匠の融合 LUXZ × ROHAN ダッジ・チャレンジャープロジェクト

コラム

ROHAN

ラグジ

匠の融合 LUXZ × ROHAN

アメマガ2020年1月号

ダッジ・チャレンジャープロジェクト

匠の融合 LUXZ × ROHAN


TOKYO AUTO SALON 2020 CHALLENGER PROJECT

ガイドライン無しで巧みに操る一発勝負の神技!

東京オートサロン2020に向けて、ラグジとローハンがコラボする、ダッジ・チャレンジャープロジェクト。その作業が遂にスタートした。グラインダータトゥ―をカスタムペイントの新たなジャンルとして確立させた第一人者であるローハン井澤氏自らが、下地処理を終えたトランクを巧みに削る姿は、もはやアーティスト!

色が入る前の素の状態のグラインダータトゥ―はかなりレア!

こちらのページで ラグジ×ローハンがコラボして東京オートサロン2020に出展すると報じてから1カ月。ちょうど東京モーターショーが開催されていたタイミングで、ローハン井澤氏の愛車インパラが会場で展示され、SEMA SHOWを目前に控えた繁忙期にもかかわらず、快く取材に応じてくれた。しかも過密スケジュールの中、撮影班が来るタイミングでグラインダータトゥーを入れてくれるという。

DSC_5220

スタッフが事前に下準備を進め、現地へ入った時には既にボンネットとトランクがブース内に。まずはトランクから作業との話でブースへ入ると、井澤氏が登場するや否や即座にメタコンディスクを持って施工が始まった。ガイドラインや構想を練りながら、長丁場の撮影になることを覚悟して向かったのだが、驚くほどのスピードで一寸の狂いも無く、トランク中央から広がる様にグラインダータトゥ―が削られていく姿に衝撃を受けたのは言うまでもない。

 

兼ねてから井澤氏のテクニックを匠の神技と何度も称賛した記事を書いてきたが、その作業シーンを取材していて改めてその神技を確信した瞬間だ。作業を終えるとすぐにスタッフが交代でブースに入り、脱脂を行なってクリア塗装で閉じる。コレは地金の長時間放置を防ぐ為で、塗膜と地金の間に生じるささくれの様な段差も最終的にはクリア塗装を複数層重ねて厚みをもたせる目的だ。最終的には段差の無いプレーンな状態へと再び研磨してひとまず終了となる。

 

次回はいよいよ企業秘密のトリック&採用する塗料の詳細が明かされる予定だ。

まずはトランクへグラインダータトゥ―を施工!

DSC_5104 DSC_5086 DSC_5132 DSC_5148

現状のデモカーは写真の通り、撮影日現地へ到着するとボンネットやバンパー類が外れた状態で、ROHAN が誇るメインメニューの一つ、グラインダータトゥ―を入れる下準備が行なわれていた。下地処理の際はサビ止め剤まで徹底的に除去しており、完全に地金になるまで専用の照明を使って念入りに処理。

DSC_5186 DSC_5191

グラインダータトゥ―に使用されるのは外径50mmのメタコンディスク。絶妙な角度で当てながらラインを削り出す為、端側のみを酷使。作業中に何度も新しい物へ交換が必須となる。トランク程度の範囲でも4.5回のペースで交換していた。

DSC_5244 DSC_5225 DSC_5230 DSC_5261 DSC_5254 DSC_5265 DSC_5271 DSC_5304 DSC_5281 DSC_5309

グラインダータトゥ―はペイントとは異なり、直接ボディを削る作業の為、やり直しが効かない一発勝負。ガイドラインは井澤氏の頭の中にあり、一寸の狂いも無く狙い通りに黙々とラインが削られていく姿は、繊細且つアーティスティックで見ていて惚れ惚れする。作業の際は専用の照明を当てて描くラインがくっきりと際立たせながら行っていた。

