アメ車から逆輸入車まで幅広い車種をラインナップ【オートギャラリー福岡】

ショップ

アメマガ2023年2月号

全国ショップキャラバン

ショップキャラバン九州

アメマガリコメンドショップ

福岡県

オートギャラリー福岡

東京・名古屋・大阪・北九州・福岡の5カ所に店舗を構え、アメ車の販売だけでなく、買い取リにも力を入れているオートギャラリー。今回は九州の拠点と言うべき、福岡店を紹介しよう!

ショップキャラバン九州


アメ車の販売はもちろん、高価買い取りも実施中!

オートギャラリー福岡

日本各地に店舗を構え、様々な輸入車を取り扱うオートギャラリー。その中でも福岡店は、九州の大動脈と言えるR3号線に面しており、非情に多くの販売店が林立しており、まさに激戦区といったエリア。福岡市内からのアクセスも良好だが、福岡空港からも非常にアクセスが良く、他県から足を運ぶ人も多いそうだ。

そんな福岡店が今積極的に扱っているのは、ハマー・H2。今でもその人気は不動の地位を保っており、まさに唯一無二の存在。デビュー当時と比べるといささか価格もこなれて来ており、アメ車に初めて乗る若いユーザーにとって、ようやく手が届く価格帯になってきたと言えるだろう。店頭に在庫がなくても他店舗から取り寄せることも可能なので、アメ車に乗りたいと思っているなら、まずは一度オートギャラリー福岡に足を運んでみよう。

 

ちなみにオートギャラリー各店舗では、現在買い取りも絶賛強化中!グループ全体で毎月300台もの買い取り実績を誇っており、納得の査定額を提案し、新たなアメ車への乗り換えもサポートしてくれるのも有り難いところ。

 

ちなみに現在5店舗を構えるオートギャラリーだが、2023年初頭には新たに長崎店をオープンする予定。西九州地区のアメ車ファンにとってまさに朗報で、オートギャラリーのネットワークが充実することで、今まで以上にアメ車に気軽に乗れる機会が増えそうだ。

まだまだ衰え知らずの人気モノ

2010年に生産終了したが、未だその人気と魅力は色あせることのないH2。個性や存在感を求めるなら断然H2がオススメ。さすがにフルノーマル車は少ないが、それでも比較的シンプルなモデルを中心にラインナップし、これらをベースにカスタムを行なうことも可能。まさに自分だけのH2に仕上げて貰い、納車の時からお気に入りのスタイルを楽しむことも可能だ。

'05 HUMMER H2

メッキパーツを随所に追加し、まさに王道のスタイルにアレンジ。28インチのアルミをチョイス。残
念ながらこちらの個体は既に売約済みとなる。

'04 HUMMER H2

NITTOマッドグラップラーにFUEL20インチを組み合わせ、ラグジュアリーとオフロードの両面を強調した仕様。

'05 HUMMER H2

前後バンパーなどにメッキの加飾を施し、26インチのリムをセット。マフラーはガナドールの4本出しに変更しており、トレーラーヒッチや電源ソケットも備える。

取材時は、H2の他にもナビゲーターやデュランゴなどのSUVも在庫。ゆとりある室内空間やエンジンは、やはりアメ車の醍醐味。また逆輸入車のシエナや、レアなUS オデッセイなどもあり、フルサイズのアメ車は…という人には、まずは逆輸入車からスタートするのもアリだろう。


AutoGallery FUKUOKA【オートギャラリー福岡】

住所:福岡県福岡市博多区金の隈2-25-15
電話:092-513-9777
営業時間:10:00~19:00
定休日:火曜日
https://www.autogallery.co.jp/shopinfo/shop-fukuoka

オートギャラリー福岡には、敷地内に自社工場を併設。目の前で作業を行なうので、安心感に加え、スピーディな作業もユーザーにとっては非常にありがたい。また広いショールームにはレアな車両を展示しており、取材時にはベントレーと箱スカのGT-Rという、異色の組み合わせ。とは言え、どちらも間違いなく高級車に属する存在といえる。


