“超希少”なブリットを手に入れるチャンスあり【ウイングオート】

クーペ

フォード

WING AUTO

brembo

MUSTANG

ウイングオート

USブリット

フォード

ブレンボ

FORD

マスタング

US BULLITT

2008年にフォードがリリースした特別な限定モデル、マスタングUSブリットが愛知県のウイングオートに販売車両として置かれている。同社はフォードのグローバルサブディーラーでもあり、安心要素は極めて高い。


2008 FORD MUSTANG US BULLITT

フォードグローバルサブディーラーの安心感と共に

mustang_01_run

2008年にフォードがリリースした特別な限定モデル、マスタングUSブリットが愛知県のウイングオートに販売車両として置かれている。同社はフォードのグローバルサブディーラーでもあり、安心要素は極めて高い。

世界7700台限定 映画ファン垂涎の1台

mustang_02_front

今でこそカーアクション映画と言えば「ワイルド・スピード」シリーズが著名だが、ベテランのアメ車ファンにとっては1968年の映画「ブリット」も忘れられないはずだ。スティーブ・マックィーン演じる主人公が、同年型マスタング390GTを愛車としていた。劇中では現代のようなCGに頼らずカーアクションを見せており、今なお「映画史上もっとも過激」と評されている。

映画作品そのものも歴史に残る名作とされているため、アメ車好きなら必見の作品である。そして、映画「ブリット」に登場したマスタングをフォードが2008年に生まれ変わらせたのが、このマスタングUSブリット。当時、世界7700台の限定車としてリリースされ、多くのマッスルカーファンがこぞって入手を願ったモデル。

mustang_03_rear

それから9年が経った現在、限定車としてはそこそこ多い生産数でありながら、中古車市場で見掛けることは滅多にない。その理由はおそらくファンによって大切に保有され続けているのだと思われる。しかし、貴重な1台が愛知県のウイングオートに鎮座しているという、これは間違いなく、ファンにとっては大きなチャンスだ。

mustang_09_badge

この1台は、ウイングオートが新車当時にサリーン正規ディーラーとして販売し、2オーナーとも同社でサポートしたもの。これまでのオーナーは、それはもう大切に扱っていたそうで、コンディションは今も良好に維持されている。また、ウイングオートはフォードのグローバルサブディーラーでもあるため、状態を維持するためのノウハウが当然あり、購入後のサポートの点でも安心できる。

mustang_05_brake

何の気兼ねもなく憧れのクルマを手に入れて、そして大切に使い続けられる環境が整っている。映画史に残る傑作「ブリット」。その正式な継承として限定的に誕生したマスタングUSブリットは、今後さらにその価値を高めていくだろう。 

mustang_07_muffler

アメリカンレーシングのトルクスラストをイメージしてデザインされた5本スポークデザインのホイール、ブレンボブレーキ、ブリット専用のエキゾーストシステムが導入されており、エンジンパワーの向上とフィーリングを心地良くするために、排気干渉を抑えている。3.5インチのデュアルエキゾーストはリアビューの迫力を増す。  

mustang_04_eg

4.6Lエンジンにもブリット専用チューニングが施されており、フォードレーシングのチューニングによって最高出力315hpをマークしていたわけだが、さらにサリーン製スーパーチャージャーを搭載することでパワーは475hpへと引き上げられている。エンジンルームで確認できるストラットタワーブレースもブリット専用であり、劇中で見せたクイックな走りを実現するための特別装備である。

mustang_06_interior

インテリアではアルミインパネ、アルミシフトノブ、アルミペダルカバーなどが備わっており、ステアリングの中央にはブリットのロゴが飾られる。もちろんいずれもブリット専用の装備であり、スパルタンな印象を演出する。ミッションは5MT。トランクルームにはカロッツェリアのオーディオシステムが組まれている。 mustang_08_audio

FORD GLOBAL SUB DEALER WINGAUTO(シボレー名岐)
tel.052-409-5434
http://www.wingauto.co.jp


■Photo & Text:加藤山往
2018年 アメ車マガジン 2月号掲載


関連記事

RELATED


その名を歴史に刻んだBOSS302専用チューニングが施されて復活!!フォードマスタングBOSS302【シボレー名岐】

フロントバンパーはダウンフォースを考慮し、大型のリップを装着。ボンネットは熱対策と軽量化を図るためタイガーレーシング製に交換されている。リアスポイラーは小ぶりなダックテール。サイドのデカールは“らしさ”を盛り上げる。

家族が協力してエイジング塗装で仕上げた力作のラットスタイルマスタング

EXTREME AMERICAN
RUSTY MUSTANG Finish in military style by performing the aging paint

夢をカタチにしてくれる プロスピード流マスタング【プロスピード】

岐阜県を本拠地とするカスタムショップ「プロスピード」。同店はマッスルカーからSUVまで、多様なアメ車をカスタムするセンスにも長けている。同店が提案するマスタング2台は、憧れをカタチにしてくれるッ!

COBB チューン続々増加中 エコマスタングが面白い!フォードマスタング【オールインポート】

埼玉県のオールインポートが日本総代理店として展開するエコブーストマスタング専用のチューニング「COBBチューニング」だ。ステージ1~3までの3段階のチューニングメニューがある。

現行型マスタング専用、P51がステキすぎる!!【THX&CO】

金沢のTHX&COが、現行型S550マスタングの専用ホイール「P51」の取り扱いを開始! いま一番アツイブランドを早速紹介しよう。

 

最新記事


2024/04/18

自然な流れのボディパーツにカナードを追加で進化を遂げる【エッジカスタムズ チャレンジャー F】

クーペ

ダッジ

日本はもちろん、世界中のチャレンジャーカスタムを牽引するLUXZ。2021年に登場した初のフルバンパー仕様となる「CHALLENGER F」。そのエボリューションモデルが完成したので、早速紹介しよう!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/16

アメ車マガジン2024年6月号 絶賛発売中!

雑誌

ランキング


2024/04/18

自然な流れのボディパーツにカナードを追加で進化を遂げる【エッジカスタムズ チャレンジャー F】

クーペ

ダッジ

日本はもちろん、世界中のチャレンジャーカスタムを牽引するLUXZ。2021年に登場した初のフルバンパー仕様となる「CHALLENGER F」。そのエボリューションモデルが完成したので、早速紹介しよう!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】