オールズモビルトロネードは前輪駆動方式を採用する

クーペ

ビンテージ

OTHER

AMERICAN VINTAGE

オールズモビル

バーニーズ

三重県

トロネード

アメマガ2021年11月号

1970 OLDSMOBILE TORONADO GT
produced by BERNESE

AMERICAN VINTAGE -色気漂う「アメリカンビンテージ」-


前輪駆動方式を採用するエポックメイキングな車両

'70 OLDSMOBILE TORONADO GT produced by BERNESE

今でこそ、前輪駆動車(FF)は広く一般的となり、乗用車の殆どはFFが主流。フラットなフロアや軽量化などのメリットが挙げられるが、第二次世界大戦後に初めて大量生産されたアメ車が、このトロネードだ。

マイナーチェンジが全て上手くいくとは限らない!

2004年にその名前は潰えてしまったが、元々オールズモビルは1897年にミシガンで創業した自動車メーカー。古いクルマばっかり作っているという意味ではなく、ランサム・E・オールズさんが創業したので、言わば「オールズさん家の自動車」という意味がそのまま会社名になっている。だが、創業から11年が経過した1907年にGMの前身にあたるゼネラルモーターズカンパニーに買収され、その後約1世紀に渡りGMのいちブランドとして自動車の歴史に名を残して来た。

 

GMのブランド名になってからは、ほかのGM車と共通のシャシーやエンジンを使用していながら、自動変速機やターボなどをいち早く新しい技術を採用するブランドとしての地位を築き「走る実験室」と呼ばれる様になるが、ブランドとしてのアイデンティティや存在理由を追求すれば、それは至極当然の流れと言えるだろう。

'70 OLDSMOBILE TORONADO GT

さて、1966年に初登場したトロネード。最大のトピックスは、第二次世界大戦後のアメ車として、初めて前輪駆動方式を採用している点だ。ほかにもシャープなデザインで三角窓を廃するなど、非常に先進的で未来を先取りした様な印象を受ける。1968年にはグリル内にヘッドライトが移され雰囲気を一新。

 

さらに1970年型からはコンシールドヘッドライトと決別し、グリル内部に丸形4灯を装備するが、それがまさにバーニーズが輸入したこの個体だ。それまでのモデルよりかなり個性を強調しており、万人受けはしないかも知れないが、誰もが「このクルマは何?」と聞いてくること間違いなし!人気車に乗るのは堅実な考え方と言えるが、ともかくほかの人が選ばない超絶レアなクルマに乗りたい!と思っている人にオススメしたい1台だ。

 

前述した様に、メカニズムは時代をはるかに先取りしたFFを採用。だが、現代のクルマの様に横置きエンジンではなく、何とそれまでのアメ車と同じく縦置きのV8を搭載!エンジンの真後ろからUターンする様にトランスミッションを接続し、さらに車軸式のドライブシャフトへと駆動力を伝達。フロントサスペンションはスペースの関係からトーションバースプリングを採用するなど、まさに先端技術のオンパレード。

'70 OLDSMOBILE TORONADO GT

ちなみにGMグループの車両でトーションバースプリングを採用したのも、このトロネードが初めてだ。FR車のレイアウトを使用しつつ、どうやってFF車を作るか…。半世紀前の技術者の苦労が垣間見え、自動車の進化の架け橋的存在とも言えるだろう。

 

インテリアは、さすがはEボディといったところで、非常に広々としている。ベンチシートで6人乗りというクルマはそれまでにも見られたが、最大の違いはフラットなフロア!6人がフル乗車しても、誰も体育座りの様な姿勢を強いられないことは非常に画期的で、その後世界的にFF車が普及していったのも頷けると言うもの。

'70 OLDSMOBILE TORONADO GT

ちなみにバーニーズが輸入したこのトロネード。W-34というオプションを装備しており、テールゲートにGTのエンブレムを装着。またマフラーとの干渉を避ける様に、リアバンパーが丸く欠き取られているのが外観上の相違点。もちろん見た目だけではなくエアクリーナーには冷気導入システムや高剛性のカムシャフト、さらに8km/h時のトルクを増大させたトランスミッションを搭載し、パフォーマンスも重視したモデル。非常に個性的だが、大柄な車格からは想像できないほど俊敏な走りも楽しめる欲張りな1台だ。

_W9I4572 _W9I4580_W9I4725_W9I4563

デビュー当初はリトラクタブル方式で、最初のマイナーチェンジで大きなグリルの奥にヘッドライトを装備する。そして1970年に行なわれた2度目のマイナーチェンジで、固定式ヘッドライトを採用。個性的なクルマに乗りたい人には良いのかも…。タイヤサイズは235/70R15を採用。FR車と違い、前後同サイズを履く。トーションバースプリングはGM車として初採用。あらゆる新技術が盛り込まれたクルマと言える。

_W9I4545 _W9I4568 _W9I4559

5m超の巨体をたやすく走らせる455(7.5L)のV8エンジンを搭載。現在では4WD車でも横置きエンジンを採用するが、この当時は縦置きエンジンの出力をどうやってフロントタイヤに伝達するか腐心した模様。エンジンの真後ろ&真下のスペースにはトランスミッションが鎮座しており、見たこともないレイアウトとなる。

_W9I4624 _W9I4684 _W9I4649 _W9I4688 _W9I4715

インテリアはブルーとホワイトの爽やかな雰囲気。フロアカーペットは新品に張り替え済みで、美しくリフレッシュ。ベンチシート+コラム+フラットなフロアが生み出す快適な空間は、このトロネードから始まったと言えるだろう。メーターは左右対称な設計となっており、インパネ左端にはエアコンスイッチを、その反対側にはカーラジオを備えている。

'70 OLDSMOBILE TORONADO GT


THANKS:BERNESE

TEL:059-227-6365
HP:http://bernese.co.jp/
PHOTO:浅井岳男
TEXT:空野稜
アメ車マガジン 2021年 11月号掲載

最新記事


2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!

2024/06/15

ジャンルやブランドを問わず、すべてのアメ車乗りをサポート!【グローバル】

ショップ

九州・熊本の地で、長きに渡りアメ車を取り扱い続けるグローバル。店頭にはジャンル、年代を問わず様々な車両を展示。またピットを見るとビッグ3が集結! 九州のアメ車乗りにとって、非常に心強い存在と言える。

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

ランキング


2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]