ホットロッズファクトリーは、SUVからパッセンジャーカーまで、様々なアメ車を取り扱う。

ショップ

ホットロッズファクトリー

福岡県

アメマガ2019年9月号

アメマガリコメンドショップ

AMEMAG RECOMMEND SHOP
HOT RODS FACTORY


[vc_row][vc_column][vc_column_text]ホットロッズファクトリー

HOT RODS FACTORY【ホット ロッズ ファクトリー】

AMEMAG RECOMMEND SHOP

アメ車に精通した宮原さんが提案する、ワイルドなスタイルをラインナップ!

SUVからパッセンジャーカーまで、様々なアメ車を取り扱うホットロッズファクトリー。その名前からビンテージ&コアなカスタム専門店か? と思うかもしれないが、むしろ2000年以降の新しいモデルが在庫の中心。シンプルだが個性的なカスタムを得意とする。

個性的な車両を提案するが、メンテナンスにも注力する

2015年のオープン以来、福岡のみならず北九州で確実にアメ車ユーザーの信頼を築き上げつつあるホットロッズファクトリー。代表の宮原さんは元々メカニックではあるが、カスタムにも精通しているのが強み。ノーマルをベースに、宮原さん流のアレンジを加えたオリジナリティ溢れる車両を、店頭には数多く在庫している。 まずは、ワイルドなスタイルにカスタムされたH3デュランゴを紹介しよう。真っ赤なボディカラーが鮮烈な印象を感じさせるこのH3は、2006年型のディーラー車がベース。ノーマルはかなり前下がりなスタイルとなるがフロントサスペンションの調整を行ない、横から見てフラットな姿勢に変更。バンパーコーナーをメッキに変更したり、ワイドオーバーフェンダーを追加することで押し出しの強さを実現する。 一方のデュランゴも、同じくサスペンションの調整でリフトアップを実施。2004年型でエンジンは5.7?V8を搭載。最新型のデュランゴは洗練され過ぎているし、初代モデルは年数が厳しいものが多くなっている。その点この第2世代なら個体としての信頼性も高い。レアな車両なので、個性的なクルマに乗りたい人にはとくにオススメと言える。 もちろんホットロッズファクトリーでは、カスタムだけでなく整備や車検もお手の物。前述した通り宮原さんはメカニックでもあるので、メンテナンスの重要性を特に重視している。購入だけでなく、後々まで面倒見の良さが最大の魅力となっている。[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]

2006y HUMMER H3 Produced by HOT RODS FACTORY

2006y HUMMER H3、2006 ハマーH3 2006y HUMMER H3、2006 ハマーH3 2006y HUMMER H3、2006 ハマーH3 2006y HUMMER H3、2006 ハマーH3 2006y HUMMER H3、2006 ハマーH3 _N6I2435 ハマーシリーズのマストアイテムと言うべきメッキアイテムを追加。ノーマルの未塗装部分は年数が経過すると白ボケしてくるが、そこを黒々と仕上げることで古さを感じさせない。ワイドなオーバーフェンダーを追加し、タイヤサイズは285/50R20に変更。これに、12J-44という極深リムを組み合わせる。にもかかわらず、自然な雰囲気を醸し出しているのが宮原さん流のカスタム。

2004y DODGE DURANGO SLT Produced by HOT RODS FACTORY

2004y DODGE DURANGO SLT、2004 ダッジデュランゴSLT 2004y DODGE DURANGO SLT、2004 ダッジデュランゴSLT 2004y DODGE DURANGO SLT、2004 ダッジデュランゴSLT 2004y DODGE DURANGO SLT、2004 ダッジデュランゴSLT _N6I2306 2004y DODGE DURANGO SLT、2004 ダッジデュランゴSLT ノーマルのサスペンションを調整し、ゴツゴツとしたブロックが特徴的なMTタイヤを装着。ホイールはMKWのBAZOで、ボディに合わせてマットブラックにペイント。カスタムポイントを見ると非常にシンプルだが、まとまりがよく、非常にアグレッシブな雰囲気を醸し出している。初代はトラブルが怖いし、現行モデルはまだまだ高額で、しかもワイルドさが少ない。そう考えると、2代目デュランゴは狙い目。

