エントリー条件はただ1つ、WORKを装着していること【WORK WHEELS JACK 3rd】

ホイール

イベントレポート

アメマガ2024年2月号

WORK WHEELS JACK

WORK WHEELS JACK 3rd

WORK WHEELS User Event
WORK WHEELS JACK 3rd


WORKユーザーにとって、パラダイスの様な空間!

日本車からアメ車まで、様々なホイールをラインナップするWORK。そのWORKホイールを愛用するユーザーが一同に集う「WORK WHEELS JACK」が、2023年も開催された。

会場のメッセ三木にはスポーツカーやミニバン、さらにはSUVと合計200台以上が集合。まさにそこは、リアルなWORKのショールーム状態。イベントの主催は大阪のグッドガンインターナショナルとYSRだが、もちろんWORKも全面的にバックアップし、ほぼすべてのモデルを展示。しかも会場では こちらのページで紹介しているワークグノーシスCVF が、2023年12月1日の発表に先駆け、世界初のプレ公開が実施された。

 

WORKの田中社長は「クルマをカスタムするのは楽しいことですが、安全性を決して疎かにしないで下さい。タイヤとホイールはオーナーの命を預ける大切な部品なので、性能面も重視して選んで下さい!」と、来場者全員にメッセージを伝えていた。

イベントのラストにはアワードも発表され、受賞者にはそれぞれ特製の盾がプレゼントされ、参加者は皆、次回の再会を誓って、無事イベントは終了となった。

NITTO JAPAN

ホイールと一心同体と言うべきタイヤ。しかもカスタムに積極的に取り組むNITTOタイヤが、ブースを出展。カスタムに最適なデザイン性をアピールしていた。


EVENT REPORT
19th Nov 2023
開催場所:兵庫県・三木市立かじやの里メッセみき・駐車場
主催:株式会社グッドガンインターナショナル
HP:https://workwheelsjack.amebaownd.com/
共催:Car shop YSR
協力:株式会社ワーク
HP:https://www.work-wheels.co.jp/


PHOTO:浅井岳男
TEXT:空野稜
アメ車マガジン 2024年2月号掲載


関連記事

RELATED


リムエンドの美しい輝きと、硬質なスポークの描く調和【WORK BACK LABEL ZEAST BST2】

デザインは気に入っているけれど装着できるサイズがない!それはカスタム派のユーザーに共通する悩みだ。それを解決してくれるのは国産アルミホイールブランドの雄、WORKにほかならない。

細さを追求したスポークが軽快さや躍動感を予感させる【WORK GNOSIS CVF】

WORK GNOSIS CVF

本物だからなせる輝き世界初の24金メッキホイール クライスラー300C【PG MOTORING】

ホイールサイズは32インチを超え、奇抜なデザインが次々と誕生し、もうどんなホイールが出ても驚かないと思っていたが、この圧倒的な輝きには声が出ない。世界初の24金メッキホイール登場!

オリジナルの良さを伸ばしカスタム魂を刺激させる!ダッジチャージャー【ライオンハート】

愛知県一宮市にあるショップ。ライオンハート。同店はフルカスタムからちょっとしたカスタムまで幅広いサポートを得意にしている。その助けになるプロが仕上げた2台のチャージャーを紹介する。

オートギャラリー東京が手掛けたカマロSSはショーカー。圧倒的な存在感の高さが魅力的な1台。

「魅せる」ことにとにかくこだわって全面武装

 

最新記事


2024/05/25

満を持してコルベットに搭載されたハイブリッド型全輪駆動のeAWD

クーペ

シボレー

新車インプレッション

2024/05/24

自由気ままにアレンジ それがマイスタイル【1970 シボレーC-20】

ピックアップトラック

ビンテージ

シボレー

アクションラインのニックネームで親しまれているC/Kシリーズのセカンドジェネレーション、1970年型C-20を愛車とするオーナーさん。手に入れるや否や「ワークトラック」という方向性を定め、躊躇することなく思いを形に仕上げていっている。

2024/05/23

40フィートのコンテナを店舗にスケールアップ!【パラダイスバーガー】

ショップ

2024/05/23

古き良きアメリカの世界観/SONORAN ディープコンケイブで魅せる/FARM D10

ホイール

ランキング


2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger

2024/05/24

自由気ままにアレンジ それがマイスタイル【1970 シボレーC-20】

ピックアップトラック

ビンテージ

シボレー

アクションラインのニックネームで親しまれているC/Kシリーズのセカンドジェネレーション、1970年型C-20を愛車とするオーナーさん。手に入れるや否や「ワークトラック」という方向性を定め、躊躇することなく思いを形に仕上げていっている。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2023/05/23

フルリノベーションでスクールバスを第二の部屋に

バン

内装ドンガラ状態のスクールバスを手に入れ、1年半の月日をかけてコツコツと仕上げたオリジナルキャンパーバス。そこには市販車じゃ不可能な3兄弟が快適に寛げるギミックが満載! まるで動く子供部屋!!