可愛くて存在が楽しいアメリカンコンパクトSUV【シボレーHHR LS】

SUV

シボレー

アメマガ2024年1月号

HHR

HHR LS

THE PICK UP TEST DRIVE

ガレージジョーカー

千葉県

PTクルーザーに対抗して、GMが1949年型サバーバンをモチーフにデザインし開発したシボレー・HHR。PTほど支持を得られなかった印象があるが、ガレージジョーカーでは定期的に売れる人気モデルになっている。

THE PICK UP TEST DRIVE


個性的で価格もサイズもお手頃でガレージジョーカーの密かな人気モデル

2007y CHEVROLET HHR LS

05年にHHRのコンセプトモデルが登場した際、既にその地位を確立していたPTクルーザーのライバル登場に、本国アメリカでも「今さら」の声が多かった。しかしそんな声とは裏腹に、アメリカでは06年発売以来、月販平均1万台を誇る人気モデルとなった。

 

コンパクトモデルとは無縁のイメージが強いアメリカだが、日本同様に都心部ではコンパクトモデルの需要は高く、49年サバーバンをモチーフとするレトロデザイン、コンパクトでありながらSUV的な雰囲気を持ち合わせていたことが大きく受けたのだ。とはいえ、PTクルーザーは発売から6年間で世界販売台数が100万台突破と、人気面では大きな差があったのだが…。

07年からは、日本でも三井物産オートモーティブで正規販売がスタート。クライスラーが販売するPTクルーザーは右ハンドル仕様ではあったが、HHRは左ハンドルのみ。サイズも見た目も似ている両車だが、この違いが一番大きい。サイズ的に主なターゲットとなるのは、女性やクルマに余り乗りなれていない若者になるが、やはり左ハンドルへの抵抗感を持つユーザーは一定層いるため、比較して右ハンドルのPTを選ぶユーザーも多かったのが、HHRが日本ではPTのようにブームになりえなかった理由のひとつだろう。

 

そんなHHRだが、ガレージジョーカーでは入庫すれば売れる密かな人気モデル。今回撮影したHHRは同店でレンタカーとして使われている車両だが、レンタカーとして借りて「初めての左ハンドルだったけど乗りやすい」と、購入を希望するオーナーもいるほど。乗ったら良さが分かるHHR。中古相場もかなりお手頃になっており、ガレージジョーカーではHHRを積極的に導入中。

IMPRESSIONS
どうしてもPTと比較してしまうが小回りはHHR に軍配

HHRと比較するのは、今も昔もやはりPTクルーザーになる。登場当時に両車を徹底比較した際、右ハンドル、左ハンドルの違いに加えて、大きな差を感じたのが小回り(最小回転半径)。圧倒的にHHRが小回りが良かったのだ。今回はPTと乗り比べこそしていないが、運転していてその当時の記憶が蘇るほどの扱いやすさを感じた。2.2ℓエンジンはとにかくレスポンスが高く、スッと加速してキビキビ走る。それでいて小回りが効くのだから、街乗りで不満を感じることはない。また、足回りを新品交換済みということで、ふらつくことなく安定したコーナリングを楽しませてくれた。

HHRだからこそマカロンカラーが良く似合う

普通のコンパクトカーでは物足りない。そんなユーザーから今、「こんなクルマがあったんだ」として選ばれているHHR。そんなHHRに注目し、マカロンカラーにオールペンして、よりキャラクター性を引き立たせHHRを積極的に販売するのがガレージジョーカーだ。

1ナンバー登録も可能で働くクルマとして使用もあり

日本で正規販売されていたHHRの基本グレードは、直列4気筒2・2ℓを搭載するLS/1LT、同2.4ℓ搭載の2LTの3タイプ。後にLSをベースにし、リアシート排除、サイドウインドをパネル化したパネルも登場している。
今回撮影したモデルは、正規販売が開始された07年型のLS。ボディカラーは純正ではなく、ガレージジョーカーがマカロンカラーのミント風にオールペン。ここに、HHR専用の16インチラリーホイール、タイヤはホワイトリボンを組み合わせることでHHRが持つレトロクラシックなキャラクター性をより際立たせている。さらに、前後ショック交換(モーグ製。フロントアッセンブリー交換)、ディスプレイオーディオ装着、ヘッドライトやフォグなども新品交換されている。

 

なお、1ナンバー登録にすることも可能で、乗員定員が2or3人になるが維持費はさらに抑えられる。

 

今回のモデルは、あくまでもガレージジョーカーの劇中車・レンタカー。販売することも可能だが、基本的にHHRの面白さを表現しているクルマであり、新たな車両を購入し、マカロンカラーなどにオールペンして個性を楽しんで欲しいというスタンスだ。巷では、ジワリPTクルーザーの人気も上昇と聞く。同様に再び脚光を浴びそうなHHRである。

搭載するエンジンは直列4気筒2.2ℓ。上級グレードの2LTには直列4気筒2.4ℓが搭載される。07年型にはLSグレードに5MTも設定されているため、マニュアル派にとっては穴場のモデルかもしれない。

個性的なデザインがHHRの特徴。因みにカーデザインはPTクルーザーと同人物。HHRのボディカラーは、キャラクター的に白・黒よりもカラフルなカラーが似合う。ガレージジョーカーではマカロンカラーのミント風にオールペン。ホイールはHHR専用の16インチラリーホイール、タイヤはホワイトリボンを組み合わせる。

通常のLSはモケットシートだが、撮影モデルは上級グレードからレザーシートを移植。サンルーフやシートヒーターが欲しければ、1LTや2LTを選ぶ必要がある。この年式では、ウインドースイッチはセンターに集中配置されている。

PTクルーザーではフルフラットにはならないが、HHRはフルフラットになる。リアシート後方には床下収納も設置されるなど、収納の多さもHHRの魅力。


SPEC

全長×全幅×全高● 4500×1760×1600mm ホイールベース● 2630mm エンジン● 直4DOHC 排気量
● 2.2ℓ 最高出力● 151hp 最大トルク● 21.0kg-m トランスミッション● 4AT


試乗SHOP:GARAGE JOKER【ガレージジョーカー】
所在地:千葉県銚子市四日市場町238
TEL:0479-25-7740
URL:https://www.garage-joker.com/
営業時間:10:00~19:00
定休日:火曜日

高品質なアメ車販売、鈑金塗装から整備までを自社で行ない、本国仕入れのアメリカン雑貨が並ぶ店内はアメ車ショップであることを忘れさせるガレージジョーカー。販売車両は近くの敷地に展示されており、他では見かけることがない車両が多数並べられている。

 

ガレージジョーカーの最近のトレンドは、ダッジ・マグナムをベースにするフェイスチェンジ。特に秀逸なのはチャレンジャーフェイスで、2ドアに抵抗を持つユーザーにとってはステーションワゴンになったチャレンジャーはかなり気になる存在のはずだ。


写真&文/相馬一丈
アメ車マガジン 2024年1月号掲載


関連記事

RELATED


「初めての愛車はシボレーSUV」。20代の頃、コンビニで立ち読みしたアメマガを見て、決意!

「初めての愛車はシボレーSUV」。20代の頃、コンビニで立ち読みしたアメマガを見て、そう決意した吉田さん。金銭的な問題で初の愛車は国産コンパクトカーにしたが、入社した会社の同期がタホに乗っていることを知り、負けていられないと、夢のアメ車購入へ踏み出した。

千葉県銚子市のガレージジョーカーに、創業間もない頃から通う

千葉県銚子市のガレージジョーカに、創業間もない頃から通う3人組。いずれも20代前半にアメ車購入し、40代半ばになった現在もアメ車に乗り続けている。その3人のなかで、いち早くアメ車デビューしたのが白石さんだ。

渋い魅力に惹かれるメキシコ産クラシックスタイルの2ドアタホ

1998y CHEVROLET TAHOE 2dr 2WD

小さいに需要ありコンパクトダッジが面白い存在になる予感【ダッジキャリバー】

アメ車に乗りたいけど、サイズが大きいし排気量も大きいから維持費が大変。だがアメ車にもコンパクトなモデルは存在し、その代表がPTクルーザーやHHR。だが、もう一つ面白いモデルがある。それがダッジ初の5ドアハッチバックのキャリバーだ。

SUVながら2ドアというルックスにコアなファンが多い、タホ・スポーツ

SUVながら2ドアというルックスにコアなファンが多い、タホ・スポーツ。僅か5年間だけの生産だっただけに、4ドアよりも希少価値は高い。そんなタホ・スポーツの、極上モデルがガレージダイバンで販売中!

 

最新記事


2024/04/16

アメ車マガジン2024年6月号 絶賛発売中!

雑誌

2024/04/15

ワンオフ加工で個性を最大限に引き出す【ジェットシティ】

オープン

シボレー

個性的なカスタムを世に送り出すジェットシティには、オーナー自らが持ち込むパーツ装着の依頼も多い。時には他車種のパーツもあるのだが、それすらも違和感なくフィッティングさせるのがジェット流。

2024/04/13

日本の気候には不向きなアメ車だからこそ防御が必要!【ラストストッパー】

メンテナンス

電子の働きを利用してアメ車をサビから守る
電子サビ防止装置 ラストストッパー

2024/04/12

こう見えても家族の送迎車、子供のために内装をアレンジ【キャデラック エスカレード】

SUV

キャデラック

これまで乗った愛車はみんなカスタムし、しかもどれも2年で手放すことが殆どだったと語るのりさん。エスカレードはラグジュアリーなスタイルが似合うけど、ほかとは違う方向性で個性を主張する。

ランキング


2020/08/26

ポンティアックとプリマス、キャラの濃い「P」にズームイン!

ポンティアック

プリマス

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。

2021/06/11

史上初の200mph超えを果たした伝説の「快鳥」【プリマス・スーパーバード】

クーペ

ビンテージ

プリマス

1970 PLYMOUTH SUPERBIRD

2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger