amZ 2019の会場、フェスティバルウォーク蘇我に集まってくれた出店ブース

amZ

フェスティバルウォーク蘇我

アメマガ2020年1月号

amZ 2019

千葉県

amZ

アメ車マガジンミーティングZ 2019 出展ブース 18社


EXHIBITORS【出展ブース】

会場のフェスティバルウォーク蘇我に集まってくれた出店ブースは、全18店。メインステージを中心に、翼のように並び、魅力的なカスタマイズカーやグッズをずらりと並べている。

 

もちろん車種も、スポーティムードを放熱するマッスルカーからビンテージカー、ド迫力のトラック、豪胆なSUVまで勢揃い。デモカーはブース前に飾ってあるのはもちろん、ブース前だけではスペースが足らず、一般駐車スペースに、ユーザー車両と一緒に並べたり。一言で“ アメ車”といってもカテゴリーは様々だが、どんなクルマのオーナーさんでも楽しめたに違いない。実際、運営者である本誌のスタッフも、パーツやグッズの販売コーナーでは、ついつい財布のヒモがゆるんでしまい…(汗)。

 

また、コンセプトカー的に出展されたクルマや、サスペンション&エンジンパーツなど、ハード系チューニングパーツの出展もあり、今回は今まで以上に“走り”に振ったイメージもあった。 今後、ますますヒートアップしそうなamZ だけに、いろんなジャンルの出展者さんに期待せずにはいられない!

KPS

https://kpsplate.thebase.in/
タグや各種プレートのオリジナル製作を手がける「KPS」は、その場でオリジナルタグを製作してくれるサービス! いま話題の「アオリ運転注意」のプレートは、“めざましテレビ” でも放映され、売り切れ続出なのだとか。

KPSKPS KPS

VIRKIN/BEACON

https://www.virkin.jp/
埼玉県八潮市でアメ車の販売からメンテナンスなどを手がける「BEACON」。イベントではJeepグッズの販売、アウトレットの取り扱いなどを実施。とくに人気は「FUCK THE POLICE」のTシャツなのだ。

VIRKIN、BEACONVIRKIN、BEACON VIRKIN、BEACON

MAROYA

http://www.maroya.jp/
トレーラーを扱う「MAROYA」 は、広いブーススペースで様々なトレーラーを展示。牽引免許不要で引けるものから、大型のものまで。全日本ラリーのサポートを行なっていた、なんて“ 本物”の紹介も。アメリカ直輸入のドリンク販売も好評だった。

MAROYA、マロヤ MAROYA、マロヤ MAROYA、マロヤ

SIC:SHIAR'S INTERNATIONAL

https://www.sic-jp.com
アメ車販売の「SIC」 ブースでは、お役立ちアイテムをいろいろと販売。Tシャツや、メーカー系のキーホルダー、ティッシュケースなどなど。レポーターも思わず“Jeep”のホイールエアキャップを買ったとか、買わなかったとか。

SIC、シアーズインターナショナル SIC、シアーズインターナショナル SIC、シアーズインターナショナル

FORGIATO

http://forgiato.jp/
アメリカで一番人気のホイール、といえばFORGIATO 。展示車両のJKラングラー には22インチの「FLOW TERRA」を装着。FLOWシリーズはFLOWフォーミング製法により、軽量・長く使えるホイールで、お求めやすいプライスでも人気なのだ。

FORGIATO、フォージアート、JKラングラー AM3I0267 AM3I0254

SAVINI

https://saviniwheels.jp/

こちらも大物ホイールブランド「SAVINI」 。オフロード系に特化したホイール「GRID」 の展示のほか、軽量・鍛造ホイール「SAVINI FORGED」はJET CITY のマスタング に装着。295/30ZR20のタイヤを組み合わせた足もとは、まさに大迫力!

SAVINI、サビーニ、マスタング SAVINI、サビーニ SAVINI、サビーニ

Monami Motors

https://www.monamimotors.co.jp/
インフィニティやUSニッサンをメインに扱う「Monami Motors」は、'16年からフルモデルチェンジされているフルサイズピックアップ「タイタン」を2台展示。1台は5.6L V8+7速AT、もう1台は5.0L直6のカミンズ製ディーゼルターボを積む。タンドラより安め?

モナミモータース、Monami Motors 日産タイタン、モナミモータース 日産タイタン、モナミモータース

LEXANI@NS MAGAZINE

https://www.internationalwheelz.com/
アメリカンカーズの専門誌「NSマガジン」も運営する「LEXANI」 ホイール。ラグジュアリー系ホイールの代名詞は、今回、新作のブロンズカラー「スパイダー」を発表。奇抜なデザインを一新、シンプルなデザインはウケるか? オフロード系の「RBP」にも注目。

レクサーニ、LEXANI、NSマガジン レクサーニ、LEXANI、NSマガジン レクサーニ、LEXANI、NSマガジン

E:S CORPORATION

http://www.escorp.jp/
ハイパーなオーディオKITでおなじみのROCKFORDを扱うイースコーポレーションブースでは、なんと、1万1200Wのウーハーシステムを紹介。デッドニングからボックスまで手を抜かず、構築。ただしかなり重くなるので、足回りもリセッティングしたほうがいいそう…。

E:S CORPORATION、E:Sコーポレーション E:S CORPORATION、E:SコーポレーションE:S CORPORATION、E:Sコーポレーション

JOY-BASE

http://www.joy-base.co.jp/
元ドリフト系の代表だけに、そっち系のチューニングも得意な「JOY-BASE」。シェルビーGT500ドリフトプロジェクトを立ち上げ、ATでも楽しめるドリ車を提案。さらに隣にはスーパーチャージド&ブレンボブレーキ化されたレクサスLXが!

