広島で一番アメ車が盛り上がった一日!REX CUSTOM CAR SHOW

イベントレポート

広島県

アメマガ2019年7月号

REX

ジェットシティ

2019.04.21
REX CUSTOM CAR SHOW
広島県 グリーンピアせとうち


アメ車をもっと広島で盛り上げたい!新たなカスタムショーがスタート!

REX CUSTOM CAR SHOW

様々な企画を提案して、オーナーと一緒に「楽しむ」ことに全力を注ぐ広島のジェットシティが、今度はカスタムカーショーを開催! その名も「REX(レックス)」。アメ車をもっと盛り上げて、カーショーに自分のクルマを展示する楽しみを知ってもらうのが狙いだ。広島にまた楽しみが増えた!

REX2019

「ジェットシティに行けば、何か楽しいことがやっている」。ショップに訪れるオーナー達は、口を揃えてそう語る。BBQやツーリングはもちろんスポーツ大会なども行なわれ、オーナーと一緒に「遊び」を楽しむことが、ジェット流のやり方だ。

そして新たにジェットの新企画として始まったのが、カスタムカーショーに皆で参加…ではなく、自分たちで新しいカーショーを立ち上げること。中国地方ではアメ車中心のカーショーが減ってきたこともあり、「アメ車を盛り上げる」、「カーショーに自分のクルマを展示する楽しみを知ってもらう」ことをコンセプトに、ジェットシティ主催のカスタムカーショー「REX」が、2019年4月21日(日)に開催された。

会場には、ジェットの志に共感した全国のショップやメーカーが参加しブースを設置。アメ車がメインであるものの、国産車や欧州車もエントリー可能で、オールジャンルのカスタムモデルが勢揃いし多くのギャラリーが来場した。

衝撃の音圧でボディ鉄板も歪む?カマロでこのシステムは偉業だ

セカンドシートを埋め尽くす9発のサブウーファーに目が釘付け。しかも1発1000Wという超爆音タイプ。さらにドア内側にもビッシリとスピカーが配置。チョットだけ音を出してもらったが、恐ろしい音圧に驚愕。カマロでこのシステムを組むのはかなりファンキーでしょ!

2018年ショップをリニューアルし、これまで以上にオールジャンルのカスタムに力を入れる岡山のエクスカーズ。デモカーの300Cはマグナムフェイスに換装し、エアサス&レクサーニの24 インチホイールをインストール。エンジンルームはワンオフで製作したパネル類をペイントし、ディスプレイスタイルに仕上げている。この他にも10台以上のモデルがエントリーしていた。

2019年の東京オートサロン・アイワブースに展示していたTMオートサービスのサバーバン。ボディ左右でピエロ&ドクロがテーマのエアブラシに分かれているなどさすがのクオリティ。

ボンネットをシェーカー仕様に加工したチャージャー。ホイールはヴォッセンの22インチ。独特なマフラーは「京都のロデオドライブ社長の気まぐれマフラー」らしい(笑)。

ジェットシティがリニューアルオープンした頃にショップを訪れ、それ以降ジェットに入り浸りなカズキさん。愛車はずっとスカイラインだったが、新たな愛車マスタングを初披露(2日前に完成)。LBワークスのボディキットをまとい、フェンダーはスムージングして取り付け。ホイールはサビーニの20インチを履き、エアサスを組む。個性的なオレンジのボディカラーは、実はマスタング純正カラーだそうだ。

アメ車マガジン賞はこのカマロに決定!

カマロの快速モデルZL1にローハンのグラインダータトゥーを入れたモデルかと思いきや、ベースはSSモデル。アメリカンオーソリティーのZL1スタイルボディキットを組み込んだ仕様で、フェイスもZL1と比べてノーズの出っ張りが大きく、かなりのインパクト。エアフォースのエアサスでベッタリ落ちている姿に惚れてアメマガ賞を贈呈!

ちなみに、上の写真の女の子はオーナーさんではなく、REXガールのまりなちゃんです!

なんと千葉県から参戦! アメリカ生活が長く、800kmぐらいの距離は日常的だったので苦にならないそうだ。通常のラムSRT10とは違い、カムなどがチューニングされたコンプリートモデルで、排気量は8.7ℓに増えて馬力は実測で840hp!しかもリアベッドには、国産車が買える金額のオーディオシステムを組む。

_DSC0151

会場で多くのモデルをエントリーしていたカーボックス。走りを楽しむことをテーマに手を加えていくショップだけに、見た目で派手なポイントにはこだわらないが、ひとたびエンジンを掛けると多くの来場者が集まってくる仕様となっている。人気のタイヤステッカーは、気軽に取り入れたいカスタムのひとつだ。これだけでも劇的に変わる。

全国各地からアメ車ショップ& メーカーが参戦!

