単なるオーバーフェンダーでなく、ボディパネルで独自の世界を築く

クーペ

ダッジ

チャレンジャー

オーバーフェンダー

岐阜県

ワークエモーション

BCR

マグナフロー

EDGE CUSTOMS

チャレンジャーSRT392

アメマガ2020年3月号

ラグジ

WORK

エッジカスタムズ

不動のDODGE

EDGE CUSTOMS S LINE DODGE CHALLENGER

不動のDODGE ダッジの魂に魅了される


EDGE CUSTOMS R LINE DODGE CHALLENGER

M-LINEがノーマル+αなカスタムであるのに対し、こちらのR-LINEは全く新しいスタイルを創造したもの。独創的なオーバーフェンダーは、もはやボディパーツと呼ぶのが相応しく、全く別のクルマへと進化している。

ノーマルを遥かに凌ぎレーシーさを徹底追求

M‐LINEに続いて紹介するのは、同じくラグジ のチャレンジャーR‐LINE。ベースはSRT392 でノーマルでも十分存在感はあるが、これにオーバーフェンダーと言うより、ボディパネルと言うべきパーツを追加してワイド化を実現。実はM‐LINEとタイヤ&ホイールサイズは同じながら、パネル全体での押し出し感やフェンダーにあしらわれるリベットが非常にワイルドなので、R‐LINEの方がより個性的かつ攻撃的。その名の通りレーシーさも高めていると言えよう。


R‐LINEもホイールはWORK・エモーションCR3Pをセット。フロントは10J、リヤは12JとM‐LINEと同サイズだが、こちらはバフアルマイトリムにスプリントゴールドのコンビネーション。ブレンボの赤と相まって、非常にゴージャス足元となる。

EDGE CUSTOMS R LINE DODGE CHALLENGER

サスペンションはBCRの車高調を装着し、レーシーさを際立たせた車高に変更。R‐LINEのボディキットに加え、チャレンジャーSのトランクスポイラーやAPRのスプリッターも追加。マフラーはマグナフローに変更してあり、どの角度から見ても「レーシー」と言う言葉以外見当たらない。


他にはフェンダーラインを際立たせるラインを追加。エッジの効いたフェンダーデザインはチャレンジャー の個性というべきもので、それを引き立てることで、オンリーワンな存在へと高める。ちなみに今回装着したアイテムの定価は塗装費や取り付け工賃は別で200万円。この金額でここまで変貌するなら、決して高くない!

EDGE CUSTOMS R LINE DODGE CHALLENGER

EDGE CUSTOMS R LINE DODGE CHALLENGER

エクステリアは前後のフェンダーパネルやリヤディフューザー、サイドスカートなど、R-LINEのアイテムを満載。さらにトランク部分にはS-LINEのスポイラーも追加。自社製品だけでなく、APRのフロントスプリッターも追加し、レーシーさを強調する。マフラーはマグナフロー製で、ディフューザー部分とのマッチングも完璧だ。

ホイールは、WORKのエモーションCR3Pホイールは、WORKのエモーションCR3P

ホイールは、WORKのエモーションCR3P。 こちらのページで紹介した M-LINEと同じアイテムで同じサイズだが、カラーリングの違いで全く異なる印象を受ける。フロントのオフセットは−36 で、リヤは−41! 極深リムを装着することで、バフアルマイト部分にブレンボのキャリパーが映り込む。ボディパネルと一体になったオーバーフェンダーは、他にはない独特なスタイル。さらにボディラインを強調させるために、ラインもあしらう。


LUXZ【ラグジ】

TEL:058-259-3922
URL:https://luxz.jp/


写真/浅井岳男
文/空野稜
アメ車マガジン 2020年 3月号掲載


最新記事


2023/02/03

アメ車道楽は妻の理解ではなく、一緒になって楽しむのが正解!

セダン

バン

SUV

キャデラック

ダッジ

ジープ

奈良県在住のKatsuhiro&Fumiyoさんが所有するクルマはキャデラック・XTS、JKラングラー、ラムバンの3台。少し前まではマスタングも所有しており、4台体制に加えて専用ガレージにハーレーまで保管。理想のアメ車道楽を謳歌する夫婦の魅力に迫る。

2023/02/02

1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場!

SUV

ダッジ

2015年に登場した、究極のチャレンジャー「ヘルキャット」。デビュー当初はチャレンジャーだけの称号と思われていたが、その後チャージャーにもヘルキャットが出現。そして1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場し、日本に上陸した!

2023/02/01

ピックアップトラックの荷台に設置するカモフラージュ・トラックテント

ピックアップトラック

アウトドア

日本ではキャンプが大きなブームになっているが、アウトドアが日常となっている本場アメリカでは、数多くの個性的なアイテムが販売されている。アメリカからアメリカン雑貨を直輸入するガレージジョーカーでは、アウトドアグッズもアメリカから直輸入!

2023/01/31

今まで諦めていた愛車の高価買取がオートファンで可能になる!全国出張アメ車高価買取が遂に登場!

ショップ

買取業者でアメ車の買取金額は安い。それが今までの買取の常識だったが、その常識を覆す高価買取をスタートさせたのがオートファンだ。全国の無料出張が可能で、これからは買取も買い替えの選択肢になる!

ランキング


2023/02/01

ピックアップトラックの荷台に設置するカモフラージュ・トラックテント

ピックアップトラック

アウトドア

日本ではキャンプが大きなブームになっているが、アウトドアが日常となっている本場アメリカでは、数多くの個性的なアイテムが販売されている。アメリカからアメリカン雑貨を直輸入するガレージジョーカーでは、アウトドアグッズもアメリカから直輸入!

2023/02/03

アメ車道楽は妻の理解ではなく、一緒になって楽しむのが正解!

セダン

バン

SUV

キャデラック

ダッジ

ジープ

奈良県在住のKatsuhiro&Fumiyoさんが所有するクルマはキャデラック・XTS、JKラングラー、ラムバンの3台。少し前まではマスタングも所有しており、4台体制に加えて専用ガレージにハーレーまで保管。理想のアメ車道楽を謳歌する夫婦の魅力に迫る。

2023/02/02

1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場!

SUV

ダッジ

2015年に登場した、究極のチャレンジャー「ヘルキャット」。デビュー当初はチャレンジャーだけの称号と思われていたが、その後チャージャーにもヘルキャットが出現。そして1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場し、日本に上陸した!

2023/01/30

父が独身時代から愛用し続けたC4コルベットを息子が受け継いで紡ぐ!

クーペ

シボレー

“子は親の背中を見て育つ” とはよく言ったものだが、文字どおり彼ら親子はコルベットを通じて父のアメ車道楽を一緒になって楽しんできた。高校生活を終えて免許を取得した息子が初めての愛車として迎え入れたのが、父との思い出が詰まるC4だ。

×