JOY-BASE、ジョイベース JOY-BASE、レクサスLXJOY-BASE、シェルビーGT500

GARAGE DAIBAN

http://www.daiban.com/
第5世代のマスタング・カスタムで注目を集め、マスタング専門店と思いきや、どんなマッスルカーでもクオリティの高い技術を見せてくれるガレージ・ダイバン 。今回持ち込んでくれたのは、シザードア仕様の'07チャージャー。オーディオにも凄みをみせる!

GARAGE DAIBAN、ガレージダイバン シザードア仕様の'07チャージャー ガレージダイバン、GARAGE DAIBAN

LUXZ

https://luxz.jp/

本誌でも強力にプッシュしている「LUXZ」 の“EDGE CUSTOM” は、従来のデモカー、チャレンジャー をさらにブラッシュアップさせて展示。サイドスポイラー、トラックスポイラーをリフレッシュし、より存在感をアップ。隣には今、注目のLUXZチェロキーも!

ラグジ、LUXZ EDGE CUSTOMチャレンジャー LUXZチェロキー

KRZ

http://krz.cc/krzx-air-suspension/
ブレーキとエアサスのスペシャリスト「KRZ」は数々のパーツを展示。が気になったのは“EZBlust”。 重曹と水をタンクからエアで吹き付けると、エンジン、足回り、タイヤ、下回りを、皮膜を造りながらリフレッシュ。ワイヤーホイールにとくにオススメ!

KRZ KRZ

ALL IMPORT

https://www.allimport.jp/
キャロル・シェルビー公認のスーパフォーマンス製「MK III」 、COBBチューニング・マスタング、'11チャレンジャーなど、本物志向のチューニングカーが並ぶ「オールインポート」 のブース前。誰もが認める渋いオトナのスポーツカーなら、おまかせなのだ。

ALL IMPORT、オールインポート ’11チャレンジャー キャロル・シェルビー公認のスーパフォーマンス製「MK III」、COBBチューニング・マスタング

COAST MOTORING

http://coast-jp.com/
ブース前にはエイジドなアストロ が1台だけ…と思いきや、ユーザーの駐車スペースにチャレンジャー とチャージャー を2台ずつ、さらにマスタング をも並べ、自慢のカスタマイズコンセプトを披露した「COAST MOTORING」 。どれも個性的な存在感にシビれる!

コーストモータリング、COAST MOTORING チャレン ジャー、チャージャー マスタング

JET CITY

https://jetcity-motoring.com/
イメージガールのナツミちゃんをフィーチャーして、お客さんの視線を一人占めしていた「JET CITY」 のブース。もちろんSAVANI を履いたマスタング 、ファントムグリルのチャレンジャー 、鮮やかなグリーンのカマロ にも注目を! 洗車グッズも充実していた。

JET CITY、マスタング チャレンジャー、JET CITYカマロ、JET CITY

QUARTT FABRICATION

https://www.quartt.jp/
FORGIATO やLEXANI の代理店もつとめる「Quartt FaB」。ブース前にはKRZのエアサスを組み、ワンオフマフラーを装着した'15チャレンジャーが。足もとの22インチはLEXANI の新作だ。ホイールナットを演出する“トゥルースパイク” シリーズにも注目。

QUARTT FABRICATION トゥルースパイク、QUARTT FABRICATIONトゥルースパイク、QUARTT FABRICATION

GRAND ARTS

https://www.grandarts.net/
本誌でもおなじみのピンストライプ・アーティスト、三村英之さんが活躍する「GRAND ARTS」は、携帯電話ケースなどへの施工を実演。自作のフィギア「クロスヘッド」のキーホルダーなども販売していたのだ。またイベントで会いましょう!

GRAND ARTS、グランドアーツGRAND ARTS、グランドアーツ GRAND ARTS、グランドアーツ


今回のamZ 2019 アワードは、参加者による投票にて決定!

amZ 2019の会場、フェスティバルウォーク蘇我に集まってくれた出店ブース

amZ 2019に集まったユーザーエントリーカーを一気見せ その①

amZ 2019に集まったユーザーエントリーカーを一気見せ その②

amZ 2019に集まったユーザーエントリーカーを一気見せ その③

amZ 2019に集まったユーザーエントリーカーを一気見せ その④


PHOTO ★古閑章郎・浅井岳男・石橋秀樹・石井秋良
TEXT ★高坂義信・石橋秀樹・石井秋良・編集部
アメ車マガジン 2020年 1月号掲載

最新記事


2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2024/04/20

細さを追求したスポークが軽快さや躍動感を予感させる【WORK GNOSIS CVF】

ホイール

WORK GNOSIS CVF

2024/04/20

エントリー条件はただ1つ、WORKを装着していること【WORK WHEELS JACK 3rd】

ホイール

イベントレポート

WORK WHEELS User Event
WORK WHEELS JACK 3rd

2024/04/19

老若男女、誰からも愛される、お店のマスコットとして活躍【アーラキッチン】

バン

198号線(河内長野美原線)から一本離れたローカルロードに店舗を構えるアーラキッチン。田園風景に馴染む様に佇む黄色いスクールバス、そして大きなどんぐりの木は、メインストリートからでも一際目を引く!

ランキング


2023/04/12

旧車ファンにはお馴染みのラストストッパーがパワーアップ!【ツーフィット】

メンテナンス

電子の力でサビからボディを守るラストストッパー

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2016/11/04

超レアなマスタング、1969年モデルのBOSS429!

クーペ

ビンテージ

フォード

1969y FORD MUSTANG BOSS 429

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。