衝撃のボディアート、グラインダータトゥーとは

_MG_5060

光の強弱で地金の削り出したラインが絶妙な表情で見え隠れするグラインダータトゥ―。キャンディーカラーやメタル塗料で上から覆う事で通常のカスタムペイントでは惹きだせない、奥行き感と立体感のある絶妙なゴーストペイントへと導く最先端カスタムペイントワークの一つだ。


ROHAN

所在地:奈良県天理市櫟本町3520-1
TEL:0743-61-5755
HP:http://rohan-izawa.com


LUXZ

所在地:岐阜県岐阜市長森本町2-1-4
TEL:058-2593922
HP:https://luxz.jp


photo & text:石井秋良
アメ車マガジン 2020年 1月号掲載


最新記事


2023/02/03

アメ車道楽は妻の理解ではなく、一緒になって楽しむのが正解!

セダン

バン

SUV

キャデラック

ダッジ

ジープ

奈良県在住のKatsuhiro&Fumiyoさんが所有するクルマはキャデラック・XTS、JKラングラー、ラムバンの3台。少し前まではマスタングも所有しており、4台体制に加えて専用ガレージにハーレーまで保管。理想のアメ車道楽を謳歌する夫婦の魅力に迫る。

2023/02/02

1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場!

SUV

ダッジ

2015年に登場した、究極のチャレンジャー「ヘルキャット」。デビュー当初はチャレンジャーだけの称号と思われていたが、その後チャージャーにもヘルキャットが出現。そして1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場し、日本に上陸した!

2023/02/01

ピックアップトラックの荷台に設置するカモフラージュ・トラックテント

ピックアップトラック

アウトドア

日本ではキャンプが大きなブームになっているが、アウトドアが日常となっている本場アメリカでは、数多くの個性的なアイテムが販売されている。アメリカからアメリカン雑貨を直輸入するガレージジョーカーでは、アウトドアグッズもアメリカから直輸入!

2023/01/31

今まで諦めていた愛車の高価買取がオートファンで可能になる!全国出張アメ車高価買取が遂に登場!

ショップ

買取業者でアメ車の買取金額は安い。それが今までの買取の常識だったが、その常識を覆す高価買取をスタートさせたのがオートファンだ。全国の無料出張が可能で、これからは買取も買い替えの選択肢になる!

ランキング


2023/02/01

ピックアップトラックの荷台に設置するカモフラージュ・トラックテント

ピックアップトラック

アウトドア

日本ではキャンプが大きなブームになっているが、アウトドアが日常となっている本場アメリカでは、数多くの個性的なアイテムが販売されている。アメリカからアメリカン雑貨を直輸入するガレージジョーカーでは、アウトドアグッズもアメリカから直輸入!

2023/02/03

アメ車道楽は妻の理解ではなく、一緒になって楽しむのが正解!

セダン

バン

SUV

キャデラック

ダッジ

ジープ

奈良県在住のKatsuhiro&Fumiyoさんが所有するクルマはキャデラック・XTS、JKラングラー、ラムバンの3台。少し前まではマスタングも所有しており、4台体制に加えて専用ガレージにハーレーまで保管。理想のアメ車道楽を謳歌する夫婦の魅力に迫る。

2023/02/02

1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場!

SUV

ダッジ

2015年に登場した、究極のチャレンジャー「ヘルキャット」。デビュー当初はチャレンジャーだけの称号と思われていたが、その後チャージャーにもヘルキャットが出現。そして1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場し、日本に上陸した!

2023/01/30

父が独身時代から愛用し続けたC4コルベットを息子が受け継いで紡ぐ!

クーペ

シボレー

“子は親の背中を見て育つ” とはよく言ったものだが、文字どおり彼ら親子はコルベットを通じて父のアメ車道楽を一緒になって楽しんできた。高校生活を終えて免許を取得した息子が初めての愛車として迎え入れたのが、父との思い出が詰まるC4だ。

×