2019年は好天に恵まれてツインリンクもてぎが、アメリカンな雰囲気に包まれる

イベントレポート

スーパーアメリカンサンデー

ツインリンクもてぎ

アメマガ2019年12月号

2019.08.31
2019 もてぎスーパーアメリカンサンデー
栃木県ツインリンクもてぎ第1パドック


新旧のアメ車はもちろん、アメリカン雑貨を見放題

2019.08.31
2019 MOTEGI SUPER AMERICAN SUNDAY【2019 もてぎスーパーアメリカンサンデー】
栃木県ツインリンクもてぎ第1パドック

ツインリンクもてぎが主催する「スーパーアメリカンサンデー」が2019年8月31日に開催された。ここ数年は降雨に見舞われていたが、2019年は絶好の快晴で、まさにイベント日和といった雰囲気のなか、会場となった第1パドックには、新旧のアメ車がズラリと並んだだけでなく、アメリカン雑貨を始めとするスワップミートのブースも数多く並び、その様相はまさにアメリカ一色。

2019 もてぎスーパーアメリカンサンデー

それに今回は、第2パドックでは2輪、3輪、4輪をメインとした「234meet」、スーパースピードウェイではドラッグレースの最高峰であるトップフューエルも走行する「DRAG FESTIVAL」を同時開催。

 

のんびりとアメリカンな雰囲気に包まれつつ過ごすにはまさに最高の一日だったと言える。

新旧問わず数多くのモデルがカーショーにエントリー。なかでも新しめのアメ車のなかではモダンマッスルのエントリーがもっとも多かった。やはり人気の高さが伺える。ピックアップトラックのエントリーも何台かあり、そのなかでもここ最近日本に上陸しはじめたグラディエーター(しかもルビコン)を目にすることができた。

ビンテージモデルも数多くエントリーしており、やはり現行モデルにはない華やかさと色気を漂わせて会場を彩っていた。

2019 もてぎスーパーアメリカンサンデー

スーパーアメリカンサンデーの魅力は、新旧のアメ車たちが出そろったカーショーだけでなく、ミニカーに看板、古着やTシャツ、ワッペンや小物などのアメリカン雑貨が盛りだくさん並んだスワップミートもポイント。しかもスワップミートはパドック内に設けられているため、日差しを避けながらゆっくりと物色できるのがうれしい。

今回、ガレージダイバン&ABE CARS Tama Garageの協力によって国際レーシングコースを1周できるロードコース試乗会を開催。当日まで何に乗れるかは内緒であったが、用意されたのはC7コルベット、ラウシュマスタング、シェルビーGT500、コロラドというラインナップ。こんな機会はないだけに乗りたい人たちで長蛇の列ができていた。

AMEMAG AWARD アメ車マガジン賞

FORD SUPER DUTY F-250 LARIAT ASA_YANさん
フォード スーパーデューティ F-250ラリアート
フォード スーパーデューティ F-250ラリアート
DSC_2789
DSC_2790

各種アワードが用意されるなかで、アメ車マガジン賞としてセレクトしたのが、ASA_YANさんのF-250。本誌主催のイベントには欠かさず参加していただいているため、その時から「ワイルドだなぁ」と感じていて、いつか機会があればと選ばせてもらおうと思っていた次第。この上げっぷりといい、ゴツさといい、たまりません!

フォトギャラリー

第2パドックでは「234meet」、スーパースピードウェイでは「DRAG FESTIVAL EAST 2019 RD2」を同時開催!

234meet


DSC_2775
DSC_2776

DRAG FESTIVAL

DSC_2890
DSC_2899
DSC_2893


主催:株式会社 モビリティランド
HP:https://www.twinring.jp


PHOTO&TEXT★編集部
アメ車マガジン 2019年 12月号掲載


最新記事


2024/04/19

老若男女、誰からも愛される、お店のマスコットとして活躍【アーラキッチン】

バン

198号線(河内長野美原線)から一本離れたローカルロードに店舗を構えるアーラキッチン。田園風景に馴染む様に佇む黄色いスクールバス、そして大きなどんぐりの木は、メインストリートからでも一際目を引く!

2024/04/18

自然な流れのボディパーツにカナードを追加で進化を遂げる【エッジカスタムズ チャレンジャー F】

クーペ

ダッジ

日本はもちろん、世界中のチャレンジャーカスタムを牽引するLUXZ。2021年に登場した初のフルバンパー仕様となる「CHALLENGER F」。そのエボリューションモデルが完成したので、早速紹介しよう!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

ランキング


2024/04/18

自然な流れのボディパーツにカナードを追加で進化を遂げる【エッジカスタムズ チャレンジャー F】

クーペ

ダッジ

日本はもちろん、世界中のチャレンジャーカスタムを牽引するLUXZ。2021年に登場した初のフルバンパー仕様となる「CHALLENGER F」。そのエボリューションモデルが完成したので、早速紹介しよう!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】