セオリーに囚われることなく、掟破りなカスタムで魅せる FORD MODEL A

ビンテージ

フォード

アメマガ2019年10月号

フォード・モデルA

STREET ROD ECSTASY 1928 FORD MODEL A


1928 FORD MODEL A

1928 フォード モデルA

これまで夏の風物詩として毎年開催されてきた 「スーパーアメリカンフェスティバル」 。2017年までは富士スピードウェイ で開催されてきたが、2018年からはお台場 に場所を移している。これは「アメ車をアメ車ファンだけのものとしてではなく、もっと広く一般の人たちにも見てほしい」という主催者である増井氏の想いを反映してのこと。

1928 フォード モデルA

その想いが通じ、2018年はお台場を訪れた一般の人たちが数多く来場して大いに盛り上がったことが記憶に新しい。2019年はというと、残念ながらオリンピックの準備のためお台場を使用することができないとあって、千葉県千葉市にあるフェスティバルウォーク蘇我にて10月13日に開催された。

1928 フォード モデルA

カーショーなどにエントリーしない一般の入場料は2018年と同様1人千円として、できるだけ多くの人たちにアメ車を見てもらえるように配慮した。


1928 フォード モデルA
そしていつもであれば増井氏の愛車を紹介するのが恒例なのだが、まだ日本へ輸送途中ということで、友人である新井氏の1928年型フォード・モデルAを取り上げることとなった。このモデルA 、一目見ただけでタダならぬオーラを放っていることは言うに及ばず。新井氏曰く「セオリーに囚われることなく、掟破りなカスタムを施していますから」と。

1928 フォード モデルA

確かに戦前のモデルをベースにするストリートロッドを見てみると、トラディショナルスタイルやラットスタイルを取り入れる傾向がある。しかし、常識を覆すことがカスタムする楽しさでもある。それを体現しているのがこのモデルA というわけである。
1928 フォード モデルA

1928 フォード モデルA
エクステリアにはブルーのキャンディにリアルフレイムスを描き、エンジンはシボレー350にエーデルブロックのスーパーチャージャーを組み合す。ミッションは350だが近々700に換装予定。ブレーキも前後ともディスク化する手はずということで、まだまだ進化の途中といった様子。
 




尾林ファクトリーの手によって仕立てられたインテリア。メーター回りを一新しているのはもちろん、ルーフ前面にはモニターを配置。リアにはオーディオを配置するなど、戦前のモデルとは思えないほど上質にあつらえられているのだが、ボディ色に合わせてリメイク予定。


OWNER:Masanori Arai
PHOTO&TEXT:編集部
アメ車マガジン 2019年 10月号掲載


最新記事


2024/04/23

伸びやかなロングノーズ、引き締めるロングテール、隙のないそのフォルム【インパラ コンバーチブル】

オープン

ビンテージ

シボレー

2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2024/04/20

細さを追求したスポークが軽快さや躍動感を予感させる【WORK GNOSIS CVF】

ホイール

WORK GNOSIS CVF

2024/04/20

エントリー条件はただ1つ、WORKを装着していること【WORK WHEELS JACK 3rd】

ホイール

イベントレポート

WORK WHEELS User Event
WORK WHEELS JACK 3rd

ランキング


2024/04/23

伸びやかなロングノーズ、引き締めるロングテール、隙のないそのフォルム【インパラ コンバーチブル】

オープン

ビンテージ

シボレー

2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]