2010y FORD MUSTANG CONVERTIBLE Produced by HOT RODS FACTORY

2010y FORD MUSTANG CONVERTIBLE、2010 フォード マスタング コンバーチブル 2010y FORD MUSTANG CONVERTIBLE、2010 フォード マスタング コンバーチブル 2010y FORD MUSTANG CONVERTIBLE、2010 フォード マスタング コンバーチブル 2010y FORD MUSTANG CONVERTIBLE、2010 フォード マスタング コンバーチブル SUVだけでなく、マッスルカーもホットロッズファクトリーの得意メニューの1つ。オリジナルのオーバーフェンダーを製作し、幌を明るいベージュに張り替え。LEDテールに変更することで、クルマそのものの雰囲気をアップデート。ホイールはディアブロで22インチをチョイスする。エンジンは4.0?V6を搭載し、マフラーをMAGNAFLOWに交換する。価格はASK で、同じ仕様は作らないそうなので、気になる人は問い合わせして欲しい。[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]HOT RODS FACTORY【ホット ロッズ ファクトリー】 所在地:福岡県糟屋郡宇美町井野402-1 営業時間:10:00~19:00 定休日:毎週月曜日、お盆、年末年始 TEL:092-410-2346 FAX:092-410-2347 URL:http://www.hotrodsfactory.com ホットロッズファクトリー[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]PHOTO:浅井岳男 TEXT:空野稜[/vc_column_text][vc_separator][vc_column_text]アメ車マガジン 2019年 9月号掲載[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]

最新記事


2023/02/03

アメ車道楽は妻の理解ではなく、一緒になって楽しむのが正解!

セダン

バン

SUV

キャデラック

ダッジ

ジープ

奈良県在住のKatsuhiro&Fumiyoさんが所有するクルマはキャデラック・XTS、JKラングラー、ラムバンの3台。少し前まではマスタングも所有しており、4台体制に加えて専用ガレージにハーレーまで保管。理想のアメ車道楽を謳歌する夫婦の魅力に迫る。

2023/02/02

1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場!

SUV

ダッジ

2015年に登場した、究極のチャレンジャー「ヘルキャット」。デビュー当初はチャレンジャーだけの称号と思われていたが、その後チャージャーにもヘルキャットが出現。そして1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場し、日本に上陸した!

2023/02/01

ピックアップトラックの荷台に設置するカモフラージュ・トラックテント

ピックアップトラック

アウトドア

日本ではキャンプが大きなブームになっているが、アウトドアが日常となっている本場アメリカでは、数多くの個性的なアイテムが販売されている。アメリカからアメリカン雑貨を直輸入するガレージジョーカーでは、アウトドアグッズもアメリカから直輸入!

2023/01/31

今まで諦めていた愛車の高価買取がオートファンで可能になる!全国出張アメ車高価買取が遂に登場!

ショップ

買取業者でアメ車の買取金額は安い。それが今までの買取の常識だったが、その常識を覆す高価買取をスタートさせたのがオートファンだ。全国の無料出張が可能で、これからは買取も買い替えの選択肢になる!

ランキング


2023/02/01

ピックアップトラックの荷台に設置するカモフラージュ・トラックテント

ピックアップトラック

アウトドア

日本ではキャンプが大きなブームになっているが、アウトドアが日常となっている本場アメリカでは、数多くの個性的なアイテムが販売されている。アメリカからアメリカン雑貨を直輸入するガレージジョーカーでは、アウトドアグッズもアメリカから直輸入!

2023/02/02

1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場!

SUV

ダッジ

2015年に登場した、究極のチャレンジャー「ヘルキャット」。デビュー当初はチャレンジャーだけの称号と思われていたが、その後チャージャーにもヘルキャットが出現。そして1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場し、日本に上陸した!

2023/01/30

父が独身時代から愛用し続けたC4コルベットを息子が受け継いで紡ぐ!

クーペ

シボレー

“子は親の背中を見て育つ” とはよく言ったものだが、文字どおり彼ら親子はコルベットを通じて父のアメ車道楽を一緒になって楽しんできた。高校生活を終えて免許を取得した息子が初めての愛車として迎え入れたのが、父との思い出が詰まるC4だ。

2023/01/31

今まで諦めていた愛車の高価買取がオートファンで可能になる!全国出張アメ車高価買取が遂に登場!

ショップ

買取業者でアメ車の買取金額は安い。それが今までの買取の常識だったが、その常識を覆す高価買取をスタートさせたのがオートファンだ。全国の無料出張が可能で、これからは買取も買い替えの選択肢になる!

×