催地がどこであれ参加する意気込みだ。

そんなアストロも所有して17年。足回りの強化などでブラッシュアップしつつ、しっかりメンテすることも怠らない。これからも大事に乗って、欠かさず参加お待ちしております!

 

グリーンラインとワンオフマフラーでスタイリッシュ&個性的なルックスに!
AWARD ORGANIZER PRIZE


FORD MUSTANG / SERINA.Oさん

オーガナイザー賞を受賞したのは12年型マスタングに乗るSERINAさん。以前登場した時に「マフラーを作りたい」と言っていたが、そのマフラーが完成!ほかにはない左右縦4本出しはスポーティーだし、めちゃくちゃカッコいい。ちなみにこのマフラーはエスカレードに乗る旦那さんが製作したそう。

またブラックボディにグリーンのアクセントをあしらったカラーリングも個性的。ファッションもコーディネートしているのもさすがです! 次はヘッドライトをカスタム予定。次回も楽しみにしていますね!

 

トータル12インチリフト!安心してください、運転できますから!
AWARD ORGANIZER PRIZE


TOYOTA TUNDRA / てるねぇーさん

ハマー・H3からタンドラに乗り換えて早5年。てるねぇーさんの小さな身長はそのままにタンドラは徐々に身長が伸びていき、今ではトータル12インチのリフトアップ。運転席によじ登る姿は、ある意味で見どころだ(笑)。

もちろん、オーナーと愛車の高低差だけが表彰の理由ではなく、フロントバンパーはADDオフロードステルスファイター、フェンダーはハニーD、シートはTRD仕様に張り替えられ、天井などの内装もアルカンターラにするなど、トータルカスタムが大きなポイントだ。

 

ポップなカラーリングで仕上げ、ゴツ可愛い個性的なスタイル!
AWARD ORGANIZER PRIZE


FORD F-350 / 鈴木勝太さん

購入してまだ半年というF-350に乗る鈴木さん。元々大きいF-350をさらに3インチリフトアップし、37インチのジオランダーM/T G003を装着。ショックはICONをチョイスしており、乗り心地と安定感を両立させている。エクステリアはグリルとAピラーの根本にLEDランプを追加。

リアのヒッチにはワンオフのモンスターフックを装着。色のインパクトは非常に絶大だが、実は比較的シンプルなスタイルでまとめられている。ピックアップやSUV のカスタムはゴツゴツしがちだが、程よい感じが受賞のポイントだ。


好天下での開催となったアメ車マガジンミーティングZ 2023 in Aichi Sky Expo

熱く、そして笑顔満祭なアメマガ祭り!! 40社以上のプロショップ、スワップミートが会場を彩った!

amZ2023のアワード受賞者をまとめご紹介!

アメ車マガジンミーティングZ 2023にエントリーしてくれたユーザーを一気見せ!その①

アメ車マガジンミーティングZ 2023にエントリーしてくれたユーザーを一気見せ!その②

アメ車マガジンミーティングZ 2023にエントリーしてくれたユーザーを一気見せ!その③


amZ2023キャンペーンガール

Haruさん  @4haruka_yano0110
はにゃさん  @hanya_gram

会場:Aichi Sky Expo[愛知県国際展示場]
PHOTO ★浅井岳男・Tomo's PHOTO・清野央・石井秋良・相馬一丈・編集部 
TEXT ★空野稜・石上智章・マーク清原・石井秋良・相馬一丈・編集部
アメ車マガジン 2023年9月号掲載

関連記事

RELATED


アメ車マガジンミーティングZ 2023にエントリーしてくれたユーザーを一気見せ!その③

アメ車マガジンが主催するアメ車マガジンミーティングZ、略してamZも今回で8回目を迎えた。会場には40を超す出展ブースに200台を超すエントリー、さらに来場者数も1000人を超え、 とにかく大盛り上がり!

アメ車マガジンミーティングZ 2023にエントリーしてくれたユーザーを一気見せ!その②

アメ車マガジンが主催するアメ車マガジンミーティングZ、略してamZも今回で8回目を迎えた。会場には40を超す出展ブースに200台を超すエントリー、さらに来場者数も1000人を超え、 とにかく大盛り上がり!

アメ車マガジンミーティングZ 2023にエントリーしてくれたユーザーを一気見せ!その①

アメ車マガジンが主催するアメ車マガジンミーティングZ、略してamZも今回で8回目を迎えた。会場には40を超す出展ブースに200台を超すエントリー、さらに来場者数も1000人を超え、 とにかく大盛り上がり!

熱く、そして笑顔満祭なアメマガ祭り!! 40社以上のプロショップ、スワップミートが会場を彩った!

アメ車マガジンが主催するアメ車マガジンミーティングZ、略してamZも今回で8回目を迎えた。会場には40を超す出展ブースに200台を超すエントリー、さらに来場者数も1000人を超え、 とにかく大盛り上がり!

好天下での開催となったアメ車マガジンミーティングZ 2023 in Aichi Sky Expo

Aichi Sky Expo(愛知県国際展示場)での開催は2022年9月に続いて2回目となるアメ車マガジン主催のイベントアメ車マガジンミーティングZ2023が5月29日(日)に行なわれた。

 

最新記事


2024/02/27

走りを追求するクルマからモーターホームまで対応!【WOT'S】

ショップ

アメ車専門店と言っても、マッスルカーやSUV、さらにはモーターホームなど、ジャンルで別れるのが殆ど。だが、それらすべてを扱うオールジャンルなアメ車専門店と言えるのが、熊本のワッツだ。

2024/02/26

アナタ好みのキャンピングカー造ります【VORTEX YOKOHAMA】

バン

キャンピング

シボレー

誰に気兼ねすることなく自由を追い求めてキャンプを楽しむのであれば、既成ではなくトコトンこだわり抜いた仕様へと仕上げられた内装のキャンピングカーで謳歌したくはないだろうか?それを具現化してくれるのがヴォルテックス横浜だ。

2024/02/23

マッスルカーライフを満喫!我が家の家訓、男なら“男らしいクルマ”に乗れ!

クーペ

ダッジ

高校生の頃に乗ると決めたチャレンジャー。父の援助もあって購入したから、父にも乗る権利はある。そんな息子のチャレンジャーに乗ると余りにも楽しすぎて、内緒で自分もチャレンジャーを購入。友人のような関係を築きながら、マッスルカーライフを満喫するオーナーさん親子を紹介しよう!

2024/02/22

長年に渡って見続けてきた老舗アメ車ショップにOBS の“イマ”を聞いた【ブルーリバー】

ショップ

1990年代から2000年代初頭のアストロブームと共に、アメ車シーンをけん引してきた関西の老舗アメ車専門店ブルーリバー。OBSの過去と現在を知る有識者として、当時から25年に渡ってブルーリバーを守り続ける代表の山倉氏に話を伺ってきた。

ランキング


2024/02/26

アナタ好みのキャンピングカー造ります【VORTEX YOKOHAMA】

バン

キャンピング

シボレー

誰に気兼ねすることなく自由を追い求めてキャンプを楽しむのであれば、既成ではなくトコトンこだわり抜いた仕様へと仕上げられた内装のキャンピングカーで謳歌したくはないだろうか?それを具現化してくれるのがヴォルテックス横浜だ。

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]

2021/03/15

【注目のアメリカン雑貨】大阪の老舗ブランド、アンダーウッドが同業者の買い付け地に!

ショップ

大阪府吹田市の閑静な住宅街にあるユニークなショップ「アンダーウッドブランド」。ヴィンテージカーやオートバイからアパレル、多肉植物など幅広いアメリカンアイテムが豊富。同店はヴィンテージ・アイテムの素晴らしいコレクションを展示するだけでなく、カスタムカーやオートバイのレストアなど様々なサービスも提供しており、一度は訪れるべきショップ!
UNDERWOOD BRAND【アンダーウッドブランド】

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】