オールズモービルのスーパーマッスルカー、ハースト/オールズ!

クーペ

ビンテージ

OTHER

アメマガ2022年7月号

オールズモビル

GM CARNIVAL

シニア向けで落ち着いたラグジュアリー指向の“オールズモービル”をグルービーな若者向けの“ヤングモービルズ”として仕立てたスーパーマッスルカー、ハースト/オールズ!GM社内規約400ci以内を超える455ci搭載も特別モデルならでは!

GM CARNIVAL-やっぱりGM系がいい-


カトラスをベースにしたオールズのスペシャルモデル

’69 HURST/OLDS

GMの中でもオールズモービルは、ポンティアックとビュイックの間を埋める中間層のブランド。オールズのモデルは、地味でありながらも、他のブランドとの差別化によるアレンジが一癖あったりで、ホビーの世界ではマイナーな存在。ユーザーも誠実で保守的なシニア層が中心だ。それだけに、ブランド名のオールズモービルをオールズ(年配者)モービル(乗り物)という意味で使われることも…。60年代後期はマッスルカー全盛期とあって、若者にもアピールできる特別モデルとしてハースト/オールズをリリース。

ハースト社は、シフターのメーカーであると同時に、クライスラーの工場出荷ドラッグ専用車であるスーパーストックからタクシーの製作まで行なうホットロッド界でも重要なカンパニー。そもそもはハースト社のジョージ・ハーストがポンティアック・ファイヤーバードのスペシャルモデルの企画をGMに持ちかけたが、Fボディの提供は拒否された。そこで、若者にアピールできるオールズとしてAボディのカトラスがベースとなった。ドラッグレース向けのシフトアップに特化した専用ゲートを備えるハースト“デュアルゲート”、エアスクープ、リアウィング、専用グラフィックを装備。そして、スペシャルモデルとして通常モデルでは禁止されていた400ciを超えのビッグインチである455ciが設定された。

アメリカでも滅多に見れないマニアックで希少な存在

オールズモービル自体がマイナーな日本では、ショップでの取り扱いも、それを求めるファンも極めて稀。たまに見かけても、カスタムやローライダーとしてアレンジされ、ベース車に対するこだわりがないケースが殆ど。そんな状況ながら、914台中の1台である69年型ハースト/オールズが国内に存在した。日本に持ち込まれた経緯は定かではないが、アメリカでも滅多にお目にかかれないようなマニアックで希少な存在のため、持ち込んだ人も最初のオーナーも相当のマニアだろう。

十数年前だったかに売り情報を見たのと、都内で走る姿を一度だけ見たことがあったが、イベントなどには参加していなかったようで、存在をすっかり忘れていた。


ところが、群馬で開催されている波志江のモーニングクルーズにて遭遇。波志江モーニングクルーズは、アメ車メインのモーニングクルーズの中でも、集まってくる車種やスタイルが幅広く、マニアックで珍しいモデルに遭遇することもある集まりなのだ。かつて本誌でもフィーチャーした71年型ポンティアック・ルマンも、波志江ミーティングの常連だったりする。

このハースト/オールズのオーナーは、いわゆるクルマ好きの方で、マニアックで希少なモデルを数台所有している。希少なハースト/オールズということに加えて、搭載エンジンが455HOというのがマッスルカーとしての最大の魅力。内外装、器官類などの基本的な部分はオリジナルをキープしながら、エアコンだけは社外品でアップデートがされている。


希少性の高いコレクタブルなモデルとなると、コレクションとして保管というケースが目立つが、現オーナーはドライブを楽しみながら、コンディションもきちんとキープしている。

'69 HURST/OLDS

同じAボディを共有するシボレーの兄弟車シェベルと比べると全体的に引き締まった印象。トランク部が傾斜して絞り込んだリアセクションが独創的。フードスクープ、ブラックアウトしたグリル、ゴールドのストライプ、15インチラリーホイールはHurst 仕様ならでは。

455HOエンジンはアップグレードしたマフラーによってビッグインチならではの迫力あるサウンドと、フローの良さを体感できる。ファイナルレシオが高めなだけにストリートではなかなか本領を発揮できないが、どの回転域でも不満なく加速するリッチなトルクが魅力。デュアルゲートを駆使してドラッグレース走行を味わってみたい!