PHOTO:浅井岳男
TEXT:空野稜
アメ車マガジン 2023年2月号掲載


関連記事

RELATED


2インチリフトアップでも37インチタイヤが装着可能【SCT-XWD】

ピックアップが好きだったことが嵩じて、四駆専門店を始めたSCT-XWDの六田社長。長年ラングラーのカスタムに取り組んできたが、JEEP+ピックアップというJTは、まさに格好の素材だと語る。

チャレンジャーに加え、様々なアメ車を在庫中!【LOOK'S INC】

北九州はもちろん、西日本の各地からアメ車に乗りたいと思うオーナーが足を運ぶLOOKS。最近はチャレンジャー専門店の様なイメージが定着しているが、様々なアメ車・逆輸入車を販売する。

走りを追求するクルマからモーターホームまで対応!【WOT'S】

アメ車専門店と言っても、マッスルカーやSUV、さらにはモーターホームなど、ジャンルで別れるのが殆ど。だが、それらすべてを扱うオールジャンルなアメ車専門店と言えるのが、熊本のワッツだ。

大量生産品ではない、唯一無二の仕様を提案【ヘブンスペース】

アメ車を買って自分だけのカスタムもしたい!そう考えるユーザーから支持され続けるお店、ヘブンスペース。まったく異なる仕様に仕上がった2台のC-1500は、同社の幅広い技術力が垣間見える。

これから目指したいのは、地元のアメ車屋のオヤジ【GLOBAL】

福岡に次いで、アメ車専門店が多い熊本。今では多くの専門店が立ち並ぶが、信じ難いことに40年ほど前は皆無と言える状態。その熊本の地で、アメ車文化を開拓したのがグローバルだ。

 

最新記事


2024/03/04

理想のC8コルベットを求めて特別なエアフォースエアサス施工

クーペ

シボレー

ホイール

突然目覚めたアメリカンスポーツへの道。そして、誰もまだ見ぬC8コルベットの姿を目指した中内さん。世界初となる特別なエアフォース・エアサスを搭載し、ZERO DESIGNフルカーボンをまとって、C8コルベットの最先端を走る!

2024/03/01

愛らしくて、走りがいいレネゲードでソロキャン!

SUV

ジープ

2024/02/29

日本ではまず見ることがないラムトラックのレッカー仕様

ピックアップトラック

ダッジ

ジムニー専門店「ファッドスター」の店頭に鎮座するのは91年型ダッジ・ラム350。レッカー仕様という日本ではほとんど見ることのないモデル。しかも新車で購入して日本で登録したという個体だ。

2024/02/28

カスタムショップをコンセプトに尖った個性で人気のお店【THE KOBY'S】

ショップ

18歳の頃から“いつか自分のお店を持ちたい!”という夢を掲げてきた高味さん。そんな思いを抱きつつもあっという間に10年が過ぎ、このまま30代へと突入してしまったら夢のまま終わらせてしまうと、一念発起!

ランキング


2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]

2021/03/15

【注目のアメリカン雑貨】大阪の老舗ブランド、アンダーウッドが同業者の買い付け地に!

ショップ

大阪府吹田市の閑静な住宅街にあるユニークなショップ「アンダーウッドブランド」。ヴィンテージカーやオートバイからアパレル、多肉植物など幅広いアメリカンアイテムが豊富。同店はヴィンテージ・アイテムの素晴らしいコレクションを展示するだけでなく、カスタムカーやオートバイのレストアなど様々なサービスも提供しており、一度は訪れるべきショップ!
UNDERWOOD BRAND【アンダーウッドブランド】

2020/09/03

存在感としては控えめながら、血統の良さでアメリカでは人気のダート

クーペ

ビンテージ

ダッジ

The Golden Age 60’s-70’s
1967 Dodge Dart

2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger