インスタグラムで声を掛け、8人のジープ女子で淡路島へ

ジープ

イベントレポート

アメマガ2023年11月号

ジープ女子

ここ数年、ジープに乗る女性オーナーは確実に増加傾向。ジープをキーワードに集うミーティングやイベントに参加しても確実にその数は増えている。というわけで女性オーナーに限定したジープ・ガールズ・オンリーパーティーを開催!


カスタム車も多数集まった、笑顔と刺激が満載のオフ会に

13th Aug 2023 Jeep Girls only party in AWAJISHIMA
Jeep 女子会 in 淡路島

2023年7月に取材したグラディエーターオーナーのゆりこめさんが関西でジープオーナーの集いに参加した際、女性オーナー同士で盛り上がって「ジープ女子会しない!?」なんて軽いノリから始まった同企画。車種はジープブランドであれば何でもOK。ただし女性オーナーであることを条件にSNSで募集をかけたところ、8台のジープ女子が参加表明。ルートは淡路ハイウェイオアシスを集合場所に設定して、ガーブでランチ、コスタオレンジ、尾崎漁港をへてタカムラコーヒーでカフェタイムを楽しみ、佐野新島をゴールに設定。

淡路島巡りということで関西中心の参加者が多かったが、中には関東からロングドライブを経て参加してくれるオーナーも。海沿いのテラスでガールズトークを楽しみながらのランチや、オブジェをバックに写真撮影など、女性オーナーならではの楽しみ方で日が暮れるまで終始大盛況。興味はあるけどちょっと遠すぎて参加が難しいなんて声も多かったので、今後は関東方面での開催も検討中とのこと。今回参加できなかったジープ女子の皆様も次回はぜひ!

Gladiator ★ ゆりこめさん

ピックアップならではの遊び方ができちゃうところがお気に入り。大きいけど小回りが効くのでどこへでも行けちゃうカッコ可愛い相棒です♡

Wrangler Unlimited ★ Akinaさん

ジープ歴4 年! ベテランJeep 女子のAkinaさん。ラングラーの四駆らしいフォルムとオレンジのコントラストが最高♡私の彼氏です(笑)。

RENEGADE ★ Akihoさん

まだ購入して2カ月ほどの納車ホヤホヤ。青空と黄色いボディはそれだけで映えスポット(笑)。丸目が可愛くて大好きと、息子さんもお気に入り!

RENEGADE ★ ayaさん

ノーマルで乗っても可愛さが増し増し! 乗り心地も良くてコンパクトに見えるけど、中は意外と広くて車中泊もできるところが最高♡

Wrangler Unlimited ★ miyukiさん

一目見た瞬間からチーフブルーに一目惚れ♡ 実は以前同色のJKラングラーを所有していて同色でJL に乗り換えるほど、この色に一途♡

RENEGADE ★ ゆづはさん

2年半ほど前に購入した2020年型のレネゲード。運転するだけで楽しく、乗っていて気分が上がる! 淡路島を走る最中も終始笑顔! とにかく可愛い♡

Grand Cherokee ★ ykhさん

今回唯一のグランドチェロキー。高級感があるのに自然も似合う。乗り心地から使い勝手、カッコ良さも兼ね備えた自慢の愛車です!

RENEGADE ★ konokaさん

丸目のヘッドライトが可愛いとの意見が多い中、バッテンXのテールが最高に可愛い♡ と語るKonokaさん。確かにカッコ可愛いです♡


PLACE:兵庫県・淡路島
アメ車マガジン 2023年11月号掲載


最新記事


2024/05/24

自由気ままにアレンジ それがマイスタイル【1970 シボレーC-20】

ピックアップトラック

ビンテージ

シボレー

アクションラインのニックネームで親しまれているC/Kシリーズのセカンドジェネレーション、1970年型C-20を愛車とするオーナーさん。手に入れるや否や「ワークトラック」という方向性を定め、躊躇することなく思いを形に仕上げていっている。

2024/05/23

40フィートのコンテナを店舗にスケールアップ!【パラダイスバーガー】

ショップ

2024/05/23

古き良きアメリカの世界観/SONORAN ディープコンケイブで魅せる/FARM D10

ホイール

2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

ランキング


2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

2024/05/23

古き良きアメリカの世界観/SONORAN ディープコンケイブで魅せる/FARM D10

ホイール

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。