若くしてマスタングを乗りこなす彼に、愛車の魅力を聞いた。

クーペ

フォード

アメマガ2019年4月号

フォード岐阜

マスタング

FLC

TO THE LIMIT!!

ファストバック

クーペ・ザ・ブラック

FORD MUSTANG GT Fastback
MODERN MUSCLECARS
TO THE LIMIT!!
過激さへの挑戦に終わりはない


FORD MUSTANG GT Fastback

FORD MUSTANG GT Fastback、フォードマスタングGT ファストバック

owner:HIROMU

岐阜県に住む広夢さんは、2017年の11月に マスタング を購入した。現在の年齢は20歳。取材日の少し前に成人式があり、当然ながら愛車で乗り付けたという。「男からの評判は良かったですよ」と笑う広夢さん。

しかし、以前は交流のなかった同級生の中で チャレンジャー に乗ってきた人がおり、アメ車つながりで仲良くなったという。「こういう出会が面白いですね」。

映画トランスフォーマーのライバル役がカッコいい!

人生最初のマイカーとして マスタング を購入した広夢さんは、その理由に映画での活躍を挙げる。しかも主役ではなく敢えてのライバル役側。若くして マスタング を乗りこなす彼に、愛車の魅力を聞いた。

元正規ディーラーの安心感が購入の決め手

FORD MUSTANG GT Fastback、フォードマスタングGT ファストバック

広夢さんが マスタング を選んだ理由を聞くと、映画・トランスフォーマーの影響が大きいのだという。しかし、この作品で主役を張ったのは カマロマスタング はライバル側での登場だった。「カマロもカッコ良いけれど、逆にマスタングが良いなぁと感じて」と広夢さんは振り返る。


免許を取得し、マイカーにしたいのはもちろん マスタング 。中古車情報サイトで探してみると、地元にある フォード岐阜 で、限定車クーペ・ザ・ブラックの1台を見つけた。広夢さんはすぐに在庫確認で電話したが、その1台は限定車である。うかうかしていられないとすぐに訪問し、電光石火の勢いで成約に至ったという。

FORD MUSTANG GT Fastback、フォードマスタングGT ファストバック
なお、広夢さんの父親は昔フォードディーラーで働いていたそうで、幼い頃、家のクルマはフォード車だったらしい。刷り込みがあったから マスタング に惹かれたのかもしれない。ちなみに父親を愛車の助手席に乗せたこともあるそうだが、その時に父親は「良いなぁ」とシンプルな感嘆の声をあげたらしい。


「安心感が一番でした」と広夢さんは購入時を振り返る。彼がクルマ探しで重視したのは、まず地元であること。何かあってもすぐに相談できる近さのショップを探してみたら、フォード の正規輸入があった時代にディーラーとして活躍し、今も継続的にディーラー然とした営業を続けている フォード岐阜 で、お気に入りの1台を見つけた。若者の初愛車。たくさんの不安があっただろうに、それを最高の安心感で迎えたのが同店というわけだ。


愛車はもちろんノントラブル。燃費も思っていたよりも悪くないそうで「みんながマスタングを候補に挙げないのが不思議なぐらい」とベタ惚れな様子。しかし街中で見かけまくるようになったら複雑な気分でもある。マスタングオーナーになって1年と少し。

生活の変化を聞くと「クルマ好きの友達がすごく増えました」と笑顔を見せる。 マスタング のオーナーズクラブに入って、最近のツーリングにも参加したそうだが、そうした交流だけでなく、街中で突然に声をかけられることもあるという。
広夢さんは通勤のアシとして軽自動車もあるため、休日に マスタング に乗ると、その違いを毎回感じる。「マスタングに乗れることが、休みの幸せです」。


日本国内20台限定の「クーペ・ザ・ブラック」であるため、純正でブラック統一のカラーリングが見られる。そのためホイールをカスタムするつもりはないらしいが、イベントなどで他のマスタングを見て「少し車高下げようかな」と考えている。

本国仕様にならって3連テール
リアテールレンズについて、ディーラー車は2連テールだが、本国仕様にならって3連テールにした。さらにウインカーをシーケンシャルタイプ(流れるウインカー)に変更。ボンネットはGT500の純正、マフラーはラウシュでカスタムしてある。なお、USルックのドアミラー、サイドマーカーなど、小技も各部に効かせてある。

マフラーはラウシュでカスタム
ボンネットはGT500の純正
納車されてから1年と少し。クルマの購入とオイル交換などは、フォードの元正規ディーラー 「フォード岐阜」 を利用。「安心感が高い」と広夢さんも太鼓判。



購入して間もなく マスタング のオーナーズクラブに参加し、そのステッカーを貼り付け。また、映画の活躍から マスタング を好きになったため、そのオマージュ「To punish and enslave(罰と服従を)」も貼り付けてある。なお、元ネタはアメリカ警察車両の標語「To protect and serve(保護と奉仕を)」。




■THANKS:エフエルシー株式会社
HP:http://www.f-l-c.jp
フォード松阪 TEL:0598-56-5220
フォード岐阜 TEL:058-254-0330
フォード四日市 TEL:059-346-5322


■PHOTO&TEXT:加藤山往
アメ車マガジン 2019年 4月号掲載


最新記事


2024/04/18

自然な流れのボディパーツにカナードを追加で進化を遂げる【エッジカスタムズ チャレンジャー F】

クーペ

ダッジ

日本はもちろん、世界中のチャレンジャーカスタムを牽引するLUXZ。2021年に登場した初のフルバンパー仕様となる「CHALLENGER F」。そのエボリューションモデルが完成したので、早速紹介しよう!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/16

アメ車マガジン2024年6月号 絶賛発売中!

雑誌

ランキング


2024/04/18

自然な流れのボディパーツにカナードを追加で進化を遂げる【エッジカスタムズ チャレンジャー F】

クーペ

ダッジ

日本はもちろん、世界中のチャレンジャーカスタムを牽引するLUXZ。2021年に登場した初のフルバンパー仕様となる「CHALLENGER F」。そのエボリューションモデルが完成したので、早速紹介しよう!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】