チャレンジャー愛が溢れる、注目の2人が初対談!!【LUXZ 代表 島澤 典詳 × グラビアモデル 立花未来】

クーペ

ダッジ

OTHER

アメマガガール

岐阜県

ラグジ

CHALLENGER

チャレンジャー

立花未来

アメマガ2018年8月号

対談

インタビュー

日本のチャレンジャーカスタムをリードするラグジと、大のアメ車好きでチャレンジャーオーナーでもあるグラビアモデルの立花未来ちゃんが、念願かなって初対談!


ACCELERATING DODGE CHALLENGER

進化&人気が加速するチャレンジャー!

日本のチャレンジャーカスタムをリードするラグジと、大のアメ車好きでチャレンジャーオーナーでもあるグラビアモデルの立花未来ちゃんが、念願かなって初対談!未来ちゃんのチャレンジャーカスタム企画が発動!?

オリジナルカスタムが世界進出日本のチャレンジャーブームを牽引!
AM3I0079

LUXZ 代表 島澤 典詳

2008年に登場したチャレンジャーにいち早く注目し、数々のカスタムを披露して「チャレンジャーカスタム」ではトップを走り続けるラグジ。オリジナルカスタムブランド「エッジカスタムズ」は、映画「ワイルドスピード8」にも登場するなど、世界進出も果たしている。アメ車業界を盛り上げるため、様々なメーカーとコラボして普及活動も行なっている。


大のアメ車好きで愛車がチャレンジャー!
AM3I0120

グラビアモデル 立花未来
お母さんがエクスプローラーやナビゲーターに乗るなど大のアメ車好き。そんな家庭に育ったためか、昔からクルマが好きで、中でもアメ車が一番好き。19歳で初めてのアメ車となるサバーバンを購入。その後、チャレンジャーの全体のフォルムに惹かれて2年前に購入。自らハンドルを握って仕事のイベントに参加するなど、本気のマッスルアメ車女子なのだ。

編集部:日本のチャレンジャーと言ったらラグジさん。アメ車が大好きで、愛車がチャレンジャーというグラビアモデルの立花未来ちゃん。二人には当然接点があると思ってたんですが、今まで無かったんですね?


島澤:雑誌や周りの話から彼女のことは知ってましたが、直接話をするのは今回が初めてです。チャレンジャーに乗っていると聞いて、会ってみたかったんですよ。


立花:チャレンジャーのカスタムはラグジさんが一番有名ですし、イベントではコッソリ見に行ってました(笑)。島澤さんのこともアメマガで見て知ってましたけど、お店の敷居が高そうで私なんかが話しかけるのは無理…。


島澤:いやいや、敷居は高くないですよ。免許もない高校生がフツーに店に来て、クルマの写真を撮って行くぐらいですから(笑)。でも、そんな行動力ある若い子を応援したくなりますよね。お店が儲かることだけを考えたら、クルマを買えない子を相手にしても意味がないですが、まずはアメ車ってカッコいいなと思ってもらうことが大事。そんなクルマを作りたいと思って、ボクはチャレンジャーに注目してカスタムをやり続けてきたんです。


立花:若い子を応援してくれるって、嬉しいですね。私は高校生の頃、母がアメ車に乗っていたこともあって、同級生が洋服に興味があるなかアメ車雑誌ばかり見てました。でも、母とクルマ屋さんに行っても、好きだってことが本気にしてもらえずガッカリした経験もあります。

だから、好きなクルマと一緒に仕事ができるレースクイーンになって、クルマの中でも一番好きなアメ車に触れ合えるキャンペーンガールの仕事を始めたんです。いままでの愛車はサバーバンと、チャレンジャー。全体のフォルムに惹かれて購入しました。
 

これが私の愛車です!2010年型チャレンジャー
AM3I0026

島澤:チャレンジャーはもちろん、本当にアメ車が好きなんですね。お店に来るオーナーさん以上に詳しいですよ(笑)。イベントで色々モデルさんにお仕事をお願いしますけど、正直アメ車のことをほとんど知らない子が多いです。彼女のように、真剣にアメ車のことが好きな女性が増えれば、もっと業界は盛り上がるんじゃないかな。マッスルアメ車女子としてカリスマになるべきだよ。


立花:カリスマってどうやればなれるんですか(笑)。もっとクルマをカスタムしなきゃですよね。じゃ、アメマガさん、お仕事待ってます(笑)。


島澤:僕たちで良ければ、カスタムを協力させてくださいよ。若い女性を盛り上げるために。


立花:え! そんな…。女に生まれて良かった~。というわけで今後、ラグジさんの協力の下、未来ちゃんのカスタム企画がスタート!?


AM3I0151

LUXZ
http://luxz.jp/
所在地:岐阜県岐阜市長森本町2-1-4
TEL:058-259-3922
営業時間:9:00-19:00
定休日:火曜日


撮影◆古閑章郎 原稿◆相馬一丈
アメ車マガジン 2018年 8月号掲載


最新記事


2023/12/04

-アメカルにまつわるエトセトラ- #33 NICE BUDDY

コラム

2023/12/04

色のコダワリは無いが、何故か黄色のチャレンジャーを3台乗り継ぐ

クーペ

ダッジ

走れるチャレンジャーカスタムを提案するCARBOX。ヘルキャットオーナーの竹林さんは、実はこの車両が3台目のチャレンジャーだったりする。

2023/12/01

道なき道の先の目的地へ、クルマ選びは走破性最優先!ラングラーアンリミテッドサハラ

SUV

ジープ

「Jeepとアウトドアは相性が良い」。そんな生温い話ではなく、一歩間違えれば死を覚悟して挑む過酷なクライミングに挑戦し続ける週末冒険家の藤本さん。そんな彼が愛用するラングラーが生々しくてカッコいい!

2023/11/30

半世紀を超えてもなお、ファンを魅了し続けるベビカマ

クーペ

ビンテージ

シボレー

2ℓ搭載がスタンダードになった現代版のシボレー・カマロ。決して現行モデルが物足りない訳じゃない。扱いやすさに快適性、燃費にパフォーマンスと、何を比較しても半世紀前のモデルの比じゃない。それでも魅力的に映えるカマロのファーストモデル。通称「ベビカマ」。その魅力に迫る。

ランキング


2022/05/31

知名度が抜群に高いのがファースト・ジェネレーションのダッジ・チャレンジャー

クーペ

ビンテージ

1973 DODGE CHALLENGER

2019/03/27

漆黒のごとく深い艶を放つシェベル。そのコンセプトはマイアミから生まれたNEW STYLE。

クーペ

ビンテージ

シボレー

アメリカン・ヴィンテージカーの金字塔、シボレー・シェベルについてご紹介。1970年にカスタムされたシボレー・シェベルSSに焦点を当て、その特徴やアップグレードを詳細に解説する。深みのあるブラックボディ、モダンなカスタム、LS1エンジン、大型ホイール、強化ブレーキ、高度なサスペンションなど見どころ満載。

2021/03/15

【注目のアメリカン雑貨】大阪の老舗ブランド、アンダーウッドが同業者の買い付け地に!

ショップ

大阪府吹田市の閑静な住宅街にあるユニークなショップ「アンダーウッドブランド」。ヴィンテージカーやオートバイからアパレル、多肉植物など幅広いアメリカンアイテムが豊富。同店はヴィンテージ・アイテムの素晴らしいコレクションを展示するだけでなく、カスタムカーやオートバイのレストアなど様々なサービスも提供しており、一度は訪れるべきショップ!
UNDERWOOD BRAND【アンダーウッドブランド】

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]