このE-150は、エコノラインのスポーツモービルを参考にカスタム

バン

フォード

アウトドア

E-150

6インチリフトアップ

Let's Enjoy Van Life!

マットテレーンタイヤ

オーバーランドスタイル

アメマガ2021年10月号

2008 FORD E-150

Let's Enjoy Van Life! AMERICAN VANS -いまこそVANに乗ろうじゃないか!!-


スポーツモービルを参考にオーバーランドスタイルへ

ここに登場するE-150はバンモデルではなくパッセンジャーカー。しかしその使い勝手の良さや広い室内はバンと変わらず。またカスタムパーツの中にはパッセンジャーカー専用のものもあるなど、この選択も非常に魅力的なのである。

シンプルな内装ゆえにカスタムできる余地が多い

オーバーランドスタイルのランドローバー・ディスコ4から、2WDのフォード・E‐150へと乗り替えたのが2021年の始めだったという岩佐さん。このE‐150は、エコノラインのスポーツモービルを参考にカスタムしているとのこと。

2008 FORD E-150

「6インチアップの足回りなどは前オーナーの仕様のままですが、より無骨なオーバーランドスタイルを目指して、前後バンパーやルーフラック、サイドラダーなどはパーツを吟味して装着しました。今後はスポーツモービルのようにルーフトップテントの装着を検討中です。


ラフロードでの走破性に関しては、2WDなのでやや不安でしたが、マッドテレーンタイヤを装着したおかげで、泥濘地でもかなりグリップしてくれます。加えて万が一のため、フロントにはウインチを装着しているので、誰にも迷惑を掛けることなくスタック状態から脱出できる手段を整えています。ただ普段は4駆乗りの方々と一緒にキャンプを楽しむのが常なので、スタックした場合はけん引してもらえる状況です(笑)。


このクルマのカスタムでもっとも気に入っているのは、家具屋さんと一緒に製作して装着した、サイドドアのインナーボックス&テーブルです。キャンプ時の調理テーブルとしても活躍するこれは、ミリ単位の調整を繰り返しながらやっと装着できたものです。外装のカスタムももちろん楽しいのですが、内装は自分でできる部分も多いので、一度始めると外装よりも楽しいですね。シンプルな内装ゆえに、まだまだカスタムを楽しめる余地も多いので(笑)」。

3M7A95893M7A9594

フロントバンパーは堅牢なスチール製のユージョイントを装着。これにRIGIDのフォグとWARNのVR12Sウインチをセットし、迫力あるスタイル得ながら、万全のスタック対策を実施している。

3M7A96203M7A9684 3M7A9636

ルーフトップテントの装着を考慮しているため、ルーフラックはフラットなユージョイト製をチョイス。そしてここへのアクセスは右サイドに装着されたアルミネスのサイドラダーからとなる。サイドシルの保護効果も高いサイドステップもアルミネスを選択している。

3M7A9694 3M7A96263M7A9633

サイドドアの内側には、家具屋さんと共同で製作したというインナーボックス&テーブルを設置。ドアを閉めた状態でベッドキットなど干渉しないように、ミリ単位の計測を行なって製作されたものだ。収納と同時に調理用テーブルとしても大活躍しているとのこと。

3M7A9698

室内は前オーナーが設置した広いベッドキットが備わる。キャンプ時は親子二人でここに就寝するのが常。E-150に乗り替えて以降、テントを設営する機会が減ったそうだ。テントの展開、収納、帰宅後のメンテなどがから解放され、時間的な余裕も得られている。

3M7A9604 3M7A96533M7A9612 3M7A9645

ビルシュタインのダンパーを使用している足回りは、前オーナー譲りの6インチアップを実施。タイヤはTOYOのオープンカントリーM/Tで、フロントがLT285/70R16、リアがLT305/70R16というサイズ。ホイールはアメリカンレーシングで、これを背面にもセット。このスペアタイヤのスイングアームとペリカンのハードケースは、ユージョイントのリアバンパーのオプション品だ。

2008 FORD E-150

OWNER : IWASA Family


PHOTO:清野央
TEXT:マーク清原
アメ車マガジン 2021年 10月号掲載

最新記事


2024/04/18

自然な流れのボディパーツにカナードを追加で進化を遂げる【エッジカスタムズ チャレンジャー F】

クーペ

ダッジ

日本はもちろん、世界中のチャレンジャーカスタムを牽引するLUXZ。2021年に登場した初のフルバンパー仕様となる「CHALLENGER F」。そのエボリューションモデルが完成したので、早速紹介しよう!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/16

アメ車マガジン2024年6月号 絶賛発売中!

雑誌

ランキング


2024/04/18

自然な流れのボディパーツにカナードを追加で進化を遂げる【エッジカスタムズ チャレンジャー F】

クーペ

ダッジ

日本はもちろん、世界中のチャレンジャーカスタムを牽引するLUXZ。2021年に登場した初のフルバンパー仕様となる「CHALLENGER F」。そのエボリューションモデルが完成したので、早速紹介しよう!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】