REX フォトギャラリー


開催日:2019 年4月21日(日)
開催場所:広島県グリーンピアせとうち


主催:ジェットシティ
http://carshop-jetcity.com/


写真:高原義卓
レポート:編集部
アメ車マガジン 2019年 7月号掲載


関連記事

RELATED


突然始まるジェットシティのパーツセールが2年ぶりに開催 2019.7.14.15

突然始まるジェットシティのパーツセールが2年ぶりに開催された。最先端のカスタムパーツが大特価で買えて、来場者撮影会、ジェットガールの肥後なつみちゃんとも一緒に写真が撮れるサービスも!店外ではBBQも行なわれ、無料で振る舞われた。次回開催は気分次第?  ジェットシティのブログを毎日チェックだ!

義理人情の広島魂 ジェットシティ15周年記念大決算SALE!! ■開催日/2017年10月7~8日

創業15年目を迎えた広島のジェットシティが、感謝の気持ちをこめて10月1~31日まで大セールを開催した。ユニバーサルエアやキッカーのデモブースも設置し、特定の車両も大幅値引きするなど、社長のお腹同様に太っ腹な価格に!

オールジャンルが集結して広島からカスタムを盛り上げる!ウエスタヒロシマ2018

2018年5月20日、広島県呉市のリゾート施設、グリーンピアせとうちにて、WESTA HIROSHIMA 2018(ウエスタ・ヒロシマ)が開催された。

ジェットシティの恒例イベント『JET会』オーナーと本気に楽しみ・遊ぶ

ジェットのオーナーの輪を広げよう計画 まずはナイトミーティングだ!総勢90台が集まった!

義理人情に熱く、オーナーとの「絆」を何より大切にする広島のジェットシティが、2018年4月28日にナイトミーティングを開催!

 

最新記事


2024/05/18

日頃のご愛顧に感謝してコーストモータリングが“感謝祭”を開催!

イベントレポート

2024/05/17

父から譲り受けたアストロが兄弟の絆を深めていく

バン

シボレー

父が大事に所有していたアストロを、18才の時に譲り受けた弟さん。そして、楽しそうにカスタムに励んでいく弟の姿を、羨ましそうに見ていたのがお兄さんだ。「俺もアストロが欲しい…」。我慢できずに即決し、アストロ兄弟としてお互いにカスタムに没頭中!

2024/05/16

ゆったりと景色を眺め馴染みながら走らせる大人のワゴン【1962 インパラ ワゴン】

ステーションワゴン

ビンテージ

シボレー

ホワイトウォールに5スポークのクレーガーを組み合わせたボトムスとクリーンなホワイトボディ。そして塗装を加えたルーフのコントラストが美しい62年型のインパラワゴン。ビレットやワイヤーホイールを履いて魅せるショーカー的なインパラとは一線を画し、古き良き時代のアメリカを色濃く感じさせる佇まいは大人の嗜みとして最良の選択。

2024/05/15

SUVが小さく見える、本気のモーターホーム【2022 TIFFIN ALLEGRO BREEZE 33BR】

キャンピング

OTHER

アウトドア

アメ車の専門店は全国にあるが、バスの様なモーターホームを扱うのは、熊本のワッツ以外にないのでは?代表の村上さんは「他店にはない個性」を追求した結果と語るが、全国から問い合わせが後を絶たないそうだ。

ランキング


2024/05/17

父から譲り受けたアストロが兄弟の絆を深めていく

バン

シボレー

父が大事に所有していたアストロを、18才の時に譲り受けた弟さん。そして、楽しそうにカスタムに励んでいく弟の姿を、羨ましそうに見ていたのがお兄さんだ。「俺もアストロが欲しい…」。我慢できずに即決し、アストロ兄弟としてお互いにカスタムに没頭中!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2020/07/28

【パワーと贅沢の融合】一度は乗ってみたいGMCシエラ・デナリの魅力

ピックアップトラック

GMCシエラ・デナリについて解説。シボレーよりもGMC派にとっては、ヘビーデューティ性能とラグジュアリーが融合した魅力的な選択肢として人気の車種。豪華な装備やオフロード性能、EcoTec3 5.3L V8エンジンなど、ユニークな特徴をご紹介しよう!

2024/05/16

ゆったりと景色を眺め馴染みながら走らせる大人のワゴン【1962 インパラ ワゴン】

ステーションワゴン

ビンテージ

シボレー

ホワイトウォールに5スポークのクレーガーを組み合わせたボトムスとクリーンなホワイトボディ。そして塗装を加えたルーフのコントラストが美しい62年型のインパラワゴン。ビレットやワイヤーホイールを履いて魅せるショーカー的なインパラとは一線を画し、古き良き時代のアメリカを色濃く感じさせる佇まいは大人の嗜みとして最良の選択。