「こう使いたい」に全力で応えるハンズカーズ・スタイル /フォードE-150 OUTDOOR PKG

SUV

キャンピング

フォード

ハンズカーズ

アウトドア

E-150

キャンピングカー

FORD E-150 OUTDOOR PKG


FORD E-150 OUTDOOR PKG

キャンピングカーの機能性には惹かれるものの、いかにも“キャンピング”なクルマはカッコ良さから遠く離れたもの。そんな不満を解決するハンズカーズ 流カスタムをチェック!

利用シーンを想定した評判のカスタムパッケージをアクティブに使い倒せ!!

フォード E-150 OUTDOOR PKG

エコノラインから続くフォードのEシリーズは、フルサイズの迫力ある外観と広大な室内空間が魅力。こいつをアウトドアで思いっきり使いたいと考えるニーズは根強くあるものの、思い通りにカスタムしようと思っても、パーツの選択肢は少なく、コストが高くなりがちだった。


そこに解決策を提案してくれるのが愛知県北名古屋市のアメ車専門店ハンズカーズ だ。同社が提案するモデルの名は「アウトドアパッケージ」で、ホイール、タイヤ、リフトアップといった足回りの基本的なカスタムのみならず、オリジナルのルーフラックとサイドオーニングが備わる。また、室内では簡易テーブルと3列レザーシートが装着されており、これは2~3列目をフルフラットにできるうえ、分割可倒式で荷室スペースを優先した使い方も可能。

フォード E-150 OUTDOOR PKG
ここで特に注目したいのは3列目シートだ。E‐150はもともと3列シートだが、このアウトドアパッケージでは3列目をノーマルよりも後方に配置しており、フル乗車時の快適性を重視している。つまり、純正における「物足りなさ」のようなものを、ハンズカーズ が微調整して仕上げてくれたというわけだ。


こうした「実際の使いやすさ」を重視したカスタムパッケージはおよそ半年練られたもので、リリースから好評を続けているという。ユーザー目線のカスタムを展開するハンズカーズ の心意気が込められた実車は、ぜひ店頭でチェックしてみてほしい。

FORD E-150 OUTDOOR PKG ボディ上部には4灯フォグランプフォードE-150 OUTDOOR PKG ルーフラックを装着

ボディ上部には4灯フォグランプを備えたルーフラックを装着済み。このルーフラックはアメリカでオーダーメイドしたオリジナルのもので、現地で装着して輸入することにより、仕入れ価格と販売価格を抑えている。

フォードE-150 OUTDOOR PKG リフトアップに伴ってサイドステップを装着
フォードE-150 OUTDOOR PKG ヒッチメンバー部分にもステップが備わる
フォードE-150 OUTDOOR PKG 20インチホイール&マッドタイヤの組合せでアウトドアの雰囲気

リフトアップに伴ってサイドステップを装着。荷室へのアクセスを助けるためヒッチメンバー部分にもステップが備わる。20インチホイール&マッドタイヤの組合せでアウトドアの雰囲気もバッチリだ。

フォードE-150 OUTDOOR PKG 2列目の前には取り外し可能なテーブルが備わる
フォードE-150 OUTDOOR PKG 全席レザーのシートは2~3列目をフルフラットにできる
フォードE-150 OUTDOOR PKG

サイドオーニングは手動で展開する軽い構造のもの。E-150車体1台分ぐらいの幅を持つ広大な屋根スペースを確保できる。全席レザーのシートは2~3列目をフルフラットにでき、2列目の前には取り外し可能なテーブルが備わる。3列目シートは通常よりも後ろへ配置しているため、3列目に座っても十分なフットスペースが得られる。


■取材協力: HANDS CARS【ハンズカーズ】
HP:www.hands-cars.com

 

HANDS CARS、ハンズカーズ


■Text &Photo:加藤山往


関連記事

RELATED


日本に最適なフォードのキャンピングカー欧州で登場

キャンピングカーは、ボディサイズと比例して装備も充実するのは間違いないが、5m未満のコンパクトサイズで、装備充実のキャンピングカーが欧州フォードで販売している。商用バンのトランジットをベースにし、イギリス仕様では右ハンドルのナゲット。これは間違いなく、日本でも活躍しそうだ。

【フォードF350 スーパーデューティ】アメ車に求めるインパクトフェロモン香るオトコの1台

THIS IS KING OF TRUCK
2006y FORD F350 SUPER DUTY

【極上のカジュアルSUV】フォードエクスプローラーの魅力を完全解剖!

デビュー以来、フォードのラインナップの中で重要な位置を占めてきたフォード・エクスプローラーの歴史と変遷を解説。フォード・ジャパン時代にはベストセラーモデルだったエクスプローラーは、現在も日本の数多くのショップで整備され、愛され続けている。

FORD EXPLORER(フォードエクスプローラー)1981y-

夫婦で北海道旅行を模索その相棒にラングラー

イクメンパパとして、大好きなクルマ遊びを封印し10年。子育ても落ち着き解き放たれた西本さんは、エスカレード、チャレンジャー、そして現在のマスタングGTと次々に乗り換えていく。そしてマスタングのカスタムもひと段落すると、またしてもウズウズ。そろそろ、新しい遊び相手が欲しい!

大幅に改良された第二世代ラプター 圧巻の能力は見事なり 2017 FORD F150 RAPTOR

初代ラプターは市場で予想以上の高評価を得た。F150 のフルモデルチェンジを機に、2017年待望の第二世代ラプターが登場する。

2017 FORD F150 RAPTORGET RAPTOR
最強トラック“RAPTOR”を手に入れる 2nd model

 

最新記事


2024/06/15

ジャンルやブランドを問わず、すべてのアメ車乗りをサポート!【グローバル】

ショップ

九州・熊本の地で、長きに渡りアメ車を取り扱い続けるグローバル。店頭にはジャンル、年代を問わず様々な車両を展示。またピットを見るとビッグ3が集結! 九州のアメ車乗りにとって、非常に心強い存在と言える。

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

2024/06/13

誰もがワイルドな気分になれるオリーブドラブにオールペン【シボレーC1500】

ピックアップトラック

シボレー

近頃ミリタリーテイスト溢れるボディカラーでオールペンするガレージジョーカーが、アメ車マガジン2023年3月号で紹介したサンドベージュのS10ブレイザーに続き、オリーブドラブでオールペンしたC1500を作り上げた。

2024/06/12

究極のスタイルを実現できるそれがマルチピースの魅力!【ワークエモーションZR10 2P】

クーペ

シボレー

ホイール

オーバーフェンダーを追加したワイルドなスタイルに憧れるけれど、タイヤ&ホイールサイズがネック。またアメ車の場合はPCDも特殊だが、そんな悩みをすべて解決できるのがWORKの魅力。

ランキング


2022/07/05

モパーが並ぶショップでマスタングは狙い目

クーペ

フォード

2013 FORD MUSTANG GT PERFORMANCE PKG

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/06/02

モデル史上最大のボディサイズとなるフォードサンダーバード

クーペ

ビンテージ

フォード

1974 FORD THUNDEBIRD