独特なスタイリングが魅力的な、セミファーストバックなハードトップのデルタ88

クーペ

ビンテージ

OTHER

オールズモビル

ジーエム祭

デルタ88

デルタ88 ホリデイクーペ

アメマガ2019年11月号

1966 Oldsmobile Delta 88 Holiday Coupe

ジーエム祭


1966 Oldsmobile Delta 88 Holiday Coupe

保守的で地味な雰囲気の中にも、どことなくヒールな怪しさを感じるフルサイズハードトップのデルタ88。オールズのイメージリーダーとしてお馴染みの88シリーズならではの、スタンダードなラグジュアリー感がなんともクール!

ポリシーのある一匹狼的な人に打ってつけのモデル

オールズモビルというと、メジャーなGMのブランドの中でも、日本ではかなりマイナーな存在。シボレー、ポンティアックのファンは少なくないが、オールズまたはオールズのモデルのファンというのは、あまり聞いたことがない。それだけに、撮影車の年式とモデル名を即答できる人は、日本ではほとんどいないのでは?

 

モデルのデルタ88は、1965年よりラインナップ。それまで最上級だったダイナミック88はスーパー88に入れ替わっている。そもそもオールズがミドル層をターゲットとしているため、GM内でも最も保守的なアプローチで展開しており、このデルタも一見すると控え目な印象を受ける。しかしながら、2ドアクーペのホリデイのスタイリングには、どことなくヒールでいて上品な独自のキャラクターが際立っている。

 

同じBプラットフォームを共有するシボレー・インパラ やポンティアック・ボンネビル と比べると、なんとも気難しいイメージだし、ビュイック・ルセーバー よりも車格的にはカジュアルだが、確固としたオリジナリティがある。それだけに一般ウケこそしないが、トレンドや周りの意見に振り回されることのない、ポリシーのある一匹狼的な人には打って付けのモデルといえる。

 

この個体の場合、総合的にオリジナルを保持しながらも、乗り回すには気を使う必要のない絶妙なコンディションという点が魅力的。そして、オーナーのキャラクターも、この個体のイメージにマッチしており、一層魅力的に映る。拘って探し当ていたわけではないが、自然に馴染んだ人馬一体感に好感が持てるのである。

1966 Oldsmobile Delta 88 Holiday Coupe、1966 オールズモビル デルタ 88 ホリデー クーペ

ハッチバックにも通じるなだらかなカーブのルーフながらも、取り分けないオーバーハングによる独特なスタイリングのセミファーストバックなハードトップ。ちなみに、この時期はホリデイ=2ドア・ハードトップ。顔つきは比較的地味だが、三次曲線を駆使したバンパーのデザイン&クオリティはお見事! 車体色の影響もあり、全体的に控え目に見えるも、実際に現車を見ると、凝ったデザインで見どころが多い。61年にリア・リジットリーフからコイルスプリングに改善されたAプラットフォーム。純正のスチールホイール&ホイールキャップの組み合わせ。全体のイメージにマッチするホワイトリボン・タイヤは、Goodyear・Regatta(215/75R14)。

1966 Oldsmobile Delta 88 Holiday Coupe、1966 オールズモビル デルタ 88 ホリデー クーペ

外観同様に、一見すると地味で誠実な印象を受けるも、スピードメーターが中央に独立する形でレイアウトされるダッシュ周辺のデザインにオリジナリティーが溢れている。年式を忘れてしまうグッドコンディション。3連装の追加メーターは、最新にしてレトロなデザインを採用し、なじませている。ベンチシートには大人3人がゆったりと収まる。

1966 Oldsmobile Delta 88 Holiday Coupe、1966 オールズモビル デルタ 88 ホリデー クーペ

6世代目として65年型よりラインナップされた、425ci(7ℓ)“ スーパーロケット” がデルタ88の標準エンジン(310hp)。圧縮比やキャブレターの設定によって最大370hp 仕様まで。この個体はオリジナルの3速ATとの組み合わせ。スタンダードには3速マニュアルの設定もあった。


Photo ◆Hiroshi Nose
Text ◆Hideki Ishibashi
アメ車マガジン 2019年 11月号掲載


最新記事


2024/06/15

ジャンルやブランドを問わず、すべてのアメ車乗りをサポート!【グローバル】

ショップ

九州・熊本の地で、長きに渡りアメ車を取り扱い続けるグローバル。店頭にはジャンル、年代を問わず様々な車両を展示。またピットを見るとビッグ3が集結! 九州のアメ車乗りにとって、非常に心強い存在と言える。

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

2024/06/13

誰もがワイルドな気分になれるオリーブドラブにオールペン【シボレーC1500】

ピックアップトラック

シボレー

近頃ミリタリーテイスト溢れるボディカラーでオールペンするガレージジョーカーが、アメ車マガジン2023年3月号で紹介したサンドベージュのS10ブレイザーに続き、オリーブドラブでオールペンしたC1500を作り上げた。

2024/06/12

究極のスタイルを実現できるそれがマルチピースの魅力!【ワークエモーションZR10 2P】

クーペ

シボレー

ホイール

オーバーフェンダーを追加したワイルドなスタイルに憧れるけれど、タイヤ&ホイールサイズがネック。またアメ車の場合はPCDも特殊だが、そんな悩みをすべて解決できるのがWORKの魅力。

ランキング


2022/07/05

モパーが並ぶショップでマスタングは狙い目

クーペ

フォード

2013 FORD MUSTANG GT PERFORMANCE PKG

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/06/02

モデル史上最大のボディサイズとなるフォードサンダーバード

クーペ

ビンテージ

フォード

1974 FORD THUNDEBIRD