アメマガミーティングZ 2019 in フェスティバルウォーク蘇我 9月29日(日)開催!

amZ 2019

アメマガミーティングz 2019
in フェスティバルウォーク蘇我 9月29日(日)


アメ車マガジンミーティングZ 2019は終了しました。
ご来場頂いた皆様ありがとうございました。

 

アメ車マガジンミーティングZ 2019の様子はこちらから


4回目となる『amZ』は、フェスティバルウォーク蘇我にて開催!

amZ 2019の会場、フェスティバルウォーク蘇我に集まってくれた出店ブース

今回のamZ 2019 アワードは、参加者による投票にて決定!

amZ 2019に集まったユーザーエントリーカーを一気見せ その①

amZ 2019に集まったユーザーエントリーカーを一気見せ その②

amZ 2019に集まったユーザーエントリーカーを一気見せ その③

amZ 2019に集まったユーザーエントリーカーを一気見せ その④


アメ車マガジン主催イベント
「amZ アメマガミーティング・ゼット」

2019年はフェスティバルウォーク蘇我にて
アメ車マガジン祭り開催!!

amz2019

開催概要

●日時:2019年9月29日(日)10:00~16:00
●場所:フェスティバルウォーク蘇我
●エントリーフィー:1台3000円(税込)
※参加費には、2名分の入場券と1000円分のお買物券が含まれます。お買物券は当日のamZ会場内でのみ使用可能です。
●入場料:1000円(税込) ※中学生以下は無料

各種アワード有。終日アメ車と戯れることができます。展示車両のオーナーさんも会場にいらっしゃいますので、情報交換の場としてもご活用ください。ご家族そろってお楽しみいただけます

最新情報はこちらか
随時WEBサイト・SNSで更新!!

会場へアクセス

車でのアクセス順路

東京方面から
京葉道路 松ヶ丘ICから5分 国道357号線沿い
東関東自動車道 湾岸習志野ICから30分 国道357号線沿い
木更津方面から
京葉道路 蘇我ICから5分 国道357線沿い
一般道路 16号線を千葉方面に直進、稲荷交差点近く

一般来場者へ駐車場のご案内

amz_map

電車をご利用の場合

JR蘇我駅ご利用の場合、蘇我駅西口より徒歩約30分

無料巡回バス

JR蘇我駅西口からハーバーシティ蘇我を無料巡回バスが運行
10分に1本(土曜・日曜・祝日)、無料にて運行
無料巡回バスの順路・時刻予定表などはこちらから
http://harborcity-soga.jp/b/bus.html

最新記事


2024/04/19

老若男女、誰からも愛される、お店のマスコットとして活躍【アーラキッチン】

バン

198号線(河内長野美原線)から一本離れたローカルロードに店舗を構えるアーラキッチン。田園風景に馴染む様に佇む黄色いスクールバス、そして大きなどんぐりの木は、メインストリートからでも一際目を引く!

2024/04/18

自然な流れのボディパーツにカナードを追加で進化を遂げる【エッジカスタムズ チャレンジャー F】

クーペ

ダッジ

日本はもちろん、世界中のチャレンジャーカスタムを牽引するLUXZ。2021年に登場した初のフルバンパー仕様となる「CHALLENGER F」。そのエボリューションモデルが完成したので、早速紹介しよう!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

ランキング


2024/04/18

自然な流れのボディパーツにカナードを追加で進化を遂げる【エッジカスタムズ チャレンジャー F】

クーペ

ダッジ

日本はもちろん、世界中のチャレンジャーカスタムを牽引するLUXZ。2021年に登場した初のフルバンパー仕様となる「CHALLENGER F」。そのエボリューションモデルが完成したので、早速紹介しよう!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】