搭載する455HOエンジンは、圧縮比10.50:1、5000rpmで最高出力380hpを発揮する。W-45ではハイリフト/ デュレーション・カムシャフトが組み込まれる。クロームのバルブカバーやブロックがレッドにペイントされているのがポイント。トランスミッションは強化タイプの3速AT、ターボ400 のみの設定。

オールズのハイパフォーマンスモデルではお馴染みの純正5スポーク・ラリーホイール。装着タイヤは定番のBFGラジアルT/A(P235/60R15)。リアエンドはシボレーでは最大級の12ボルトに相当するも、オールズでは10ボルトとなっている。リミテッドスリップが組み込まれ、ファイナルレシオは標準で3.42:1、AC 車では3.23:1。

ヘッドレストのゴールドのストライプはHurst 特有のポイント。ダッシュパネルと共通のウッドをあしらったステアリングや、シート&ドアパネルの表皮のパターンが、オールズらしい落ち着いたデザイン。

通常のP-R-N-D-S-Lに対して右側にはD-S-Lだけのドラッグレース向きの2 系統による“デュアルゲート” シフターを装備。シフターメーカーであるHurst の人気アイテムとしてもお馴染みで、ポンティアックでも採用された。


PHOTO&TEXT:石橋秀樹

アメ車マガジン 2022年7月号掲載


関連記事

RELATED


66年からの第二世代シェビーⅡノバは、エッジを効かせたよりモダンなスタイリング

コンパクトでエコノミーなモデルながらも、スタイリッシュなルックスやドラッグレースでの活躍でホットロッドのフィールドでは大人気の第二世代のノバ。超希少とはいえホットな仕様も存在し、マッスルカーとしてのキャラクターも持ち合わせるアイドル的な存在なのだ。

オールズモビルトロネードは前輪駆動方式を採用する

1970 OLDSMOBILE TORONADO GT
produced by BERNESE

カマロが大好きなので 在庫がどんどん増えてます【東海カーズ】

様々なビンテージアメリカンを得意とする、愛知の東海カーズ。カマロが好きなのは分かるが、ちょっと多すぎないか? と思うほど、豊富に在庫を取り揃えているので、お気に入りの1台が見つかるだろう。

独特なスタイリングが魅力的な、セミファーストバックなハードトップのデルタ88

1966 Oldsmobile Delta 88 Holiday Coupe

【至高のフォード・マスタング】シェルビー・コブラGT500KRが描くプレミアムな世界

フォード・マスタングの1968年型シェルビー・コブラGT500KRを紹介。キング・オブ・ザ・ロードとして知られるこの車は、パワフルなコブラジェット428エンジンとラグジュアリーなデザインが魅力だ。わずか933台の限定生産で、工場オリジナルの状態を保ち、高い価値を解説。
1968 SHELBY COBRA GT500KR

 

最新記事


2024/03/04

理想のC8コルベットを求めて特別なエアフォースエアサス施工

クーペ

シボレー

ホイール

突然目覚めたアメリカンスポーツへの道。そして、誰もまだ見ぬC8コルベットの姿を目指した中内さん。世界初となる特別なエアフォース・エアサスを搭載し、ZERO DESIGNフルカーボンをまとって、C8コルベットの最先端を走る!

2024/03/01

愛らしくて、走りがいいレネゲードでソロキャン!

SUV

ジープ

2024/02/29

日本ではまず見ることがないラムトラックのレッカー仕様

ピックアップトラック

ダッジ

ジムニー専門店「ファッドスター」の店頭に鎮座するのは91年型ダッジ・ラム350。レッカー仕様という日本ではほとんど見ることのないモデル。しかも新車で購入して日本で登録したという個体だ。

2024/02/28

カスタムショップをコンセプトに尖った個性で人気のお店【THE KOBY'S】

ショップ

18歳の頃から“いつか自分のお店を持ちたい!”という夢を掲げてきた高味さん。そんな思いを抱きつつもあっという間に10年が過ぎ、このまま30代へと突入してしまったら夢のまま終わらせてしまうと、一念発起!

ランキング


2024/03/04

理想のC8コルベットを求めて特別なエアフォースエアサス施工

クーペ

シボレー

ホイール

突然目覚めたアメリカンスポーツへの道。そして、誰もまだ見ぬC8コルベットの姿を目指した中内さん。世界初となる特別なエアフォース・エアサスを搭載し、ZERO DESIGNフルカーボンをまとって、C8コルベットの最先端を走る!

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2016/11/04

超レアなマスタング、1969年モデルのBOSS429!

クーペ

ビンテージ

フォード

1969y FORD MUSTANG BOSS 429