遂に完成!ラグジ&ワークプロデュース 立花未来チャレンジャーの全貌

クーペ

アメマガガールズ

ダッジ

WORK

チャレンジャー

ラグジ

立花未来

岐阜県

アメマガ2019年1月号

エッジカスタムズ

チャレンジャーカスタム計画

立花未来チャレンジャーカスタム計画 プロデュース by LUXZ / WORK


急ピッチで進行するカスタム果たして期限内に間に合うか…

立花未来ちゃんの愛車であるチャレンジャーをカスタムするプロジェクト第3弾となる今回。本格的な作業が始まり、着々とプランどおりにチャレンジャーは変貌を遂げていく。


CUSTOM PROJECT
Produced by LUXZ / WORK
立花未来チャレンジャーカスタム計画 Produced by LUXZ / WORK
立花未来チャレンジャーカスタム計画 プロデュース by LUXZ / WORK
カスタム作業を実行に移すべく、チャレンジャーはラグジの元へ
WORK ホイールの製造現場へ、クオリティの高さを肌で体感

工期は1カ月しかない中、ラグジの奮闘で遂に…

立花未来、ダッジチャレンジャー
立花未来ちゃんの愛車ダッジ・チャレンジャー・カスタムプロジェクト。 その第3弾である今回は、実行に移されたカスタムの様子と完成した全貌をお届けする。前回の段階でチャレンジャーをラグジへ預けるとともに装着するパーツはほぼ揃えられ、ホイールも大阪で工場見学をした後に決定したことで準備は整い、残るすべてはラグジの手に委ねられた。

立花未来、ダッジチャレンジャー
カスタムを実行するべく改めてボディの状態を確認してみると、キズや凹みが見受けられたため板金塗装をする必要があり、まずは下地を整えるところからスタート。

同時進行で装着するオーバーフェンダー、サイドスカート、リアスポイラーを塗装に回し、下地処理が終了したところで今度はラッピングの施工。フード・ルーフ・トランクにマットブラックのフィルムを張るとともに、ボディサイドにはマッスルカーらしさを高めるエッジカスタムズオリジナルグラフィックをあしらう。



改めてボディを見てみるとアチコチにキズや凹みが見受けられたため、まずは板金塗装を行なったチャレンジャー。下地のままのオーバーフェンダー・サイドスカート・リアスポイラーも同時にボディと同色にするため塗装に回し、その次はラッピングの工程へ。
 

ラッピングを施すのはフード・ルーフ・トランクのの3箇所。フードとトランクは元々ストライプが施され、ルーフはツヤありのブラックだったため、すべてにマットブラックのフィルムを張り一体感を出す。




ボディサイドにはエッジカスタムズのオリジナルグラフィックを施工。ここまででもだいぶ変化してきたが、次はヘッドライト&ロゴイルミのインストール。

立花未来チャレンジャーカスタム計画 Produced by LUXZ / WORK

最終工程は塗装から戻ってきたオーバーフェンダー、サイドスカート、リアスポイラーとともにホイールを装着して遂にフィニッシュ。
立花未来チャレンジャーカスタム計画 Produced by LUXZ / WORK

ちなみに完成したのは引き取りに行く前日の夜だったりする。

立花未来チャレンジャーカスタム計画 Produced by LUXZ / WORK
第一印象を決めるフロントフェイスにもメスを入れる。ヘッドライトには元々LEDリングがあしらわれていたが、よりハッキリとした目にするためLEDリングを再施工。さらにグリル内にはEDGEのロゴイルミを配置するため加工。ライトを点灯した際は強烈な存在感を発揮する。
立花未来チャレンジャーカスタム計画 Produced by LUXZ / WORK
塗装から戻ってきたオーバーフェンダー・サイドスカート・リアスポイラーを順に装着しつつホイールも合わせてインストール。サイドのグラフィックが一部無いのは追加で板金処理が必要になったため。そしてリアスポイラーの装着は一番最後の工程となった。
 
翌日に未来ちゃんとともにラグジへ伺うと、仕上がったばかりのチャレンジャーが誇らしげな表情でお出迎え。作業を担当した中村店長はだいぶお疲れの表情だったのとは対照的(笑)。お待ちかねの完成したチャレンジャーの全貌です。さぁ、とくとご覧あれ!!

遂に完成したチャレンジャーの全貌

これまでとはガラリと姿を変えマッスルカーらしい逞しさを漲らせる

立花未来、ダッジチャレンジャー

愛車をラグジに預けてからカスタムの経過状況を知らされることなく1カ月。

立花未来チャレンジャーカスタム計画 Produced by LUXZ / WORK
久しぶりに対面した愛車の変貌ぶりに未来ちゃんもご満悦♪
立花未来、ダッジチャレンジャー

エッジカスタムズ、チャレンジャー

装着されたMラインオーバーフェンダー。フロント275、リア315のタイヤをしっかりとカバーしながらワイド感を強調。サイドデカールがマッスル感を高めている。

 


ストライプが施されていたフード&トランク、そしてルーフはマットブラックで統一して、引き締まった印象を与える。
 
エッジカスタムズ、チャレンジャー

元々リングがあしらわれてヘッドライトだが、EDGEのロゴイルミを組み合わせて再構築。
エッジカスタムズ、チャレンジャー
エッジカスタムズ、チャレンジャー
そしてサイドスカート、リアには鋭角に立ち上がった形状のリアスポイラーをボディ同色にペイントして装着。
 

WORK EMOTION CR 3P

WORK EMOTION CR 3P、ワークエモーションCR 3P
WORK EMOTION CR 3P、ワークエモーションCR 3P
WORK EMOTION CR 3P、ワークエモーションCR 3P
前回大阪で工場見学 をして選んだ「ワーク・エモーションCR3P」がセットされたボトムス。その奥にはイメージカラーのイエローにペイントされたキャリパーカバーをあしらう。


取材協力
★LUXZ http://luxz.jp
★WORK https://www.work-wheels.co.jp


撮影&原稿★編集部
アメ車マガジン 2019年 1月号掲載


関連記事

RELATED


立花未来チャレンジャーカスタム計画 プロデュース by LUXZ / WORK

立花未来チャレンジャーカスタム計画 プロデュース by LUXZ / WORK
チャレンジャーに魅せられた二人の 熱き想いを形にする計画が始動!!チャレンジャーカスタムの雄「ラグジ」が、カーイベントではキャンギャルとして引っ張りだこの立花未来ちゃんの愛車であるチャレンジャーを本気でカスタムしちゃいます!!

カスタム作業を実行に移すべく、チャレンジャーはラグジの元へ

立花未来チャレンジャーカスタム計画 プロデュース by LUXZ / WORK
チャレンジャーカスタムの雄「ラグジ」が、カーイベントではキャンギャルとして引っ張りだこの立花未来ちゃんの愛車チャレンジャーをカスタムするプロジェクト第2弾!!

様々なチャレンジャーのカスタムを提案し続けるラグジ

日本だけでなく、世界中のチャレンジャーオーナーが注目する、ラグジのエッジカスタムズ。2021年秋に初のフルバンパーモデル「Fシリーズ」が登場したが、今回はさらにそれを進化させた、今最も新しいFシリーズのデモカーを紹介しよう。

単なるオーバーフェンダーでなく、ボディパネルで独自の世界を築く

EDGE CUSTOMS S LINE DODGE CHALLENGER

MOPERが後追いするほどの先進性を感じさせるラグジのM-LINE

EDGE CUSTOMS M LINE DODGE CHALLENGER

 

最新記事


2024/04/18

自然な流れのボディパーツにカナードを追加で進化を遂げる【エッジカスタムズ チャレンジャー F】

クーペ

ダッジ

日本はもちろん、世界中のチャレンジャーカスタムを牽引するLUXZ。2021年に登場した初のフルバンパー仕様となる「CHALLENGER F」。そのエボリューションモデルが完成したので、早速紹介しよう!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/16

アメ車マガジン2024年6月号 絶賛発売中!

雑誌

ランキング


2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。